文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4403-4467)/11494

「何がです、今僕の云った事がですか」

"What is it, what am I saying now?"

「いいえ、そんな事じゃないの」

"No, that's not it."

 お延は巧みに相手を岐路に誘い込んだ。

延 Nobun skillfully lures his partner to a crossroads.

「あなた先刻おっしゃったでしょう。

"You mentioned earlier.

近頃津田がだいぶ変って来たって」

Recently Tsuda has changed a lot. "

 小林は元へ戻らなければならなかった。

Kobayashi had to go back.

「ええ云いました。

"Yes.

それに違ないから、そう云ったんです」

That's why I said that. "

「本当に津田はそんなに変ったでしょうか」

"Is Tsuda really changed that much?"

「ええ変りましたね」

"Yes.

 お延は腑に落ちないような顔をして小林を見た。

延 Nobu looked at Kobayashi with a face he couldn't understand.

小林はまた何か証拠でも握っているらしい様子をしてお延を見た。

Kobayashi also looked at Nobu, apparently holding some evidence.

二人がしばらく顔を見合せている間、小林の口元には始終薄笑いの影が射していた。

While the two looked at each other for a while, Kobayashi's mouth was always laughing.

けれどもそれは終に本式の笑いとなる機会を得ずに消えてしまわなければならなかった。

But it had to go away without a chance to become a real laugh.

お延は小林なんぞに調戯われる自分じゃないという態度を見せたのである。

Nobun showed an attitude that he was not himself playing with Kobayashi.

「奥さん、あなた自分だって大概気がつきそうなものじゃありませんか」

"Wife, are you likely to notice yourself?"

 今度は小林の方からこう云ってお延に働らきかけて来た。

This time, Kobayashi came to work with Mr. Nobu.

お延はたしかにそこに気がついていた。

Indeed, he noticed that.

けれども彼女の気がついている夫の変化は、全く別ものであった。

However, her husband's changes she noticed were completely different.

小林の考えている、少なくとも彼の口にしている、変化とはまるで反対の傾向を帯びていた。

Kobayashi's thinking, at least in his mouth, was in the opposite direction of change.

津田といっしょになってから、朧気ながらしだいしだいに明るくなりつつあるように感ぜられるその変化は、非常に見分けにくい色調の階段をそろりそろりと動いて行く微妙なものであった。

After being with Tsuda, the change, which seemed to be getting lighter and more dazzling, was a subtle one that moved along stairs in a very indistinguishable color tone.

どんな鋭敏な観察者が外部から覗いてもとうてい判りこない性質のものであった。

It was of an insidious nature that any sharp observer could look into from the outside.

そうしてそれが彼女の秘密であった。

And that was her secret.

愛する人が自分から離れて行こうとする毫釐の変化、もしくは前から離れていたのだという悲しい事実を、今になって、そろそろ認め始めたという心持の変化。

The change in feeling that a loved one is going away from himself or the sad fact that he has been away from before has now begun to be recognized.

それが何で小林ごときものに知れよう。

What is it like Kobayashi?

「いっこう気がつきませんね。

"I don't notice much.

あれでどこか変ったところでもあるんでしょうか」

Is that something that has changed somewhere? ''

 小林は大きな声を出して笑った。

Kobayashi laughed out loud.

「奥さんはなかなか空惚ける事が上手だから、僕なんざあとても敵わない」

"My wife is very good at falling in love with me, so I won't be able to beat me."

「空惚けるっていうのはあなたの事じゃありませんか」

"Isn't it that you fall in love with you?"

「ええ、まあ、そんならそうにしておきましょう。

"Yes, well, let's do that.

――しかし奥さんはそういう旨いお手際をもっていられるんですね。

――But your wife can have such a good technique.

ようやく解った。

Finally understood.

それで津田君がああ変化して来るんですね、どうも不思議だと思ったら」

That's why Tsuda is changing, if you think it's strange. "

 お延はわざと取り合わなかった。

延 Nobun did not meet on purpose.

と云って別に煩さい顔もしなかった。

But he didn't have any troublesome faces.

愛嬌を見せた平気とでもいうような態度をとった。

He took a kind of attitude that he seemed to be charming.

小林はもう一歩前へ進み出した。

Kobayashi has gone one step further.

「藤井さんでもみんな驚ろいていますよ」

"Everyone is surprised, too."

「何を」

"what"

 藤井という言葉を耳にした時、お延の細い眼がたちまち相手の上に動いた。

時 When I heard the word “Fujii,” Nonobu's thin eyes quickly moved over him.

誘き出されると知りながら、彼女はついこういって訊き返さなければならなかった。

She had to ask her, saying she was being lured.

「あなたのお手際にです。

"It's your help.

津田君を手のうちに丸め込んで自由にするあなたの霊妙なお手際にです」

It's your spiritual trick to roll Tsuda in your hands and let it free. ''

 小林の言葉は露骨過ぎた。

Kobayashi's words were too explicit.

しかし露骨な彼は、わざと愛嬌半分にそれをお延の前で披露するらしかった。

However, he was apparently purposefully showing off it in front of Enno in half his charm.

お延はつんとして答えた。

Nobun answered relentlessly.

「そうですか。

"Is that so.

わたくしにそれだけの力があるんですかね。

Do you have that much power?

自分にゃ解りませんが、藤井の叔父さんや叔母さんがそう云って下さるなら、おおかた本当なんでしょうよ」

I don't know, but if Fujii's uncle or aunt would say that, it would be almost true. ''

「本当ですとも。

"It's true.

僕が見たって、誰が見たって本当なんだから仕方がないじゃありませんか」

I don't know why I saw it and who saw it is true. "

「ありがとう」

"Thank you"

 お延はさも軽蔑した調子で礼を云った。

延 Nobu also thanked him with disdain.

その礼の中に含まれていた苦々しい響は、小林にとって全く予想外のものであるらしかった。

The bitter sound contained in the ceremony seemed completely unexpected to Kobayashi.

彼はすぐ彼女を宥めるような口調で云った。

He immediately said in a tone that calmed her.

「奥さんは結婚前の津田君を御承知ないから、それで自分の津田君に及ぼした影響を自覚なさらないんでしょうが、――」

"My wife doesn't know Mr. Tsuda before marriage, so he won't be aware of the effects he had on Mr. Tsuda, but ..."

「わたくしは結婚前から津田を知っております」

"I know Tsuda before my marriage"

「しかしその前は御存じないでしょう」

"But before that you wouldn't know."

「当り前ですわ」

"It's natural."

「ところが僕はその前をちゃんと知っているんですよ」

"But I know exactly before that."

 話はこんな具合にして、とうとう津田の過去に溯って行った。

In this way, we finally went back to Tsuda's past.

八十四

Eighty-four

 自分のまだ知らない夫の領分に這入り込んで行くのはお延にとって多大の興味に違なかった。

這 Crawling into her husband's territory, which she did not know, was a huge interest for Onobu.

彼女は喜こんで小林の談話に耳を傾けようとした。

She was glad to listen to Kobayashi's story.