文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(2223-2286)/11494

 津田は再び訊いた。

Takatsuda asked again.

「今から宅へ帰ったって仕方がないだろう」

"I can't help coming home now."

「ええ」

"Yes"

「じゃここで洋食でも取って貰って食ったらいいじゃないか」

"I wish I could get some Western food here and eat it."

「ええ」

"Yes"

 お延の返事はいつまで経っても捗々しくなかった。

延 Nobun's reply wasn't progressing forever.

看護婦はとうとう下へ降りて行った。

The nurse finally got down.

津田は疲れた人が光線の刺戟を避けるような気分で眼をねむった。

Tsuda stared at his eyes as if the tired person avoided the stimulation of light rays.

するとお延が頭の上で、「あなた、あなた」というので、また眼を開かなければならなかった。

Then she said, "You, you," on her head, so she had to open her eyes again.

「心持が悪いの?」

"Do you feel unwell?"

「いいや」

"No"

 念を押したお延はすぐ後を云った。

延 Nobun, who pressed his remembrance, said immediately afterwards.

「岡本でよろしくって。

"Thank you in Okamoto.

いずれそのうち御見舞に上りますからって」

I'm going to see you soon. "

「そうか」

"Really"

 津田は軽い返事をしたなり、また眼をつぶろうとした。

Tsuda responded lightly and tried to close his eyes again.

するとお延がそうさせなかった。

Then he didn't let him.

「あの岡本でね、今日是非芝居へいっしょに来いって云うんですが、行っちゃいけなくって」

"In Okamoto, I would definitely come to the play today, but I have to go."

 気のよく廻る津田の頭に、今朝からのお延の所作が一度に閃めいた。

津 At the head of Tsuda, who is circulating well, the actions of Nobu from this morning flashed at once.

病院へ随いて来るにしては派出過ぎる彼女の衣裳といい、出る前に日曜だと断った彼女の注意といい、ここへ来てから、そわそわして岡本へ電話をかけた彼女の態度といい、ことごとく芝居の二字に向って注ぎ込まれているようにも取れた。

It is her costume that is too much to come to the hospital, her attention that she refused to say Sunday before she left, her attitude that she was fidgeting to call Okamoto after coming here Everything seemed to be poured into the two characters of the play.

そういう眼で見ると、手術の時間を精密に計った彼女の動機さえ疑惑の種にならないではすまなかった。

In such an eye, even her motive, which precisely timed her surgery, had to be a source of suspicion.

津田は黙って横を向いた。

Tsuda turned silently.

床の間の上に取り揃えて積み重ねてある、封筒だの書翰用紙だの鋏だの書物だのが彼の眼についた。

Envelopes, paper, scissors, and books, stacked and stacked on the floor, came to his eyes.

それは先刻鞄へ入れて彼がここへ持って来たものであった。

It was the one he brought here in his bag earlier.

「看護婦に小さい机を借りて、その上へ載せようと思ったんですけれども、まだ持って来てくれないから、しばらくの間、ああしておいたのよ。

"I wanted to borrow a small desk from a nurse and put it on top of it, but I didn't bring it yet, so I kept it for a while.

本でも御覧になって」

See also in books "

 お延はすぐ立って床の間から書物をおろした。

延 Nobun stood immediately and lowered the book from between the floors.

四十四

XLIV

 津田は書物に手を触れなかった。

Tsuda did not touch the book.

「岡本へは断ったんじゃないのか」

"Aren't you refusing to Okamoto?"

 不審よりも不平な顔をした彼が、向を変えて寝返りを打った時に、堅固にできていない二階の床が、彼の意を迎えるように、ずしんと鳴った。

彼 When he turned around and turned around with a more grievous face than a suspicious face, the unsteady upstairs floor slammed to welcome him.

「断ったのよ」

"I refused."

「断ったのに是非来いっていうのかね」

"I guess you should come by all means if you refuse."

 この時津田は始めてお延の顔を見た。

時 Tokitsuda first saw Nobu's face.

けれどもそこには彼の予期した何物も現われて来なかった。

But there was nothing he expected.

彼女はかえって微笑した。

She smiled instead.

「断ったのに是非来いっていうのよ」

"I'm gonna come if you refuse."

「しかし……」

"However……"

 彼はちょっと行きつまった。

He's a bit dead.

彼の胸には云うべき事がまだ残っているのに、彼の頭は自分の思わく通り迅速に働らいてくれなかった。

His head did not work as quickly as he thought, although there was still something to say in his chest.

「しかし――断ったのに是非来いなんていうはずがないじゃないか」

"But-I refused, but I can't stop coming."

「それを云うのよ。

"I say that.

岡本もよっぽどの没分暁漢ね」

Okamoto, too.

 津田は黙ってしまった。

Tsuda is silent.

何といって彼女を追究していいか見当がつかなかった。

I had no idea what to pursue her.

「あなたまだ何かあたしを疑ぐっていらっしゃるの。

"You are still doubting me.

あたし厭だわ、あなたからそんなに疑ぐられちゃ」

I'm sorry, you're so suspicious. ''

 彼女の眉がさもさも厭そうに動いた。

She moved her eyebrows all the time.

「疑ぐりゃしないが、何だか変だからさ」

"I don't doubt, but it's strange"

「そう。

"so.

じゃその変なところを云ってちょうだいな、いくらでも説明するから」

Let's say that weird thing, I'll explain as much as I can. ''

 不幸にして津田にはその変なところが明暸に云えなかった。

Unfortunately, Tsuda could not clearly understand the strange point.

「やっぱり疑ぐっていらっしゃるのね」

"You are suspicious after all."

 津田ははっきり疑っていないと云わなければ、何だか夫として自分の品格に関わるような気がした。

Tsuda felt like he had something to do with his dignity unless he had no doubt.

と云って、女から甘く見られるのも、彼にとって少なからざる苦痛であった。

However, being seen sweetly by the woman was a considerable pain for him.

二つの我が我を張り合って、彼の心のうちで闘う間、よそ目に見える彼は、比較的冷静であった。

He was relatively calm while visible and struggling in his mind with two of my self.

「ああ」

"Oh"

 お延は微かな溜息を洩らしてそっと立ち上った。

Ono gently sighed and gently rose.

いったん閉て切った障子をまた開けて、南向の縁側へ出た彼女は、手摺の上へ手を置いて、高く澄んだ秋の空をぼんやり眺めた。

Once she closed and opened the shoji, she came out on the southern flank and laid her hand on the handrail and stared at the clear, clear autumn sky.

隣の洗濯屋の物干に隙間なく吊されたワイ襯衣だのシーツだのが、先刻見た時と同じように、強い日光を浴びながら、乾いた風に揺れていた。

The sheets of clothes, which were hung on the clothesline of the next laundry without gaps, were swaying in the dry wind while being exposed to strong sunlight, just as I saw earlier.

「好いお天気だ事」

"Good weather"

 お延が小さな声で独りごとのようにこう云った時、それを耳にした津田は、突然|籠の中にいる小鳥の訴えを聞かされたような心持がした。

When he talked like a solitary man in a small voice, Tsuda heard that and suddenly felt as if he had been heard of the birds in the basket.

弱い女を自分の傍に縛りつけておくのが少し可哀相になった。

It was a little pitiful to keep a weak woman tied beside me.

彼はお延に言葉をかけようとして、接穂のないのに困った。

He was troubled because he had no ears, trying to give his words.