文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(3199-3247)/11494

同時に敏感な彼女は、叔父の方でもまた彼女に打ち明けたくって、しかも打ち明けられない、津田に対する、自分のと同程度ぐらいなある秘密をもっているという事をよく承知していた。

At the same time, she was sensitive and knew well that her uncle had a secret about Tsuda that she wanted to tell her, but couldn't.

有体に見透した叔父の腹の中を、お延に云わせると、彼はけっして彼女に大切な夫としての津田を好いていなかったのである。

In his uncle's stomach, which he could see tangibly, he couldn't like Tsuda as her precious husband.

それが二人の間に横わる気質の相違から来る事は、たとい二人を比較して見た上でなくても、あまり想像に困難のかからない仮定であった。

What comes from the disparity in temperament lying between them was an assumption that would not be too difficult to imagine, even if the two were not compared.

少くとも結婚後のお延はじきそこに気がついた。

At least after the marriage, I noticed it.

しかし彼女はまだその上に材料をもっていた。

But she still had material on it.

粗放のようで一面に緻密な、無頓着のようで同時に鋭敏な、口先は冷淡でも腹の中には親切気のあるこの叔父は、最初会見の当時から、すでに直観的に津田を嫌っていたらしかった。

This uncle, who was loose and dense on one side, careless and sharp at the same time, cold-mouthed and kind in his belly, had instinctively hated Tsuda since the first interview.

「お前はああいう人が好きなのかね」と訊かれた裏側に、「じゃおれのようなものは嫌だったんだね」という言葉が、ともに響いたらしく感じた時、お延は思わずはっとした。

When asked, "Do you like that kind of person?", And when the words "I didn't like something like that" seemed to resonate with you, Nobun was surprised.

しかし「叔父さんの御意見は」とこっちから問い返した時の彼は、もうその気下味い関を通り越していた。

However, when he asked from me, "What is your uncle's opinion?", He had already passed that sullen Seki.

「おいでよ、お前さえ行く気なら、誰にも遠慮は要らないから」と親切に云ってくれた。

"Come on, if you're going to go, don't worry about anyone," he said kindly.

 お延の材料はまだ一つ残っていた。

延 One of the ingredients was still left.

自分に対して何にも云わなかった叔父の、津田に関するもっと露骨な批評を、彼女は叔母の口を通して聞く事ができたのである。

She was able to hear through her uncle's mouth a more explicit criticism of her uncle who spoke nothing about her.

「あの男は日本中の女がみんな自分に惚れなくっちゃならないような顔つきをしているじゃないか」

"Isn't that guy looking like every woman in Japan would have to fall in love with her?"

 不思議にもこの言葉はお延にとって意外でも何でもなかった。

Curiously, this word was nothing surprising to Onobu.

彼女には自分が津田を精一杯愛し得るという信念があった。

She had the belief that she could love Tsuda as hard as she could.

同時に、津田から精一杯愛され得るという期待も安心もあった。

At the same time, there was hope and security that Tsuda could love her as much as possible.

また叔父の例の悪口が始まったという気が何より先に起ったので、彼女は声を出して笑った。

She laughed aloud as the uncle's example of rumors began earlier than anything else.

そうして、この悪口はつまり嫉妬から来たのだと一人腹の中で解釈して得意になった。

Then, he was good at interpreting in his own guilt that this bad word came from jealousy.

叔母も「自分の若い時の己惚は、もう忘れているんだからね」と云って、彼女に相槌を打ってくれた。

Her aunt told her, "I have forgotten my younger self-love."

……

......

 叔父の前に坐ったお延は自分の後にあるこんな過去を憶い出さない訳に行かなかった。

Nobu, sitting in front of his uncle, couldn't help remembering the past behind him.

すると「厳格」な津田の妻として、自分が向くとか向かないとかいう下らない彼の笑談のうちに、何か真面目な意味があるのではなかろうかという気さえ起った。

Then, as Tsuda's "rigorous" wife, he even wondered if there was something serious in his laughter that he would or might not.

「おれの云った通りじゃないかね。

"Isn't that exactly what I said?

なければ仕合せだ。

If not, it is a match.

しかし万一何かあるなら、また今ないにしたところで、これから先ひょっと出て来たなら遠慮なく打ち明けなけりゃいけないよ」

But if there is something, I haven't done it again, and if I come out shortly, I have to feel free to confide. ''

 お延は叔父の眼の中に、こうした慈愛の言葉さえ読んだ。

延 Nobu even read these words of charity in his uncle's eyes.

六十三

Sixty-three

 感傷的の気分を笑に紛らした彼女は、その苦痛から逃れるために、すぐ自分の持って来た話題を叔父叔母の前に切り出した。

ら She was sentimental and laughed, and she escaped from the pain and immediately cut out the topic she had brought before her aunt.

「昨日の事は全体どういう意味なの」

"What does yesterday mean as a whole?"

 彼女は約束通り叔父に説明を求めなければならなかった。

She had to ask her uncle for an explanation as promised.

すると返答を与えるはずの叔父がかえって彼女に反問した。

The uncle, who should have responded, turned her back.

「お前はどう思う」

"What do you think?"

 特に「お前」という言葉に力を入れた叔父は、お延の腹でも読むような眼遣いをして彼女をじっと見た。

-Uncle, especially focusing on the word "you," stared at her with a look that she could read even on Enno's belly.

「解らないわ。

"I don't know.

藪から棒にそんな事|訊いたって。

From a bush to a stick |

ねえ叔母さん」

Hey aunt "

 叔母はにやりと笑った。

My aunt laughed.

「叔父さんはね、あたしのようなうっかりものには解らないが、お延にならきっと解る。

"My uncle doesn't know anything like me, but I'll understand.

あいつは貴様より気が利いてるからっておっしゃるんだよ」

You say he's more attentive than you. ''

 お延は苦笑するよりほかに仕方なかった。

延 Nobu had no choice but to smile.

彼女の頭には無論|朧気ながらある臆測があった。

Of course, in her head there was some speculation that was vague.

けれども強いられないのに、悧巧ぶってそれを口外するほど、彼女の教育は蓮葉でなかった。

However, her education was not lotus-leaning, so that he could not be compelled to speak it out.

「あたしにだって解りっこないわ」

"I don't understand."

「まああてて御覧。

"See you.

たいてい見当はつくだろう」

Most of the time you will get the idea. ''

 どうしてもお延の方から先に何か云わせようとする叔父の気色を見て取った彼女は、二三度押問答の末、とうとう推察の通りを云った。

延 When she saw the uncle's temptation to try to get something out of her, she answered a couple of times, and finally said what she had guessed.

「見合じゃなくって」

"Not right?"

「どうして。

"why.

――お前にはそう見えるかね」

-Do you see that? "

 お延の推測を首肯う前に、彼女の叔父から受けた反問がそれからそれへと続いた。

う Before confirming Ono's guess, a question from her uncle followed.