文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4340-4402)/11494

小林はまたそんな事を顧慮する男ではなかった。

Kobayashi was not a man who took care of such things again.

秩序も段落も構わない彼の話題は、突飛にここかしこを駈け回る代りに、時としては不作法なくらい一直線に進んだ。

His order, no matter the order or paragraph, went straight, sometimes rudely, instead of running around here and there.

「やッぱり細君の力には敵いませんね、どんな男でも。

"I can't beat the power of Mr. Happily, any man.

――僕のような独身ものには、ほとんど想像がつかないけれども、何かあるんでしょうね、そこに」

――I can hardly imagine a bachelor like me, but there is something there. ''

 お延はとうとう自分を抑える事ができなくなった。

延 At last, you can no longer control yourself.

彼女は笑い出した。

She started laughing.

「ええあるわ。

"Yes.

小林さんなんかにはとても見当のつかない神秘的なものがたくさんあるわ、夫婦の間には」

Kobayashi-san has a lot of mysterious things that I can't really imagine, between the couple. ''

「あるなら一つ教えていただきたいもんですね」

"If there is one, I want to tell you."

「独りものが教わったって何にもならないじゃありませんか」

"Isn't it nothing if you taught yourself?"

「参考になりますよ」

"It will be helpful"

 お延は細い眼のうちに、賢こそうな光りを見せた。

Nobun showed a brilliant light in his narrow eyes.

「それよりあなた御自分で奥さんをお貰いになるのが、一番|捷径じゃありませんか」

"It's best to get a wife on your own |

 小林は頭を掻く真似をした。

林 Kobayashi imitated his head.

「貰いたくっても貰えないんです」

"I can't get it even if I want it."

「なぜ」

"why"

「来てくれ手がなければ、自然貰えない訳じゃありませんか」

"If you don't come, don't you get nature?"

「日本は女の余ってる国よ、あなた。

"Japan is a land of women, you.

お嫁なんかどんなのでもそこいらにごろごろ転がってるじゃありませんか」

Anything like a bride is rolling around there. ''

 お延はこう云ったあとで、これは少し云い過ぎたと思った。

延 After saying this, I thought this was a bit too much.

しかし相手は平気であった。

But the opponent was fine.

もっと強くて烈しい言葉に平生から慣れ抜いている彼の神経は全く無感覚であった。

His nerves accustomed to the stronger and more intense words from Heisei were totally numb.

「いくら女が余っていても、これから駈け落をしようという矢先ですからね、来ッこありませんよ」

"No matter how many women are left, it's a point to run down in the future, so it's not coming."

 駈落という言葉が、ふと芝居でやる男女二人の道行をお延に想い起させた。

The word running ふ reminded me of the path of the two men and women who performed in the play.

そうした濃厚な恋愛を象どる艶めかしい歌舞伎姿を、ちらりと胸に描いた彼女は、それと全く縁の遠い、他の着古した外套を貰うために、今自分の前に坐っている小林を見て微笑した。

She drew a glimpse of Kabuki in a glimpse of such a rich romance on her chest, and saw Kobayashi sitting in front of her now to get another worn out cloak far from that. And smiled.

「駈落をなさるのなら、いっそ二人でなすったらいいでしょう」

"If you're going to run, it's better to do it together."

「誰とです」

"Who is it?"

「そりゃきまっていますわ。

"It's fine.

奥さんのほかに誰も伴れていらっしゃる方はないじゃありませんか」

Isn't there anyone with anyone besides his wife? ''

「へえ」

"Hey"

 小林はこう云ったなり畏まった。

Kobayashi was afraid of this.

その態度が全くお延の予期に外れていたので、彼女は少し驚ろかされた。

She was a little surprised because her attitude was completely unexpected.

そうしてかえって予期以上おかしくなった。

Then, on the contrary, it became more unexpected than expected.

けれども小林は真面目であった。

But Kobayashi was serious.

しばらく間をおいてから独り言のような口調で、彼は妙なことを云い出した。

After a while, he began to speak strangely, in a selfish tone.

「僕だって朝鮮|三界まで駈落のお供をしてくれるような、実のある女があれば、こんな変な人間にならないで、すんだかも知れませんよ。

"I am also in Korea | If there is a fruitful woman who will accompany you to the Third World, you may not be such a weird person, but you may be fine.

実を云うと、僕には細君がないばかりじゃないんです。

To tell the truth, I'm not the only one who doesn't have a prince.

何にもないんです。

There is nothing.

親も友達もないんです。

I have no parents or friends.

つまり世の中がないんですね。

In other words, there is no world.

もっと広く云えば人間がないんだとも云われるでしょうが」

More broadly speaking, there is no human being. ''

 お延は生れて初めての人に会ったような気がした。

I felt like Nobun met a person for the first time in his life.

こんな言葉をまだ誰の口からも聞いた事のない彼女は、その表面上の意味を理解するだけでも困難を感じた。

She had never heard these words before, but she felt difficult just to understand its superficial meaning.

相手をどう捌なしていいかの点になると、全く方角が立たなかった。

When it came to how to deal with the opponent, no direction was established.

すると小林の態度はなお感慨を帯びて来た。

Then Kobayashi's attitude was still impressed.

「奥さん、僕にはたった一人の妹があるんです。

"My wife, I have only one sister.

ほかに何にもない僕には、その妹が非常に貴重に見えるのです。

To myself, nothing else, my sister looks very precious.

普通の人の場合よりどのくらい貴重だか分りゃしません。

I don't know how valuable it is than a normal person.

それでも僕はその妹をおいて行かなければならないのです。

Still I have to go with my sister.

妹は僕のあとへどこまでも喰ッついて来たがります。

My sister wants to go after me forever.

しかし僕はまた妹をどうしても伴れて行く事ができないのです。

But I also can't just take my sister.

二人いっしょにいるよりも、二人離れ離れになっている方が、まだ安全だからです。

It's still safer to be two people apart than to stay together.

人に殺される危険がまだ少ないからです」

There is still little risk of being killed by humans. "

 お延は少し気味が悪くなった。

Ono became a little creepy.

早く帰って来てくれればいいと思うお時はまだ帰らなかった。

I didn't come back yet when I wanted to come back early.

仕方なしに彼女は話題を変えてこの圧迫から逃れようと試みた。

Inevitably she changed her mind and tried to escape this oppression.

彼女はすぐ成功した。

She succeeded immediately.

しかしそれがために彼女はまたとんでもない結果に陥った。

But that led to another terrible result.

八十三

Eighty three

 特殊の経過をもったその時の問答は、まずお延の言葉から始まった。

問 The question and answer at that time, which had a special course, started with the words of Onobu.

「しかしあなたのおっしゃる事は本当なんでしょうかね」

"But what you say is true?"

 小林ははたして沈痛らしい今までの態度をすぐ改めた。

Kobayashi immediately changed his attitude, which seemed to be painful.

そうしてお延の思わく通り向うから訊き返して来た。

He asked him as he was going as expected.