文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4585-4649)/11494

そうしてそれは例外なく世界中の誰にでも当て篏って、毫も悖らないものだと、彼女は最初から信じ切っていたのである。

She had always believed from the beginning that it would fit everyone in the world without exception, and that she would not be afraid to write.

「吃驚りしたようじゃありませんか。

"It sounds like you're surprised.

奥さんはまだそんな人に会った事がないんでしょう。

Your wife may not have met such a person yet.

世の中にはいろいろの人がありますからね」

There are many people in the world. ''

 小林は多少|溜飲の下りたような顔をした。

林 Kobayashi looked somewhat like a drunk face.

「奥さんは先刻から僕を厭がっている。

"My wife has been displeased with me since the very beginning.

早く帰ればいい、帰ればいいと思っている。

I think I should go home early and go home.

ところがどうした訳か、下女が帰って来ないもんだから、仕方なしに僕の相手になっている。

However, for some reason, she is not coming back, so I have no choice but to be my partner.

それがちゃんと僕には分るんです。

That's what I know.

けれども奥さんはただ僕を厭な奴だと思うだけで、なぜ僕がこんな厭な奴になったのか、その原因を御承知ない。

But she just thinks she's a bad guy and doesn't know why I got this bad guy.

だから僕がちょっとそこを説明して上げたのです。

That's why I explained it a little.

僕だってまさか生れたてからこんな厭な奴でもなかったんでしょうよ、よくは分りませんけれどもね」

I wasn't such a bad guy since I was born, though I don't know well. ''

 小林はまた大きな声を出して笑った。

Kobayashi laughed aloud again.

八十六

Eighty-six

 お延の心はこの不思議な男の前に入り乱れて移って行った。

Nobun's heart moved in front of this strange man.

一には理解が起らなかった。

At first, understanding did not occur.

二には同情が出なかった。

Two didn't feel sympathy.

三には彼の真面目さが疑がわれた。

Three suspected his seriousness.

反抗、畏怖、軽蔑、不審、馬鹿らしさ、嫌悪、好奇心、――雑然として彼女の胸に交錯したいろいろなものはけっして一点に纏まる事ができなかった。

Rebellion, awe, disdain, suspicion, stupidity, disgust, curiosity—everything that cluttered her breasts could never be put together.

したがってただ彼女を不安にするだけであった。

So she only made her anxious.

彼女はしまいに訊いた。

She asked in the end.

「じゃあなたは私を厭がらせるために、わざわざここへいらしったと言明なさるんですね」

"Then you declare that you have come here to hate me."

「いや目的はそうじゃありません。

"No, not the purpose.

目的は外套を貰いに来たんです」

The purpose came to get the cloak. ''

「じゃ外套を貰いに来たついでに、私を厭がらせようとおっしゃるんですか」

"Well then, are you trying to hurt me when you come to get a cloak?"

「いやそうでもありません。

"No, not at all.

僕はこれで天然自然のつもりなんですからね。

I'm going to be natural.

奥さんよりもよほど技巧は少ないと思ってるんです」

I think I have much less skill than my wife. ''

「そんな事はどうでも、私の問にはっきりお答えになったらいいじゃありませんか」

"I don't care about that, would you please answer my question clearly?"

「だから僕は天然自然だと云うのです。

"That's why I say natural.

天然自然の結果、奥さんが僕を厭がられるようになるというだけなのです」

It's just the natural nature that makes my wife hate me. ''

「つまりそれがあなたの目的でしょう」

"That's your purpose."

「目的じゃありません。

"It's not the purpose.

しかし本望かも知れません」

But it may be my desire. ''

「目的と本望とどこが違うんです」

"What is the difference between purpose and desire?"

「違いませんかね」

"Isn't it?"

 お延の細い眼から憎悪の光が射した。

光 A hatred light shines through your thin eyes.

女だと思って馬鹿にするなという気性がありありと瞳子の裏に宿った。

She stayed behind Hitoko with her temperament to think she was a woman and not to be stupid.

「怒っちゃいけません」と小林が云った。

"Don't get angry," Kobayashi said.

「僕は自分の小さな料簡から敵打をしてるんじゃないという意味を、奥さんに説明して上げただけです。

"I just told my wife that I wasn't hitting the enemy because of my little money.

天がこんな人間になって他を厭がらせてやれと僕に命ずるんだから仕方がないと解釈していただきたいので、わざわざそう云ったのです。

I wanted you to interpret that the heavens became such a person and ordered me to hurt others, so I had no choice but to say so.

僕は僕に悪い目的はちっともない事をあなたに承認していただきたいのです。

I want you to acknowledge that I have no bad purpose.

僕自身は始めから無目的だという事を知っておいていただきたいのです。

I want you to know that I am useless from the beginning.

しかし天には目的があるかも知れません。

But heaven may have a purpose.

そうしてその目的が僕を動かしているかも知れません。

And that purpose may be driving me.

それに動かされる事がまた僕の本望かも知れません」

It might be my desire to be moved by that. ''

 小林の筋の運び方は、少し困絡かり過ぎていた。

The way Kobayashi's muscles were carried was a little too much trouble.

お延は彼の論理の間隙を突くだけに頭が錬れていなかった。

Nobun was not savvy enough to pierce his logic.

といって無条件で受け入れていいか悪いかを見分けるほど整った脳力ももたなかった。

However, he did not have enough brain power to discern whether it was acceptable or unconditional.

それでいて彼女は相手の吹きかける議論の要点を掴むだけの才気を充分に具えていた。

Yet she was smart enough to get the gist of the other party's argument.

彼女はすぐ小林の主意を一口に纏めて見せた。

She soon showed Kobayashi's intent in a bite.

「じゃあなたは人を厭がらせる事は、いくらでも厭がらせるが、それに対する責任はけっして負わないというんでしょう」

"So you're going to be offended by whatever you offend, but you're never responsible for it."

「ええそこです。

"Yes.

そこが僕の要点なんです」

That is my point. ''

「そんな卑怯な――」

"Such a sneaky-"

「卑怯じゃありません。

"It's not cowardly.

責任のない所に卑怯はありません」

There is no cowardice where there is no responsibility. ''

「ありますとも。

"I have it.

第一この私があなたに対してどんな悪い事をした覚があるんでしょう。

First, what bad thing has I done to you?

まあそれから伺いますから、云って御覧なさい」

Well then, I'll call you, so take a look. ''

「奥さん、僕は世の中から無籍もの扱いにされている人間ですよ」

"Wife, I'm a human being unregistered from the world."

「それが私や津田に何の関係があるんです」

"It has nothing to do with me or Tsuda."

 小林は待ってたと云わぬばかりに笑い出した。

Kobayashi laughed just as if he had not been waiting.

「あなた方から見たらおおかたないでしょう。

"If you look at it, it's ok.

しかし僕から見れば、あり過ぎるくらいあるんです」

But from my point of view, it's too much. ''