文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4709-4789)/11494

「そうですか。

"Is that so.

私はまた生きてて人に笑われるくらいなら、いっそ死んでしまった方が好いと思います」

I'd rather die if I could live and be laughed by others. ''

 小林は何にも答えなかった。

Kobayashi did not answer anything.

しかし突然云った。

But suddenly said.

「ありがとう。

"Thank you.

御蔭でこの冬も生きていられます」

Thanks to you, I can live this winter. ''

 彼は立ち上った。

He got up.

お延も立ち上った。

Nobun has also risen.

しかし二人が前後して座敷から縁側へ出ようとするとき、小林はたちまちふり返った。

However, Kobayashi immediately turned around when they were about to move out of the room to the porch.

「奥さん、あなたそういう考えなら、よく気をつけて他に笑われないようにしないといけませんよ」

"Wife, if you think like that, you have to be careful and make sure you don't laugh at others."

八十八

Eighty-eight

 二人の顔は一尺足らずの距離に接近した。

顔 The faces of the two came closer than a inch.

お延が前へ出ようとする途端、小林が後を向いた拍子、二人はそこで急に運動を中止しなければならなかった。

As soon as Nobu was about to move forward, Kobayashi turned back and the two had to stop exercising there.

二人はぴたりと止まった。

The two stopped short.

そうして顔を見合せた。

Then I crossed my face.

というよりもむしろ眼と眼に見入った。

Rather, I looked into my eyes.

 その時小林の太い眉が一層|際立ってお延の視覚を侵した。

時 At that time, Kobayashi's thick eyebrows were even more noticeable.

下にある黒瞳はじっと彼女の上に据えられたまま動かなかった。

The black eyes below were still standing still above her.

それが何を物語っているかは、こっちの力で動かして見るよりほかに途はなかった。

What it was telling was unavoidable, except to see it with this power.

お延は口を切った。

Nobun cut his mouth.

「余計な事です。

"It's superfluous.

あなたからそんな御注意を受ける必要はありません」

You don't have to take such attention. ''

「注意を受ける必要がないのじゃありますまい。

"I don't need to be alert.

おおかた注意を受ける覚がないとおっしゃるつもりなんでしょう。

You're going to say you're not going to get much attention.

そりゃあなたは固より立派な貴婦人に違ないかも知れません。

Well, you may be no different than a noble lady.

しかし――」

However--"

「もうたくさんです。

"I have a lot.

早く帰って下さい」

Please come back soon. "

 小林は応じなかった。

Kobayashi did not respond.

問答が咫尺の間に起った。

The question and answer took place during the tatami scale.

「しかし僕のいうのは津田君の事です」

"But what I mean is Tsuda-kun"

「津田がどうしたというんです。

"What happened to Tsuda?

わたくしは貴婦人だけれども、津田は紳士でないとおっしゃるんですか」

I'm a lady, but are you saying that Tsuda is not a gentleman? "

「僕は紳士なんてどんなものかまるで知りません。

"I don't know what a gentleman is.

第一そんな階級が世の中に存在している事を、僕は認めていないのです」

First, I don't admit that such a class exists in the world. ''

「認めようと認めまいと、そりゃあなたの御随意です。

"Whether or not to admit it is your volition.

しかし津田がどうしたというんです」

But what happened to Tsuda? "

「聞きたいですか」

"Do you want to hear?"

 鋭どい稲妻がお延の細い眼からまともに迸しった。

Sharp lightning blew straight out of Nono's thin eyes.

「津田はわたくしの夫です」

"Tsuda is my husband"

「そうです。

"That's right.

だから聞きたいでしょう」

That's why I want to ask. ''

 お延は歯を噛んだ。

延 Onno bit his teeth.

「早く帰って下さい」

"Please return early"

「ええ帰ります。

"I'm going home.

今帰るところです」

I'm leaving now. "

 小林はこう云ったなりすぐ向き直った。

Kobayashi turned around as soon as he said.

玄関の方へ行こうとして縁側を二足ばかりお延から遠ざかった。

I tried to go to the front door, and on the side of the porch, two feet away from Onen.

その後姿を見てたまらなくなったお延はまた呼びとめた。

After seeing her appearance, she was called again.

「お待ちなさい」

"Please wait"

「何ですか」

"What is it"

 小林はのっそり立ちどまった。

Kobayashi stopped quietly.

そうして裄の長過ぎる古外套を着た両手を前の方に出して、ポンチ絵に似た自分の姿を鑑賞でもするように眺め廻した後で、にやにやと笑いながらお延を見た。

He then put his hands in the old robe, which had too long sleeves, in front of him and looked around to see his own appearance resembling a punch picture, and then looked at Eno with a grin.

お延の声はなお鋭くなった。

Nobun's voice was still sharp.

「なぜ黙って帰るんです」

"Why go home silently?"

「御礼は先刻云ったつもりですがね」

"I'm going to say thank you earlier."

「外套の事じゃありません」

"It's not an overcoat."

 小林はわざと空々しい様子をした。

Kobayashi looked empty on purpose.

はてなと考える態度まで粧って見せた。

She showed her attitude to think of Hatena.

お延は詰責した。

Nobun was blamed.

「あなたは私の前で説明する義務があります」

"You have an obligation to explain before me"

「何をですか」

"What is it?"

「津田の事をです。

"Tsuda.

津田は私の夫です。

Tsuda is my husband.

妻の前で夫の人格を疑ぐるような言葉を、遠廻しにでも出した以上、それを綺麗に説明するのは、あなたの義務じゃありませんか」

It's your duty to explain the words in doubt in front of your wife, even if you put them in a detour, even if you question your husband's personality. ''

「でなければそれを取消すだけの事でしょう。

"Otherwise it would just be canceled.

僕は義務だの責任だのって感じの少ない人間だから、あなたの要求通り説明するのは困難かも知れないけれども、同時に恥を恥と思わない男として、いったん云った事を取り消すぐらいは何でもありません。

I'm a man with a low sense of duty and responsibility, so it may be difficult to explain as you request, but at the same time, as a man who does not feel shameful, there is nothing to cancel what I said once .

――じゃ津田君に対する失言を取消しましょう。

――Now let's cancel the utterance against Tsuda.

そうしてあなたに詫まりましょう。

Then apologize to you.

そうしたらいいでしょう」

You should do that. ''

 お延は黙然として答えなかった。

延 Nobun did not answer silently.

小林は彼女の前に姿勢を正しくした。

Kobayashi turned right before her.

「ここに改めて言明します。

"I reiterate here.

津田君は立派な人格を具えた人です。

Tsuda is a person with a good personality.

紳士です。

A gentleman.

(もし社会にそういう特別な階級が存在するならば)」

(If there is such a special class in society) "

 お延は依然として下を向いたまま口を利かなかった。

延 Nobun was still talking down with his face down.

小林は語を続けた。

Kobayashi continued his words.

「僕は先刻奥さんに、人から笑われないようによく気をおつけになったらよかろうという注意を与えました。

"I told my wife earlier that I should be careful not to laugh.

奥さんは僕の注意などを受ける必要がないと云われました。

It was said that the wife did not need to receive my attention.

それで僕もその後を話す事を遠慮しなければならなくなりました。

So I had to refrain from talking after that.