文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5051-5113)/11494

彼は物足りない耳を傾むけて、お延の下へ降りて行く足音を聞いた。

He listened unsatisfactory and heard the footsteps descending beneath the bean.

彼女が玄関の扉を開ける時、烈しく鳴らした号鈴の音さえ彼にはあまり無遠慮過ぎた。

When she opened the front door, even the sound of the bell that rang violently was too hesitant to him.

彼が局部から受ける厭な筋肉の感じはちょうどこの時に再発したのである。

The feeling of disgusting muscle he received from the locality just recurred at this time.

彼はそれを一種の刺戟に帰した。

He attributed it to a kind of stimulation.

そうしてその刺戟は過敏にされた神経のお蔭にほかならないと考えた。

I thought the stimulation was nothing less than the nervousness.

ではお延の行為が彼の神経をそれほど過敏にしたのだろうか。

Did the act of Nobun make his nerves so sensitive?

お延の所作に対して突然不快を感じ出した彼も、そこまでは論断する事ができなかった。

He suddenly felt uncomfortable with Nobun's actions, but could not argue so far.

しかし全く偶然の暗合でない事も、彼に云わせると、自明の理であった。

However, it was a self-evident reason to tell him that it was not a coincidence at all.

彼は自分だけの料簡で、二つの間にある関係を拵えた。

He set up a relationship between the two at his own expense.

同時にその関係を後からお延に云って聞かせてやりたくなった。

At the same time, I wanted to share the relationship later.

単に彼女を気の毒がらせるために、病気で寝ている夫を捨てて、一日の歓楽に走った結果の悪かった事を、彼女に後悔させるために。

Just to apologize for her, to abandon her sick husband, and to regret her for the bad consequences of running for the pleasure of the day.

けれども彼はそれを適当に云い現わす言葉を知らなかった。

But he didn't know the word to say it properly.

たとい云い現わしても彼女に通じない事はたしかであった。

It was true that she did not understand her.

通じるにしても、自分の思い通りに感じさせる事はむずかしかった。

Even so, it was difficult to make me feel what I wanted.

彼は黙って心持を悪くしているよりほかに仕方がなかった。

He had no choice but to silence himself.

 お秀の方を向き直ったとっさに、また感じ始めた局部の収縮が、すぐ津田にこれだけの顛末を思い起させた。

秀 When I turned to Hideo, the shrinkage of the local area that I began to feel immediately reminded Tsuda of this story.

彼は苦い顔をした。

He had a bitter face.

 何にも知らないお秀にそんな細かい意味の分るはずはなかった。

秀 I couldn't have understood such a small meaning to the excellence who didn't know anything.

彼女はそれを兄がいつでも自分にだけして見せる例の表情に過ぎないと解釈した。

She interpreted it as merely an example of an expression that my brother always showed only to her.

「お厭なら病院をお出になってから後にしましょうか」

"If you don't mind, why don't you leave the hospital?"

 別に同情のある態度も示さなかった彼女は、それでも幾分か斟酌しなければならなかった。

She did not show any compassionate attitude, but she still had to take some consideration.

「どこか痛いの」

"It hurts somewhere"

 津田はただ首肯いて見せた。

Tsuda just showed his heart.

お秀はしばらく黙って彼の様子を見ていた。

Hide looked silently at him for a while.

同時に津田の局部で収縮が規則正しく繰り返され始めた。

At the same time, contractions began to be regularly repeated in local areas of Tsuda.

沈黙が二人の間に続いた。

Silence continued between them.

その沈黙の続いている間彼は苦い顔を改めなかった。

He did not change his bitter face during the silence.

「そんなに痛くっちゃ困るのね。

"I don't want to be so painful.

嫂さんはどうしたんでしょう。

What did Sasan do?

昨日の電話じゃ痛みも何にもないようなお話しだったのにね」

Yesterday's call was like no pain or nothing. ''

「お延は知らないんだ」

"I don't know Nobun"

「じゃ嫂さんが帰ってから後で痛み始めたの」

"Then he started to hurt later when he returned."

「なに本当はお延のお蔭で痛み始めたんだ」とも云えなかった津田は、この時急に自分が自分に駄々っ子らしく見えて来た。

Tsuda, who couldn't say "What really started to hurt her," suddenly appeared to herself as a spoiler.

上部はとにかく、腹の中がいかにも兄らしくないのが恥ずかしくなった。

Anyway, the upper part was ashamed that the inside of my belly was not like my brother.

「いったいお前の用というのは何だい」

"What exactly is your business?"

「なに、そんなに痛い時に話さなくってもいいのよ。

"What, you don't have to talk when it hurts.

またにしましょう」

Let's do it again. "

 津田は優に自分を偽る事ができた。

Tsuda was able to fake himself.

しかしその時の彼は偽るのが厭であった。

But then he was reluctant to lie.

彼はもう局部の感じを忘れていた。

He had forgotten the local feeling.

収縮は忘れればやみ、やめば忘れるのをその特色にしていた。

The feature was that when you forgot to shrink, you forgot to forget.

「構わないからお話しよ」

"I'm OK.

「どうせあたしの話だから碌な事じゃないのよ。

"It's not a good thing because it's my story anyway.

よくって」

Good. "

 津田にも大よその見当はついていた。

Tsuda had a good idea.

九十四

Ninety-four

「またあの事だろう」

"That's it again."

 津田はしばらく間をおいて、仕方なしにこう云った。

Tsuda paused for a while and said this without help.

しかしその時の彼はもう例の通り聴きたくもないという顔つきに返っていた。

But then he returned, as usual, to not want to listen.

お秀は心でこの矛盾を腹立たしく感じた。

Hide felt angry with this contradiction in his heart.

「だからあたしの方じゃ先刻から用は今度の次にしようかと云ってるんじゃありませんか。

"So I guess I'm going to use it next time from the very beginning.

それを兄さんがわざわざ催促するようにおっしゃるから、ついお話しする気にもなるんですわ」

I'm asking my brother to remind you to do that, so I'm just going to talk about it. ''

「だから遠慮なく話したらいいじゃないか。

"So don't hesitate to talk.

どうせお前はそのつもりで来たんだろう」

I suppose you came that way anyway. ''

「だって、兄さんがそんな厭な顔をなさるんですもの」

"Because my brother makes such a bad face."

 お秀は少くとも兄に対してなら厭な顔ぐらいで会釈を加える女ではなかった。

Hide was not a woman who bowed at least to her brother with a disgusting face.

したがって津田も気の毒になるはずがなかった。

Therefore Tsuda could not be sorry.

かえって妹の癖に余計な所で自分を非難する奴だぐらいに考えた。

On the contrary, I thought about a man who accused himself of my sister's habits.

彼は取り合わずに先へ通り過した。

He passed without arguing.

「また京都から何か云って来たのかい」

"Did you come back from Kyoto again?"

「ええまあそんなところよ」

"Yes, that's it."

 津田の所へは父の方から、お秀の許へは母の側から、京都の消息が重に伝えられる事にほぼきまっていたので、彼は文通の主を改めて聞く必要を認めなかった。

He almost never heard of the news of Kyoto from his father to Tsuda and his mother to Shuhyo, so he did not admit that he had to hear the Lord of the correspondence again.

しかし目下の境遇から云って、お秀の母から受け取ったという手紙の中味にはまた冷淡であり得るはずがなかった。

However, in the present circumstances, the contents of the letter received from the mother of excellence could not have been cold again.