文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4288-4339)/11494

といって、掛取でも待たせておくように、いつまでも彼をそこに立たせるのも不作法であった。

However, it was rude to keep him standing forever, just as if he had to wait for takeover.

姿見の前に立ち竦んだ彼女は当惑の眉を寄せた。

She shook in front of her appearance and turned her embarrassed eyebrows.

仕方がないので、今|出がけだから、ゆっくり会ってはいられないがとわざわざ断らした後で、彼を座敷へ上げた。

I can't help but now | I went out, so I couldn't meet slowly, but I refused and raised him to the room.

しかし会って見ると、満更知らない顔でもないので、用だけ聴いてすぐ帰って貰う事もできなかった。

However, when I saw him, he didn't even know his face, so he couldn't hear him and return immediately.

その上小林は斟酌だの遠慮だのを知らない点にかけて、たいていの人に引を取らないように、天から生みつけられた男であった。

Moreover, Kobayashi was a man born out of heaven, so that he would not be drawn to most people when he knew that he was a consideration or refrain.

お延の時間が逼っているのを承知の癖に、彼は相手さえ悪い顔をしなければ、いつまで坐り込んでいても差支えないものと独りで合点しているらしかった。

He knew that his time was too tight, and he seemed to have signed alone on what he could have been sitting around for as long as he didn't look bad.

 彼は津田の病気をよく知っていた。

He knew Tsuda's disease well.

彼は自分が今度地位を得て朝鮮に行く事を話した。

He talked about his next position and going to Korea.

彼のいうところによれば、その地位は未来に希望のある重要のものであった。

According to him, his status was an important one with hope for the future.

彼はまた探偵に跟けられた話をした。

He also spoke under detective custody.

それは津田といっしょに藤井から帰る晩の出来事だと云って、驚ろいたお延の顔を面白そうに眺めた。

He said that it was the evening he returned from Fujii with Tsuda, and looked at the surprised Nobun's face with fun.

彼は探偵に跟けられるのが自慢らしかった。

He was proud to be caught by detectives.

おおかた社会主義者として目指されているのだろうという説明までして聴かせた。

He explained that he was probably aiming to be a socialist.

 彼の談話には気の弱い女に衝撃を与えるような部分があった。

In his discourse, there were parts that shocked a weak woman.

津田から何にも聞いていないお延は、怖々ながらついそこに釣り込まれて大切な時間を度外においた。

Nobun, who had not heard anything from Tsuda, was afraid of being caught in there, leaving her precious time out of the question.

しかし彼の云う事を素直にはいはい聴いているとどこまで行ってもはてしがなかった。

However, listening to what he said obediently was terrible no matter where I went.

しまいにはこっちから催促して、早く向うに用事を切り出させるように仕向けるよりほかに途がなくなった。

At the end of the day, I had no choice but to urge me to get my business done earlier.

彼は少しきまりの悪そうな様子をしてようやく用向を述べた。

He looked a bit sloppy and finally turned around.

それは昨夕お延とお時をさんざ笑わせた外套の件にほかならなかった。

It was nothing but a cloak that made Nobun and Time laugh at you last evening.

「津田君から貰うっていう約束をしたもんですから」

"I made a promise to get from Tsuda."

 彼の主意は朝鮮へ立つ前ちょっとその外套を着て見て、もしあんまり自分の身体に合わないようなら今のうちに直させたいというのであった。

His intention was to look at his coat a little before standing in Korea, and if he did not fit his body, he would like to fix it now.

 お延はすぐ入用の品を箪笥の底から出してやろうかと思った。

延 Ono immediately thought that he would take out the necessary items from the bottom of the chest.

けれども彼女はまだ津田から何にも聞いていなかった。

But she hadn't heard anything from Tsuda yet.

「どうせもう着る事なんかなかろうとは思うんですが」といって逡巡った彼女は、こんな事に案外やかましい夫の気性をよく知っていた。

"I'm wondering if I could wear it anyway."

着古した外套一つが本で、他日細君の手落呼わりなどをされた日には耐らないと思った。

One worn cloak was a book, and I thought that it would not survive on the day when Hoso was dropped by another day.

「大丈夫ですよ、くれるって云ったに違ないんだから。

"It's OK, it's no different.

嘘なんか吐きやしませんよ」

I won't lie. "

 出してやらないと小林を嘘吐としてしまうようなものであった。

と It would be like Kobayashi would lie if he didn't do it.

「いくら酔払っていたって気は確なんですからね。

"I'm pretty sure I'm drunk.

どんな事があったって貰う物を忘れるような僕じゃありませんよ」

I'm not the one who forgets what I get. "

 お延はとうとう決心した。

延 Nobun finally decided.

「じゃしばらく待ってて下さい。

"Wait a minute.

電話でちょっと病院へ聞き合せにやりますから」

I'll go to the hospital a little over the phone. "

「奥さんは実に几帳面ですね」と云って小林は笑った。

"My wife is very meticulous," Kobayashi laughed.

けれどもお延の暗に恐れていた不愉快そうな表情は、彼の顔のどこにも認められなかった。

However, the unpleasant expression he feared in Nobu was not found anywhere on his face.

「ただ念のためにですよ。

"Just in case.

あとでわたくしがまた何とか云われると困りますから」

I'll be troubled if I can say something again later. ''

 お延はそれでも小林が気を悪くしない用心に、こんな弁解がましい事を附け加えずにはいられなかった。

Nobu still couldn't help but add such excuses to Kobayashi's precautionary measures.

 お時が自働電話へ駈けつけて津田の返事を持って来る間、二人はなお対座した。

The two still faced each other while the time ran to the telephone and brought Tsuda's reply.

そうして彼女の帰りを待ち受ける時間を談話で繋いだ。

Then she talked about the time to wait for her return.

ところがその談話は突然な閃めきで、何にも予期していなかったお延の心臓を躍らせた。

However, the discourse flashed suddenly, and excited Nobun's heart, which was unexpected.

八十二

Eighty-two

「津田君は近頃だいぶおとなしくなったようですね。

"Tsuda seems to have become quite quiet these days.

全く奥さんの影響でしょう」

It's the wife's influence. "

 お時が出て行くや否や、小林は藪から棒にこんな事を云い出した。

林 As soon as time passed, Kobayashi said something like this from a bush to a stick.

お延は相手が相手なので、当らず障らずの返事をしておくに限ると思った。

Since Nobun is the opponent, I thought that I should only reply without hindrance.

「そうですか。

"Is that so.

私自身じゃ影響なんかまるでないように思っておりますがね」

I don't think the effects are any less on my own. ''

「どうして、どうして。

"Why, why.

まるで人間が生れ変ったようなものです」

It's like a human being. "

 小林の云い方があまり大袈裟なので、お延はかえって相手を冷評し返してやりたくなった。

Since Kobayashi's way of saying was too exaggerated, he wanted to do a cold comment on his opponent.

しかし彼女の気位がそれを許さなかったので、彼女はわざと黙っていた。

But she was deliberately silent, as her position did not allow it.