文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4899-4958)/11494

 お延は苦笑した。

延 Onno smiled.

「どうも御気の毒さま。

"I'm sorry.

それっきり」

That's it. "

「いえ、まだございます。

"No, not yet.

小林は酒を飲んでやしなかったかとお訊きになるんです。

Kobayashi asks if he drank alcohol.

私はよく気がつきませんでしたけれども、お正月でもないのに、まさか朝っぱらから酔払って、他の家へお客にいらっしゃる方もあるまいと思いましたから、――」

I didn't notice much, but I thought it wasn't New Year's Day, but I guess some of us would get drunk from the morning and come to another house to visit our customers.

「酔っちゃいらっしゃらないと云ったの」

"You said you weren't drunk"

「ええ」

"Yes"

 お延はまだ後があるだろうという様子を見せた。

延 Nobun showed that there would be a future.

お時は果して話をそこで切り上げなかった。

Time wasn't rounded up.

「奥さま、あの旦那様が、帰ったらよく奥さまにそう云えとおっしゃいました」

"Wife, that husband often told her when she came home."

「なんと」

"How"

「あの小林って奴は何をいうか分らない奴だ、ことに酔うとあぶない男だ。

"That Kobayashi is a guy who doesn't know what he says, and a drunk man when he gets drunk.

だから、あいつが何を云ってもけっして取り合っちゃいけない。

So no matter what he says, never get involved.

まあみんな嘘だと思っていれば間違はないんだからって」

Well, if everyone thinks it's a lie, there's no mistake. ''

「そう」

"so"

 お延はこれ以上何も云う気にならなかった。

Ono didn't mind anything more.

お時は一人でげらげら笑った。

Time laughed alone.

「堀の奥さまも傍で笑っていらっしゃいました」

"The wife of the moat was laughing by the side."

 お延は始めて津田の妹が今朝病院へ見舞に来ていた事を知った。

For the first time, Ono learned that Tsuda's sister was visiting the hospital this morning.

九十一

Ninety-one

 お延より一つ年上のその妹は、もう二人の子持であった。

一 つ His sister, one year older than Ono, had two children.

長男はすでに四年前に生れていた。

The eldest son was already born four years ago.

単に母であるという事実が、彼女の自覚を呼び醒ますには充分であった。

The mere fact that she was a mother was enough to evoke her awareness.

彼女の心は四年以来いつでも母であった。

Her heart was always a mother since four years.

母でない日はただの一日もなかった。

There was no day when I was not my mother.

 彼女の夫は道楽ものであった。

夫 Her husband was a hobby.

そうして道楽ものによく見受けられる寛大の気性を具えていた。

Thus, he had a generous temperament often seen in holy things.

自分が自由に遊び廻る代りに、細君にもむずかしい顔を見せない、と云ってむやみに可愛がりもしない。

Instead of playing around freely, he doesn't show a difficult face to him, and he doesn't carelessly love him.

これが彼のお秀に対する態度であった。

This was his attitude toward excellence.

彼はそれを得意にしていた。

He was good at it.

道楽の修業を積んで始めてそういう境界に達せられるもののように考えていた。

I thought that it would be possible to reach such a boundary only after training in hobby.

人世観という厳めしい名をつけて然るべきものを、もし彼がもっているとすれば、それは取りも直さず、物事に生温く触れて行く事であった。

If he had what he deserved under the strict name of the view of the world, he would have to fix things and touch things warmly.

微笑して過ぎる事であった。

It was too smiling.

何にも執着しない事であった。

It was not attached to anything.

呑気に、ずぼらに、淡泊に、鷹揚に、善良に、世の中を歩いて行く事であった。

It was to walk around the world with care, sloppy, light night, falconry, and good.

それが彼のいわゆる通であった。

That was his so-called communication.

金に不自由のない彼は、今までそれだけで押し通して来た。

He hasn't been afraid of money and has been pushing it alone.

またどこへ行っても不足を感じなかった。

I didn't feel any shortage wherever I went.

この好成蹟がますます彼を楽天的にした。

This good news made him more and more optimistic.

誰からでも好かれているという自信をもった彼は、無論お秀からも好かれているに違ないと思い込んでいた。

He was confident that everyone liked him, and of course he knew he would like it.

そうしてそれは間違でも何でもなかった。

And it was nothing wrong.

実際彼はお秀から嫌われていなかったのである。

In fact, he was not hated by excellence.

 器量望みで貰われたお秀は、堀の所へ片づいてから始めて夫の性質を知った。

秀 Hide who was given the desire for quantity knew the nature of her husband only after leaving the moat.

放蕩の酒で臓腑を洗濯されたような彼の趣もようやく解する事ができた。

At last, he was able to understand his taste as if his gut was washed with prodigal sake.

こんなに拘泥の少ない男が、また何の必要があって、是非自分を貰いたいなどと、真面目に云い出したものだろうかという不審さえ、すぐうやむやのうちに葬られてしまった。

The suspicion that the man with such a small amount of sludge had seriously said that he needed something again and that he wanted to get himself was immediately buried without permission.

お延ほど根強くない彼女は、その意味を覚る前に、もう妻としての興味を夫から離して、母らしい輝やいた始めての眼を、新らしく生れた子供の上に注がなければならなくなった。

Before she realizes her meaning, she must take her wife's interest away from her husband and pour her mother's shining first eye over the new born child lost.

 お秀のお延と違うところはこれだけではなかった。

This was not the only difference from Nobu's Nobu.

お延の新世帯が夫婦二人ぎりで、家族は双方とも遠い京都に離れているのに反して、堀には母があった。

Nobori's new household consisted of only two couples, and both families were far apart in Kyoto, while Hori had a mother.

弟も妹も同居していた。

My brother and sister lived together.

親類の厄介者までいた。

There were even relatives troublesome.

自然の勢い彼女は夫の事ばかり考えている訳に行かなかった。

The momentum of nature she couldn't go beyond thinking of her husband.

中でも母には、他の知らない気苦労をしなければならなかった。

Above all, she had to do other unfamiliar worries.

 器量望みで貰われただけあって、外側から見たお秀はいつまで経っても若かった。

秀 I was just given my wishes, and the excellence I saw from the outside was always young.

一つ年下のお延に比べて見てもやっぱり若かった。

He was still younger than the one year younger.

四歳の子持とはどうしても考えられないくらいであった。

It was almost impossible to imagine a four-year-old child.

けれどもお延と違った家庭の事情の下に、過去の四五年を費やして来た彼女は、どこかにまたお延と違った心得をもっていた。

However, under the circumstances of a family different from Onobu, she who has spent the past 45 years has had a different knowledge somewhere again.

お延より若く見られないとも限らない彼女は、ある意味から云って、たしかにお延よりも老けていた。

She is not necessarily younger than Nobori, but in a way she was certainly older than Nobori.

言語態度が老けているというよりも、心が老けていた。

I was older than my language attitude.

いわば、早く世帯染みたのである。

So to speak, the household stained early.