文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(4073-4124)/11494

二人が辛うじて別れの挨拶を交換するや否や、一種の音と動揺がすぐ彼女を支配し始めた。

As soon as the two barely exchanged goodbye greetings, a kind of sound and upset began to dominate her immediately.

 車内のお延は別に纏まった事を考えなかった。

延 I didn't think that the inside of the car was packed separately.

入れ替り立ち替り彼女の眼の前に浮ぶ、昨日からの関係者の顔や姿は、自分の乗っている電車のように早く廻転するだけであった。

The faces and figures of the officials from yesterday, floating in front of her eyes, just turned as fast as the train on which I was riding.

しかし彼女はそうして目眩しい影像を一貫している或物を心のうちに認めた。

But she then witnessed in sight some of the dazzling images consistent.

もしくはその或物が根調で、そうした断片的な影像が眼の前に飛び廻るのだとも云えた。

Or he said that one of them was in good condition, and that such a fragmentary image flew in front of his eyes.

彼女はその或物を拈定しなければならなかった。

She had to figure out some of that.

しかし彼女の努力は容易に成効をもって酬いられなかった。

But her efforts were not easily repaid with effect.

団子を認めた彼女は、ついに個々を貫いている串を見定める事のできないうちに電車を下りてしまった。

After admitting the dumplings, she finally got off the train before she couldn't see the skewer that was piercing the individual.

 玄関の格子を開ける音と共に、台所の方から駈け出して来たお時は、彼女の予期通り「お帰り」と云って、鄭寧な頭を畳の上に押し付けた。

音 With the sound of opening the entrance lattice, the time running out of the kitchen pushed her back on the tatami mat, as she expected.

お延は昨日に違った下女の判切した態度を、さも自分の手柄ででもあるように感じた。

Nobun felt yesterday's different attitude of the lower girl as if she were in her credit.

「今日は早かったでしょう」

"It would have been early today"

 下女はそれほど早いとも思っていないらしかった。

The lower lady didn't think she was too early.

得意なお延の顔を見て、仕方なさそうに、「へえ」と答えたので、お延はまた譲歩した。

After seeing his favorite face, he seemed reluctant to answer, "Hey," so he gave up again.

「もっと早く帰ろうと思ったんだけれどもね、つい日が短かいもんだから」

"I wanted to go back sooner, but it was a short day."

 自分の脱ぎ棄てた着物をお時に畳ませる時、お延は彼女に訊いた。

延 When she folded her kimono, she asked her.

「あたしのいない留守に何にも用はなかったろうね」

"I wouldn't have used anything for my absence."

 お時は「いいえ」と答えた。

時 You answered “No”.

お延は念のためもう一遍問を改めた。

Nobun changed another question just in case.

「誰も来やしなかったろうね」

"Nobody would come."

 するとお時が急に忘れたものを思い出したように調子高な返事をした。

He replied with a high tone as if he remembered what time had suddenly forgotten.

「あ、いらっしゃいました。

"Oh, you are here.

あの小林さんとおっしゃる方が」

The one who says that Kobayashi-san "

 夫の知人としての小林の名はお延の耳に始めてではなかった。

小 Kobayashi's name as her husband's acquaintance was not the first thing she heard.

彼女には二三度その人と口を利いた記憶があった。

She had a memory that she spoke with a few times.

しかし彼女はあまり彼を好いていなかった。

But she didn't like him much.

彼が夫からはなはだ軽く見られているという事もよく呑み込んでいた。

He often swallowed him from being seen lightly by his husband.

「何しに来たんだろう」

"Why did you come?"

 こんなぞんざいな言葉さえ、つい口先へ出そうになった彼女は、それでも尋常な調子で、お時に訊き返した。

彼女 She was almost ready to put out such a terrible word, but she still asked her at an unusual condition.

「何か御用でもおありだったの」

"It was something you wanted."

「ええあの外套を取りにいらっしゃいました」

"Yes, I came to get that cloak."

 夫から何にも聞かされていないお延に、この言葉はまるで通じなかった。

延 The word never passed, no matter what my husband told me.

「外套?

"mantle?

 誰の外套?」

Which coat? "

 周密なお延はいろいろな問をお時にかけて、小林の意味を知ろうとした。

Shinnobu Nobu asked various questions and tried to understand the meaning of Kobayashi.

けれどもそれは全くの徒労であった。

But it was a complete feat.

お延が訊けば訊くほど、お時が答えれば答えるほど、二人は迷宮に入るだけであった。

The more they asked, the more time they answered, the more they entered the labyrinth.

しまいに自分達より小林の方が変だという事に気のついた二人は、声を出して笑った。

Finally, they realized that Kobayashi was weirder than themselves, and laughed aloud.

津田の時々使うノンセンスと云う英語がお延の記憶に蘇生えった。

Tsuda's English, a nonsense he sometimes used, revived in Nobuno's memory.

「小林とノンセンス」こう結びつけて考えると、お延はたまらなくおかしくなった。

Thinking of "Kobayashi and nonsense" in this way, Nobun became irresistible.

発作のように込み上げてくる滑稽感に遠慮なく自己を託した彼女は、電車の中から持ち越して帰って来た、気がかりな宿題を、しばらく忘れていた。

She committed herself to the humorous sensation that came up like a seizure, and for a while forgotten her disturbing homework she came back from the train.

七十八

Seventy-eight

 お延はその晩京都にいる自分の両親へ宛てて手紙を書いた。

延 Nobu wrote a letter to his parents in Kyoto that evening.

一昨日も昨日も書きかけて止めにしたその音信を、今日は是非とも片づけてしまわなければならないと思い立った彼女の頭の中には、けっして両親の事ばかり働いているのではなかった。

Her message, which she wrote down yesterday and yesterday, stopped, and she thought she had to get rid of it today.

 彼女は落ちつけなかった。

She didn't calm down.

不安から逃れようとする彼女には注意を一つ所に集める必要があった。

She needed to get her attention in one place, trying to escape her anxiety.

先刻からの疑問を解決したいという切な希望もあった。

There was also a keen hope to resolve the questions from the very beginning.

要するに京都へ手紙を書けば、ざわざわしがちな自分の心持を纏めて見る事ができそうに思えたのである。

In short, writing a letter to Kyoto seemed to make it easier to see the minds of one's own mind.

 筆を取り上げた彼女は、例の通り時候の挨拶から始めて、無沙汰の申し訳までを器械的に書き了った後で、しばらく考えた。

She picked up the brush and, as usual, started with a greeting from the weather, and after thinking mechanically through the excuse for silence, thought for a while.

京都へ何か書いてやる以上は、是非とも自分と津田との消息を的におかなければならなかった。

As long as I wrote something to Kyoto, I had to keep myself and Tsuda informed.

それはどの親も新婚の娘から聞きたがる事項であった。

That was something all parents wanted to hear from their newlywed daughter.

どの娘もまた生家の父母に知らせなくってはすまない事項であった。

Every daughter had to let his parents know.

それを差し措いて里へ手紙をやる必要はほとんどあるまいとまで平生から信じていたお延は、筆を持ったまま、目下自分と津田との間柄は、はたしてどんなところにどういう風に関係しているかを考えなければならなかった。

He believed from Hirao that there was almost no need to send a letter to the village with that in mind. I had to think about what.