文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5209-5261)/11494

と云って、何もあれは無責任だと今さらお断りをする気でもないでしょうけれども。

I don't want to refuse anything that is irresponsible right now.

とにかく万一の場合にはこう致しますからって証文を入れた訳でもないんだから、そうお父さんのように、法律ずくめに解釈されたって、あたしが良人へ対して困るだけだわ」

Anyway, in the unlikely event that I do this, I did not put a certificate, so just like my dad, if I was interpreted as a law, I would just be troubled with good people. ''

 津田は少くとも表面上妹の立場を認めるよりほかに道がなかった。

Tsuda had no other choice but to at least admit his sister's position.

しかし腹の中では彼女に対して気の毒だという料簡がどこにも起らないので、彼の態度は自然お秀に反響して来た。

However, his attitude resonated with nature excellence, as nowhere in the belly did he feel sorry for her.

彼女は自分の前に甚だ横着な兄を見た。

She saw a terribly elder brother in front of her.

その兄は自分の便利よりほかにほとんど何にも考えていなかった。

The brother thought little more than his convenience.

もし考えているとすれば新らしく貰った細君の事だけであった。

If you were thinking, it was just Hoshin, the new one.

そうして彼はその細君に甘くなっていた。

Then he was sweetened by that one.

むしろ自由にされていた。

It was rather free.

細君を満足させるために、外部に対しては、前よりは一層手前勝手にならなければならなかった。

To satisfy him, he had to be more selfish to the outside than before.

 兄をこう見ている彼女は、津田に云わせると、最も同情に乏しい妹らしからざる態度を取って兄に向った。

She looked at her brother this way, and when she told Tsuda, she turned to her brother in an attitude that wasn't like her sister who had the least sympathy.

それを遠慮のない言葉で云い現わすと、「兄さんの困るのは自業自得だからしようがないけれども、あたしの方の始末はどうつけてくれるのですか」というような露骨千万なものになった。

To put it in words, don't be shy and say, "I can't help my brother because I'm in vain, but how can I fix myself?" became.

 津田はどうするとも云わなかった。

Tsuda didn't say anything.

またどうする気もなかった。

I did not want to do anything again.

かえって想像に困難なものとして父の料簡を、お秀の前に問題とした。

On the contrary, his father's bill was a problem before excellence, which was difficult to imagine.

「いったいお父さんこそどういうつもりなんだろう。

"What exactly is Dad going to do?

突然金を送らないとさえ宣告すれば、由雄は工面するに違ないとでも思っているのか知ら」

I know if Yuo wouldn't think it would be wrong if he declared that he wouldn't send money suddenly. ''

「そこなのよ、兄さん」

"It's there, brother."

 お秀は意味ありげに津田の顔を見た。

Ou saw Tsuda's face with meaning.

そうしてまたつけ加えた。

Then I added again.

「だからあたしが良人に対して困るって云うのよ」

"That's why I'm in trouble with good people."

 微かな暗示が津田の頭に閃めいた。

A slight hint flashed in Tsuda's head.

秋口に見る稲妻のように、それは遠いものであった、けれども鋭どいものに違なかった。

Like lightning in the fall, it was far, but sharp.

それは父の品性に関係していた。

It was related to my father's character.

今まで全く気がつかずにいたという意味で遠いという事も云える代りに、いったん気がついた以上、父の平生から押して、それを是認したくなるという点では、子としての津田に、ずいぶん鋭どく切り込んで来る性質のものであった。

Instead of saying it was distant in the sense that I did not notice at all until now, once I noticed it, I pushed very hard into Tsuda as a child in terms of pushing from my father's flat and wanting to approve it. Was of the nature that came in.

心のうちで劈頭に「まさか」と叫んだ彼は、次の瞬間に「ことによると」と云い直さなければならなくなった。

He shouted, "No way," in his heart, and had to restate, "maybe" the next moment.

 臆断の鏡によって照らし出された、父の心理状態は、下のような順序で、予期通りの結果に到着すべく仕組まれていた。

父 The mental state of the father, illuminated by the shameful mirror, was designed to arrive at the expected result in the following order.

――最初に体よく送金を拒絶する。

-First, refuses to send money.

津田が困る。

Tsuda is in trouble.

今までの行がかり上堀に訳を話す。

We talk to Kamibori until now.

京都に対して責任を感ずべく余儀なくされている堀は、津田の窮を救う事によって、始めて父に対する保証の義務を果す事ができる。

Hori, who is compelled to take responsibility for Kyoto, can fulfill his obligation to guarantee his father for the first time by saving Tsuda's plight.

それで否応なしに例月分を立て替えてくれる。

That's why you can change your monthly fee without abuse.

父はただ礼を云って澄ましている。

My father is just saying thanks.

 こう段落をつけて考えて見ると、そこには或種の要心があった。

考 え When you think about it with this paragraph, there was some kind of gist.

相当な理窟もあった。

There were considerable caves.

或程度の手腕は無論認められた。

Some skill was of course admitted.

同時に何らの淡泊さがそこには存在していなかった。

At the same time there was no light night there.

下劣とまで行かないでも、狐臭い狡獪な所も少しはあった。

Even though I did not go to vile, there were some cunning places that smelled like a fox.

小額の金に対する度外れの執着心が殊更に目立って見えた。

The extraordinary attachment to small sums of money seemed particularly noticeable.

要するにすべてが父らしくできていた。

In short, everything was like a father.

 ほかの点でどう衝突しようとも、父のこうした遣口に感心しないのは、津田といえどもお秀に譲らなかった。

Regardless of how he collides in other respects, it is Tsuda who did not admire his father's entrance, even though he did not impress.

あらゆる意味で父の同情者でありながら、この一点になると、さすがのお秀も津田と同じように眉を顰めなければならなかった。

Despite being his father's sympathy in every way, at this point, indeed, Hideyoshi had to frown like Tsuda.

父の品性。

Father's character.

それはむしろ別問題であった。

It was a different matter.

津田はお秀の補助を受ける事を快よく思わなかった。

Tsuda did not feel comfortable receiving the assistance of Hide.

お秀はまた兄夫婦に対して好い感情をもっていなかった。

He also did not have good feelings for his brother and wife.

その上夫や姑への義理もつらく考えさせられた。

In addition, my husband-in-law and mother-in-law were thought hard.

二人はまず実際問題をどう片づけていいかに苦しんだ。

The two first struggled how to get rid of the problem.

そのくせ口では双方とも底の底まで突き込んで行く勇気がなかった。

Both had no courage to penetrate the bottom of the habit.

互いの忖度から成立った父の料簡は、ただ会話の上で黙認し合う程度に発展しただけであった。

My father's message, which was based on mutual conjecture, had only developed to the point of being silent in the conversation.

九十七

Ninety-seven

 感情と理窟の縺れ合った所を解ごしながら前へ進む事のできなかった彼らは、どこまでもうねうね歩いた。

た They couldn't move forward while unraveling the entanglement of emotions and caves, but they stumbled nowhere.

局所に触るようなまた触らないような双方の態度が、心のうちで双方を焦烈ったくした。

Both attitudes, touching and not touching the locals, made both minds irritated.