文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5001-5050)/11494

横倒しに引ッ繰り返された牛乳の罎の下に、鶏卵の殻が一つ、その重みで押し潰されている傍に、歯痕のついた焼麺麭が食欠のまま投げ出されてあった。

One egg shell was crushed under the weight of the milk, which was repeatedly laid sideways, and baked noodle buns with tooth marks were thrown out of food without being crushed. .

しかもほかにまだ一枚手をつけないのが、綺麗に皿の上に載っていた。

What was still untouched was that it was on the plate neatly.

玉子もまだ一つ残っていた。

There was still one egg left.

「兄さん、こりゃもう済んだの。

"My brother, you're done.

まだ食べかけなの」

I'm still eating. "

 実際津田の片づけかたは、どっちにでも取れるような、だらしのないものであった。

In fact, Tsuda's way of getting rid of it was sloppy enough to take it anyway.

「もう済んだんだよ」

"I'm done."

 お秀は眉をひそめて、膳を階子段の上り口まで運び出した。

He lifted his eyebrows and carried the table to the entrance of the floor.

看護婦の手が隙かなかったためか、いつまでも兄の枕元に取り散らかされている朝食の残骸は、掃除の行き届いた自分の家を今出かけて来たばかりの彼女にとって、あまり見っともいいものではなかった。

Perhaps because of the nurse's hands, the remains of the breakfast forever scattered around his brother's bedside are not very good for her, who has just left her clean house. Did not.

「汚ならしい事」

"It seems dirty"

 彼女は誰に小言を云うともなく、ただ一人こう云って元の座に帰った。

She returned to her original position without saying any words to anyone.

しかし津田は黙って取り合わなかった。

However, Tsuda didn't keep silent.

「どうしておれのここにいる事が知れたんだい」

"How did you know you're here?"

「電話で知らせて下すったんです」

"I let you know on the phone."

「お延がかい」

"Long delay"

「ええ」

"Yes"

「知らせないでもいいって云ったのに」

"I didn't mind letting me know."

 今度はお秀の方が取り合わなかった。

秀 This time, the excellence was not met.

「すぐ来ようと思ったんですけれども、あいにく昨日は少し差支えがあって――」

"I wanted to come soon, but unfortunately yesterday there was a little support-"

 お秀はそれぎり後を云わなかった。

Oh did not say much later.

結婚後の彼女には、こういう風に物を半分ぎりしか云わない癖がいつの間にか出て来た。

After marriage, she had a habit of saying only half the thing in this way.

場合によると、それが津田には変に受取れた。

In some cases, it was strangely received by Tsuda.

「嫁に行った以上、兄さんだってもう他人ですからね」という意味に解釈される事が時々あった。

Sometimes it was interpreted to mean "since I went to my wife, my brother is already another person."

自分達夫婦の間柄を考えて見ても、そこに無理はないのだと思い返せないほど理窟の徹らない頭をもった津田では無論なかった。

Looking at the relationship between the couple, it was no wonder at Tsuda, who had a head that did not stick to the cave so he could not recall that there was no problem.

それどころか、彼はこの妹のような態度で、お延が外へ対してふるまってくれれば好いがと、暗に希望していたくらいであった。

On the contrary, he seemed implicitly hoped that he would act like this sister and wish him to act outside.

けれども自分がお秀にそうした素振を見せられて見るとけっして好い気持はしなかった。

But when I saw my excellence, I never felt good.

そうして自分こそ絶えずお秀に対してそういう素振を見せているのにと反省する暇も何にもなくなってしまった。

I have no time to reflect on myself constantly showing that kind of exaltation.

 津田は後を訊かずに思う通りを云った。

Tsuda did not ask later and said what he wanted.

「なに今日だって、忙がしいところをわざわざ来てくれるには及ばないんだ。

"Even today, it's not enough to come to a busy place.

大した病気じゃないんだから」

It's not a big sickness. "

「だって嫂さんが、もし閑があったら行って上げて下さいって、わざわざ電話でおっしゃったから」

"Because Sao told me on the phone that he would go up if he had time."

「そうかい」

"Yes"

「それにあたし少し兄さんに話したい用があるんですの」

"I have a little need to talk to my brother."

 津田はようやく頭をお秀の方へ向けた。

Tsuda finally turned his head to excellence.

九十三

Ninety three

 手術後局部に起る変な感じが彼を襲って来た。

変 A strange feeling that occurred in the local area after the operation hit him.

それはガーゼを詰め込んだ創口の周囲にある筋肉が一時に収縮するために起る特殊な心持に過ぎなかったけれども、いったん始まったが最後、あたかも呼吸か脈搏のように、規則正しく進行してやまない種類のものであった。

Although it was only a special feeling that the muscle around the wound filled with gauze contracted at one time, it started but ended, but it did not stop progressing regularly, as if it was breathing or pulse It was.

 彼は一昨日の午後始めて第一の収縮を感じた。

He felt the first contraction the first day before yesterday afternoon.

芝居へ行く許諾を彼から得たお延が、階子段を下へ降りて行った拍子に起ったこの経験は、彼にとって全然新らしいものではなかった。

The experience of Nobun, who obtained his permission to go to the play, down the stairs, was nothing new to him.

この前療治を受けた時、すでに同じ現象の発見者であった彼は、思わず「また始まったな」と心の中で叫んだ。

Already discovering the same phenomenon when he was treated last time, he cried out in his mind, "I'm starting again."

すると苦い記憶をわざと彼のために繰り返してみせるように、収縮が規則正しく進行し出した。

The contractions began to progress regularly, so that the bitter memories were purposefully repeated for him.

最初に肉が縮む、詰め込んだガーゼで荒々しくその肉を擦すられた気持がする、次にそれがだんだん緩和されて来る、やがて自然の状態に戻ろうとする、途端に一度引いた浪がまた磯へ打ち上げるような勢で、収縮感が猛烈にぶり返してくる。

First, the meat shrinks, feels that the meat has been rubbed violently with stuffed gauze, then it is gradually relaxed, trying to return to its natural state, and the sea that has been pulled once However, the feeling of shrinking comes back violently as if to launch to the beach again.

すると彼の意志はその局部に対して全く平生の命令権を失ってしまう。

Then his will loses his command of the life at all.

止めさせようと焦慮れば焦慮るほど、筋肉の方でなお云う事を聞かなくなる。

The more you worry about stopping it, the more you will not hear it in your muscles.

――これが過程であった。

――This was the process.

 津田はこの変な感じとお延との間にどんな連絡があるか知らなかった。

Tsuda did not know what kind of communication was between this strange feeling and Ono.

彼は籠の中の鳥見たように彼女を取扱うのが気の毒になった。

He was sorry to treat her as he saw the bird in the basket.

いつまでも彼女を自分の傍に引きつけておくのを男らしくないと考えた。

I thought it would be unmanly to keep her near her forever.

それで快よく彼女を自由な空気の中に放してやった。

So she gladly let her go into the free air.

しかし彼女が彼の好意を感謝して、彼の病床を去るや否や、急に自分だけ一人取り残されたような気がし出した。

But as soon as she left his bed, grateful for his favor, she suddenly felt as if she had been left alone.