文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(3758-3826)/11494

眼が一秒で十年以上の手柄をするのは、その時に限るのよ。

It is only then that the eye makes a hand for more than a decade in a second.

しかもそんな場合は誰だって生涯にそうたんとありゃしないわ。

And in that case no one will ever have a lifetime.

ことによると生涯に一返も来ないですんでしまうかも分らないわ。

I don't know if it's going to last a lifetime.

だからあたしなんかの眼はまあ盲目同然よ。

So my eyes are like blind.

少なくとも平生は」

At least he's not. "

「だって延子さんはそういう明るい眼をちゃんと持っていらっしゃるんじゃないの。

"Because Nobuko does not have such bright eyes properly.

そんならなぜそれをあたしの場合に使って下さらなかったの」

Why did you use it in my case and never let it go? ''

「使わないんじゃない、使えないのよ」

"I don't use it, I can't use it."

「だって岡目八目って云うじゃありませんか。

"I guess it's Okame Hachime.

傍にいるあなたには、あたしより余計公平に分るはずだわ」

You will be fairer than I am. ''

「じゃ継子さんは岡目八目で生涯の運命をきめてしまう気なの」

"I'm going to decide my life's destiny in Yasume Okame."

「そうじゃないけれども、参考にゃなるでしょう。

"It's not, but it would be helpful.

ことに延子さんを信用しているあたしには」

I especially trust Nobuko-san. ''

 お延はまたしばらく黙っていた。

延 Nobun was silent for a while.

それから少し前よりは改った態度で口を利き出した。

He spoke a little differently than before.

「継子さん、あたし今あなたにお話ししたでしょう、あたしは幸福だって」

"Mr. Stepiko, I've told you now, I'm happy."

「ええ」

"Yes"

「なぜあたしが幸福だかあなた知ってて」

"Know you why I'm happy"

 お延はそこで句切をおいた。

延 Nobun put a break there.

そうして継子の何かいう前に、すぐ後を継ぎ足した。

So before the stepchild, I added just after.

「あたしが幸福なのは、ほかに何にも意味はないのよ。

"I don't mean anything else that makes me happy.

ただ自分の眼で自分の夫を択ぶ事ができたからよ。

Just because I was able to choose my husband with my own eyes.

岡目八目でお嫁に行かなかったからよ。

I didn't go to the bride in Okame Yame.

解って」

Understand "

 継子は心細そうな顔をした。

Mitsuko looked heartless.

「じゃあたしのようなものは、とても幸福になる望はないのね」

"So I don't want to be very happy with something like me."

 お延は何とか云わなければならなかった。

Ono had to say something.

しかしすぐは何とも云えなかった。

But I couldn't say anything immediately.

しまいに突然興奮したらしい急な調子が思わず彼女の口から迸しり出した。

Finally, suddenly, suddenly, a sudden tone seemed to be excited, and she suddenly burst out of her mouth.

「あるのよ、あるのよ。

"There is, there is.

ただ愛するのよ、そうして愛させるのよ。

Just love, let me love you.

そうさえすれば幸福になる見込はいくらでもあるのよ」

There's a lot to be happy with that. ''

 こう云ったお延の頭の中には、自分の相手としての津田ばかりが鮮明に動いた。

延 In his head, only Tsuda as his opponent moved clearly.

彼女は継子に話しかけながら、ほとんど三好の影さえ思い浮べなかった。

As she talked to her stepchild, she could hardly even imagine the shadow of Miyoshi.

幸いそれを自分のためとのみ解釈した継子は、真ともにお延の調子を受けるほど感激しなかった。

Fortunately, the stepchild who interpreted it only for himself was not so impressed as to be able to get the tone of Nobun.

「誰を」と云った彼女は少し呆れたようにお延の顔を見た。

She said "Who" and looked at Nobu's face as if she was a little amazed.

「昨夕お目にかかったあの方の事?」

"Is that person you saw last night?"

「誰でも構わないのよ。

"Anyone is fine.

ただ自分でこうと思い込んだ人を愛するのよ。

I just love those who think this way.

そうして是非その人に自分を愛させるのよ」

And by all means let that person love you. ''

 平生|包み蔵しているお延の利かない気性が、しだいに鋒鋩を露わして来た。

平生 | The irresistible temper of wrapping is gradually exposing the point.

おとなしい継子はそのたびに少しずつ後へ退った。

The quiet stepchild retreated a little bit each time.

しまいに近寄りにくい二人の間の距離を悟った時、彼女は微かな溜息さえ吐いた。

When she realized the distance between the two, which was hard to approach, she sighed even a slight sigh.

するとお延が忽然また調子を張り上げた。

Then, Nobun suddenly got better.

「あなたあたしの云う事を疑っていらっしゃるの。

"You are suspicious of me.

本当よ。

Really.

あたし嘘なんか吐いちゃいないわ。

I don't lie.

本当よ。

Really.

本当にあたし幸福なのよ。

I'm really happy.

解ったでしょう」

I understand. "

 こう云って絶対に継子を首肯わせた彼女は、後からまた独り言のように付け足した。

彼女 She never let go of her stepchild, and she added herself later as if she were alone.

「誰だってそうよ。

"Everybody is so.

たとい今その人が幸福でないにしたところで、その人の料簡一つで、未来は幸福になれるのよ。

Even if he is not happy now, the future can be happy with one of his charges.

きっとなれるのよ。

I can be sure.

きっとなって見せるのよ。

I'll show you sure.

ねえ継子さん、そうでしょう」

Hey step child, right? "

 お延の腹の中を知らない継子は、この予言をただ漠然と自分の身の上に応用して考えなければならなかった。

継 The stepchild who did not know the inside of Onno's belly had to apply this prophecy simply vaguely to himself.

しかしいくら考えてもその意味はほとんど解らなかった。

However, no matter what I thought, I could hardly understand the meaning.

七十三

Seventy-three

 その時廊下伝いに聞こえた忙がしい足音の主ががらりと室の入口を開けた。

時 At that time, the busy footsteps heard along the corridor opened the entrance to the room.

そうして学校から帰った百合子が、遠慮なくつかつか入って来た。

Then Yuriko came back from school and came back without hesitation.

彼女は重そうに肩から釣るした袋を取って、自分の机の上に置きながら、ただ一口「ただいま」と云って姉に挨拶した。

She grabbed a heavy bag from her shoulder, laid it on her desk, and greeted her sister, saying, "I'm here."

 彼女の机を据えた場所は、ちょうどもとお延の坐っていた右手の隅であった。

場所 The place where she set up her desk was in the corner of her right hand, where she was sitting.

お延が津田へ片づくや否や、すぐその後へ入る事のできた彼女は、従姉のいなくなったのを、自分にとって大変な好都合のように喜こんだ。

As soon as Nobu went to Tsuda, she was able to enter shortly thereafter, and she was pleased that her cousin was gone, as a great convenience to her.

お延はそれを知ってるので、わざと言葉をかけた。

Nobun knew it, so he spoke on purpose.

「百合子さん、あたしまたお邪魔に上りましたよ。

"Yuriko-san, I was in the way again.

よくって」

Good. "

 百合子は「よくいらっしゃいました」とも云わなかった。

Yuriko didn't say, "I'm here."

机の角へ右の足を載せて、少し穴の開きそうになった黒い靴足袋の親指の先を、手で撫でていたが、足を畳の上へおろすと共に答えた。

He put his right foot on the corner of the desk and stroked the tip of the thumb of the black shoe tabi, which was about to pierce, with his hand.