文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4520-4584)/11494

「あっても宜しいじゃございませんか」

"Isn't it okay if you have it?"

「いや、実はあなたの知りたいと思ってる事がまだたくさんあるんですよ」

"No, in fact, there are still a lot of things you want to know."

「あっても構いません」

"It doesn't matter"

「じゃ、あなたの知らなければならない事がまだたくさんあるんだと云い直したらどうです。

"So what if you restate that there is still a lot you need to know?

それでも構いませんか」

Is that okay? "

「ええ、構いません」

"Yes, no problem"

八十五

Eighty-five

 小林の顔には皮肉の渦が漲った。

The ironic whirlpools ran over Kobayashi's face.

進んでも退いてもこっちのものだという勝利の表情がありありと見えた。

It seemed that there was a victory expression that it was this thing whether it advanced or retreated.

彼はその瞬間の得意を永久に引き延ばして、いつまでも自分で眺め暮したいような素振さえ示した。

He prolonged his strengths at that moment forever, even showing himself as if he wanted to forever admire himself.

「何という陋劣な男だろう」

"What an inferior man!"

 お延は腹の中でこう思った。

延 Onno thought in his belly.

そうしてしばらくの間じっと彼と睨めっ競をしていた。

Then he was staring at him for a while.

すると小林の方からまた口を利き出した。

Then Kobayashi spoke again.

「奥さん津田君が変った例証として、是非あなたに聴かせなければならない事があるんですが、あんまりおびえていらっしゃるようだから、それは後廻しにして、その反対の方、すなわち津田君がちっとも変らないところを少し御参考までにお話しておきますよ。

`` As an example of how your wife Tsuda changed, you have to listen to it by all means, but it seems that you are scared too much, so put it behind and the opposite, that is, Tsuda does not change at all I will tell you a little bit for reference.

これはいやでも私の方で是非奥さんに聴いていただきたいのです。

I'd like to ask your wife to listen to this.

――どうです聴いて下さいますか」

-How do you listen? "

 お延は冷淡に「どうともあなたの御随意に」と答えた。

延 Onno replied calmly, "I'm at your will."

小林は「ありがたい」と云って笑った。

Kobayashi laughed, saying, "Thank you."

「僕は昔から津田君に軽蔑されていました。

"I was long scorned by Tsuda.

今でも津田君に軽蔑されています。

It is still despised by Tsuda.

先刻からいう通り津田君は大変変りましたよ。

As you said earlier, Tsuda changed a lot.

けれども津田君の僕に対する軽蔑だけは昔も今も同様なのです。

But only the disdain of Tsuda for me is the same as before and now.

毫も変らないのです。

The calligraphy does not change either.

これだけはいくら怜悧な奥さんの感化力でもどうする訳にも行かないと見えますね。

It looks like this is not going to do anything, even with the inspiring power of a sharp wife.

もっともあなた方から見たら、それが理の当然なんでしょうけれどもね」

But from your point of view, it's justified. "

 小林はそこで言葉を切って、少し苦しそうなお延の笑い顔に見入った。

林 Kobayashi cut his words there and looked at Nobu's laughing face, which seemed a little painful.

それからまた続けた。

Then continued again.

「いや別に変って貰いたいという意味じゃありませんよ。

"I don't mean you want to be different.

その点について奥さんの御尽力を仰ぐ気は毛頭ないんだから、御安心なさい。

Don't worry about your wife's efforts in that regard.

実をいうと、僕は津田君にばかり軽蔑されている人間じゃないんです。

As a matter of fact, I'm not a person despised only by Tsuda.

誰にでも軽蔑されている人間なんです。

He is despised by anyone.

下らない女にまで軽蔑されているんです。

Even a woman who does not fall is despised.

有体に云えば世の中全体が寄ってたかって僕を軽蔑しているんです」

In essence, I look down on me as if the whole world was approaching. ''

 小林の眼は据わっていた。

Kobayashi's eyes stood still.

お延は何という事もできなかった。

Nobun could do nothing.

「まあ」

"Oh dear"

「それは事実です。

"It is a fact.

現に奥さん自身でもそれを腹の中で認めていらっしゃるじゃありませんか」

In fact, your wife has acknowledged it in your belly. ''

「そんな馬鹿な事があるもんですか」

"Is there something stupid?"

「そりゃ口の先では、そうおっしゃらなければならないでしょう」

"Well, you have to say that at the end of your mouth."

「あなたもずいぶん僻んでいらっしゃるのね」

"You are quite remote, too"

「ええ僻んでるかも知れません。

"Yes, it may be remote.

僻もうが僻むまいが、事実は事実ですからね。

It's a fact that it's a fact whether it's remote or not.

しかしそりゃどうでもいいんです。

But it doesn't matter.

もともと無能に生れついたのが悪いんだから、いくら軽蔑されたって仕方がありますまい。

It is bad to be born incompetent from the beginning, so there is no way you can be despised.

誰を恨む訳にも行かないのでしょう。

I guess I can't go for anyone.

けれども世間からのべつにそう取り扱われつけて来た人間の心持を、あなたは御承知ですか」

But do you know the feelings of a man who has been treated so differently from the world? "

 小林はいつまでもお延の顔を見て返事を待っていた。

林 Kobayashi was always waiting for a reply after seeing Onobu's face.

お延には何もいう事がなかった。

Nobu had nothing to say.

まるっきり同情の起り得ない相手の心持、それが自分に何の関係があろう。

The feelings of the partner who can not sympathize completely, that has nothing to do with himself.

自分にはまた自分で考えなければならない問題があった。

I had another problem that I had to consider myself.

彼女は小林のために想像の翼さえ伸ばしてやる気にならなかった。

She didn't even motivate Kobayashi to stretch her imagination wings.

その様子を見た小林はまた「奥さん」と云い出した。

After seeing the situation, Kobayashi said again, "Wife."

「奥さん、僕は人に厭がられるために生きているんです。

"Wife, I live because I am disgusted by people.

わざわざ人の厭がるような事を云ったりしたりするんです。

They say things that bother others.

そうでもしなければ苦しくってたまらないんです。

If you don't do that, you'll be dying.

生きていられないのです。

I can't live.

僕の存在を人に認めさせる事ができないんです。

I can't let people recognize my existence.

僕は無能です。

I am incompetent.

幾ら人から軽蔑されても存分な讐討ができないんです。

No matter how despised it is, you can't avenge it.

仕方がないからせめて人に嫌われてでも見ようと思うのです。

I can't help but at least try to watch it even if it's hated by people.

それが僕の志願なのです」

That is my application. ''

 お延の前にまるで別世界に生れた人の心理状態が描き出された。

前 Before Nobun, the psychological state of a person born in another world was depicted.

誰からでも愛されたい、また誰からでも愛されるように仕向けて行きたい、ことに夫に対しては、是非共そうしなければならない、というのが彼女の腹であった。

It was her belly that she wanted to be loved by everyone, and that she wanted her to be loved by everyone, especially for her husband.