文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4468-4519)/11494

ところがいざ聴こうとすると、小林はけっして要領を得た事を云わなかった。

However, when trying to listen, Kobayashi never said he had the point.

云っても肝心のところはわざと略してしまった。

Even so, the point of essence has been omitted on purpose.

例えば二人が深夜非常線にかかった時の光景には一口触れるが、そういう出来事に出合うまで、彼らがどこで夜深しをしていたかの点になると、彼は故意に暈しさって、全く語らないという風を示した。

For example, the sight of the two when they hit the midnight cordon is a sip, but until they meet, when it comes to where they were deepening at night, he intentionally blurs and says nothing at all. It showed the wind.

それを訊けば意味ありげににやにや笑って見せるだけであった。

Asking it only made me laugh with a meaningful grin.

お延は彼がとくにこうして自分を焦燥しているのではなかろうかという気さえ起した。

Nobun even wondered if he was particularly frustrated by himself.

 お延は平生から小林を軽く見ていた。

延 Ono looked at Kobayashi lightly from Hirao.

半ば夫の評価を標準におき、半ば自分の直覚を信用して成立ったこの侮蔑の裏には、まだ他に向って公言しない大きな因子があった。

Behind this contempt, which was based on half-husband ratings and half-trusting his intuition, was a major factor that had yet to speak out elsewhere.

それは単に小林が貧乏であるという事に過ぎなかった。

It was simply that Kobayashi was poor.

彼に地位がないという点にほかならなかった。

He was nothing but his status.

売れもしない雑誌の編輯、そんなものはきまった職業として彼女の眼に映るはずがなかった。

The compilation of unsold magazines was something that could not be seen in her eyes as a routine profession.

彼女の見た小林は、常に無籍もののような顔をして、世の中をうろうろしていた。

Kobayashi, whom she saw, was always wandering around the world, looking like an unregistered person.

宿なしらしい愚痴を零して、厭がらせにそこいらをまごつき歩くだけであった。

He just wandered around there to get rid of the bitches that seemed innocent.

 しかしこの種の軽蔑に、ある程度の不気味はいつでも附物であった。

But to this kind of contempt, some eerie was always an adjunct.

ことにそういう階級に馴らされない女、しかも経験に乏しい若い女には、なおさらの事でなければならなかった。

Especially for a woman who is not accustomed to such a class, and a young woman with little experience, it had to be even more so.

少くとも小林の前に坐ったお延はそう感じた。

At least, Nobun sitting in front of Kobayashi felt that way.

彼女は今までに彼ぐらいな貧しさの程度の人に出合わないとは云えなかった。

She could not say that she had never met a man of poorness like him.

しかし岡本の宅へ出入りをするそれらの人々は、みんなその分を弁えていた。

However, those people who came in and out of Okamoto's house were all there.

身分には段等があるものと心得て、みんなおのれに許された範囲内においてのみ行動をあえてした。

Recognizing that there are steps in his status, he dared to act only within the limits allowed by him.

彼女はいまだかつて小林のように横着な人間に接した例がなかった。

She had never seen a human being dressed like Kobayashi.

彼のように無遠慮に自分に近づいて来るもの、富も位地もない癖に、彼のように大きな事を云うもの、彼のようにむやみに上流社会の悪体を吐くものにはけっして会った事がなかった。

I'll never meet anything like he who approaches me without hesitation, a habit with no wealth or place, a thing that speaks something big like him, or a thing like him who spites the wickedness of the upper society. Never had.

 お延は突然気がついた。

延 Ono suddenly noticed.

「自分の今相手にしているのは、平生考えていた通りの馬鹿でなくって、あるいは手に余る擦れッ枯らしじゃなかろうか」

"I guess my opponent isn't the idiot I thought Hirao would have thought of, or wasn't shedding too much in my hand?"

 軽蔑の裏に潜んでいる不気味な方面が強く頭を持上げた時、お延の態度は急に改たまった。

延 When the eerie side behind the contempt raised his head strongly, his attitude suddenly changed.

すると小林はそれを見届けた証拠にか、またはそれに全くの無頓着でか、アははと笑い出した。

Then, Kobayashi laughed at the evidence that she saw it, or at all without hesitation.

「奥さんまだいろいろ残ってますよ。

"Your wife still has a lot left.

あなたの知りたい事がね」

What you want to know. ''

「そうですか。

"Is that so.

今日はもうそのくらいでたくさんでしょう。

That's about it today.

あんまり一度きに伺ってしまうと、これから先の楽しみがなくなりますから」

If you visit too often, you will not have much fun in the future. ''

「そうですね、じゃ今日はこれで切り上げときますかな。

"Yes, I guess today's round up.

あんまり奥さんに気を揉ませて、歇斯的里でも起されると、後でまた僕の責任だなんて、津田君に恨まれるだけだから」

If I let my wife worry so much and I was woken up even in a murky village, I would only be resentful by Mr. Tsuda again for my responsibility later. ''

 お延は後を向いた。

延 Ono turned backwards.

後は壁であった。

The rest was the wall.

それでも茶の間に近いその見当に、彼女はお時の消息を聞こうとする努力を見せた。

Still at that hint, close to the tea room, she made an effort to hear the news of the time.

けれども勝手口は今まで通り静かであった。

But the door was still quiet.

疾うに帰るべきはずのお時はまだ帰って来なかった。

I hadn't come back yet when I should be sick.

「どうしたんでしょう」

"What happened?"

「なに今に帰って来ますよ。

"What are you coming back to now?

心配しないでも迷児になる気遣はないから大丈夫です」

You don't have to worry about getting lost if you don't worry.

 小林は動こうともしなかった。

Kobayashi did not move.

お延は仕方がないので、茶を淹れ代えるのを口実に、席を立とうとした。

Since she couldn't help, she tried to stand up, excuse her to brew tea.

小林はそれさえ遮ぎった。

Kobayashi even blocked it.

「奥さん、時間があるなら、退屈凌ぎに幾らでも先刻の続きを話しますよ。

"Wife, if you have the time, I'll talk about the continuation of the early days as much as boring.

しゃべって潰すのも、黙って潰すのも、どうせ僕見たいな穀潰しにゃ、同なし時間なんだから、ちっとも御遠慮にゃ及びません。

Talking and crushing, or crushing silently, is a crushing of the grain I want to see anyway. It's the same time, so I'm not shy at all.

どうです、津田君にはあれでまだあなたに打ち明けないような水臭いところがだいぶあるんでしょう」

How about, there's a lot of watery smell in Tsuda that still can't tell you. ''

「あるかも知れませんね」

"There may be"

「ああ見えてなかなか淡泊でないからね」

"Ah, it's not quite light."

 お延ははっと思った。

延 I thought that Ono was really good.

腹の中で小林の批評を首肯わない訳に行かなかった彼女は、それがあたっているだけになおの事感情を害した。

She couldn't help refusing Kobayashi's criticism in her belly, but she was offended by the fact that it was hit.

自分の立場を心得ない何という不作法な男だろうと思って小林を見た。

I looked at Kobayashi, thinking what a rude man he couldn't understand his position.

小林は平気で前の言葉を繰り返した。

Kobayashi calmly repeated the previous words.

「奥さんあなたの知らない事がまだたくさんありますよ」

"Your wife still has a lot to know."