文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4650-4708)/11494

「どうして」

"why"

 小林は急に答えなくなった。

Kobayashi suddenly stopped responding.

その意味は宿題にして自分でよく考えて見たらよかろうと云う顔つきをした彼は、黙って煙草を吹かし始めた。

He turned his homework into a homework and asked him to think about it for himself. He started silently blowing tobacco.

お延は一層の不快を感じた。

Nobun felt even more uncomfortable.

もう好い加減に帰ってくれと云いたくなった。

I wanted to come back to my liking.

同時に小林の意味もよく突きとめておきたかった。

At the same time, I wanted to know the meaning of Kobayashi well.

それを見抜いて、わざと高を括ったように落ちついている小林の態度がまた癪に障った。

After seeing this, Kobayashi's attitude, which was calm as if he had squeezed the high, depressed again.

そこへ先刻から心持ちに待ち受けていたお時がようやく帰って来たので、お延の蟠まりは、一定した様式の下に表現される機会の来ない先にまた崩されてしまわなければならなかった。

The time, which I had been waiting for sincerely, has finally returned, and the bank has to be broken down again to the point where there is no opportunity to be expressed under a certain style. Was.

八十七

Eighty seven

 お時は縁側へ坐って外部から障子を開けた。

At the time, she sat on the veranda and opened the shoji from outside.

「ただいま。

"I'm back.

大変遅くなりました。

I am sorry to be late.

電車で病院まで行って参りましたものですから」

I went to the hospital by train. ''

 お延は少し腹立たしい顔をしてお時を見た。

延 Onno looked at the time with a slightly annoyed face.

「じゃ電話はかけなかったのかい」

"Isn't it a phone call?"

「いいえかけたんでございます」

"No, I wasn't there."

「かけても通じなかったのかい」

"Did you not get through?"

 問答を重ねているうちに、お時の病院へ行った意味がようやくお延に呑み込めるようになって来た。

重 ね While asking and answering questions, the meaning of going to the hospital at the time was finally swallowed.

――始め通じなかった電話は、しまいに通じるだけは通じても用を弁ずる事ができなかった。

――I couldn't talk about the phone that I couldn't get through at first, even if I could just get through.

看護婦を呼び出して用事を取次いで貰おうとしたが、それすらお時の思うようにはならなかった。

He called a nurse and tried to get his business done, but that didn't even make it happen.

書生だか薬局員だかが始終相手になって、何か云うけれども、それがまたちっとも要領を得なかった。

A student or a pharmacist was the partner all the time, and I could say something, but it didn't get the point.

第一言語が不明暸であった。

The first language was unclear.

それから判切聞こえるところも辻褄の合わない事だらけだった。

Then there was a lot of inconsistencies that I could hear.

要するにその男はお時の用事を津田に取次いでくれなかったらしいので、彼女はとうとう諦らめて、電話箱を出てしまった。

In short, the man didn't seem to give his time to Tsuda, so she gave up and left the phone box.

しかし義務を果さないでそのまま宅へ帰るのが厭だったので、すぐその足で電車へ乗って病院へ向った。

However, he was reluctant to return home without fulfilling his duties, so he immediately took the train and headed for the hospital.

「いったん帰って、伺ってからにしようかと思いましたけれども、ただ時間が長くかかるぎりでございますし、それにお客さまがこうして待っておいでの事をなまじい存じておるものでございますから」

`` I thought about going home and visiting, but it's just as long as it takes a long time, and the customer really knows what to wait for in this way. ''

 お時のいう事はもっともであった。

The time was right.

お延は礼を云わなければならなかった。

Ono had to say thanks.

しかしそのために、小林からさんざん厭な思いをさせられたのだと思うと、気を利かした下女がかえって恨めしくもあった。

However, I thought that Kobayashi had made me feel reluctant to do so, and the thoughtful lower woman was rather resentful.

 彼女は立って茶の間へ入った。

She stood and entered the tea room.

すぐそこに据えられた銅の金具の光る重ね箪笥の一番下の抽斗を開けた。

I opened the drawer at the bottom of the shining stack of copper fittings right there.

そうして底の方から問題の外套を取り出して来て、それを小林の前へ置いた。

Then he took the cloak in question from the bottom and placed it in front of Kobayashi.

「これでしょう」

"This is it."

「ええ」と云った小林はすぐ外套を手に取って、品物を改める古着屋のような眼で、それを引ッ繰返した。

Kobayashi, who said "yes," immediately picked up the cloak and repeated it with the eyes of an old-fashioned clothing store remodeling items.

「思ったよりだいぶ汚れていますね」

"It's a lot dirty than I thought."

「あなたにゃそれでたくさんだ」と云いたかったお延は、何にも答えずに外套を見つめた。

Enno, who wanted to say to you, "That's a lot," stared at the cloak without answering anything.

外套は小林のいう通り少し色が変っていた。

The color of the mantle had changed a little, as Kobayashi said.

襟を返して日に当らない所を他の部分と比較して見ると、それが著じるしく目立った。

When I turned the collar back and did not see the sun compared to the rest, it was noticeably noticeable.

「どうせただ貰うんだからそう贅沢も云えませんかね」

"I can't say luxury because I just get it."

「お気に召さなければ、どうぞ御遠慮なく」

"If you don't like it, please don't hesitate."

「置いて行けとおっしゃるんですか」

"Are you going to leave?"

「ええ」

"Yes"

 小林はやッぱり外套を放さなかった。

Kobayashi did not let go of his coat.

お延は痛快な気がした。

Nobun felt sorry.

「奥さんちょっとここで着て見てもよござんすか」

"Your wife can wear it here and watch it."

「ええ、ええ」

"Yeah yeah"

 お延はわざと反対を答えた。

延 Ono replied on purpose.

そうして窮屈そうな袖へ、もがくようにして手を通す小林を、坐ったまま皮肉な眼で眺めた。

I sat down and saw the ironic eyes of Kobayashi, who was struggling to reach the cramped sleeves.

「どうですか」

"how is it"

 小林はこう云いながら、背中をお延の方に向けた。

Kobayashi turned his back toward Nobu, saying this.

見苦しい畳み皺が幾筋もお延の眼に入った。

Unpleasant folds and wrinkles got into my eyes.

アイロンの注意でもしてやるべきところを、彼女はまた逆に行った。

She went the other way around, taking care of the ironing.

「ちょうど好いようですね」

"It looks just right"

 彼女は誰も自分の傍にいないので、せっかく出来上った滑稽な後姿も、眼と眼で笑ってやる事ができないのを物足りなく思った。

Since no one was by her side, I thought it was unsatisfactory that the humorous rear view that I was able to make could not laugh with my eyes.

 すると小林がまたぐるりと向き直って、外套を着たなり、お延の前にどっさり胡坐をかいた。

Then Kobayashi turned around again, dressed in a cloak, and crossed his head in front of Onen.

「奥さん、人間はいくら変な着物を着て人から笑われても、生きている方がいいものなんですよ」

"Wife, no matter how weird a kimono is, people are laughing at people, but it's better to live."

「そうですか」

"Is that so"

 お延は急に口元を締めた。

延 Nobun suddenly closed his mouth.

「奥さんのような窮った事のない方にゃ、まだその意味が解らないでしょうがね」

"For those who are not distressed, like his wife, I still do not understand the meaning."