文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(2158-2222)/11494

 医者の質問には充分の自信があった。

あ っ た I was confident in the doctor's question.

津田は天井を見ながら答えた。

Tsuda answered while looking at the ceiling.

「痛かありません。

"It doesn't hurt.

しかし重い感じだけはあります」

But it just feels heavy. ''

 その重い感じというのを、どう云い現わしていいか、彼には適当な言葉がなかった。

か He didn't have the right words to explain the heavy feeling.

無神経な地面が人間の手で掘り割られる時、ひょっとしたらこんな感じを起しはしまいかという空想が、ひょっくり彼の頭の中に浮かんだ。

When the insensitive ground was sunk by human hands, the fantasy of the possibility of causing such a feeling floated in his head.

「どうも妙な感じです。

"It feels strange.

説明のできないような」

I can't explain it. "

「そうですか。

"Is that so.

我慢できますか」

Can you stand it? "

 途中で脳貧血でも起されては困ると思ったらしい医者の言葉つきが、何でもない彼をかえって不安にした。

医 者 The doctor's words seemed to be harmful to have cerebral anemia on the way, but he was anxious about him who was nothing.

こういう場合予防のために葡萄酒などを飲まされるものかどうか彼は全く知らなかったが、何しろ特別の手当を受ける事は厭であった。

He never knew if he would drink wine or something else in such cases, but he was reluctant to receive any special treatment.

「大丈夫です」

"It's okay"

「そうですか。

"Is that so.

もう直です」

I'm right now. "

 こういう会話を患者と取り換わせながら、間断なく手を働らかせている医者の態度には、熟練からのみ来る手際が閃めいていそうに思われた。

医 者 The attitude of the doctor, who constantly works while exchanging these conversations with the patient, seemed to be flashing the skill coming only from the expert.

けれども手術は彼の言葉通りそう早くは片づかなかった。

But the surgery did not go as quickly as he said.

 切物の皿に当って鳴る音が時々した。

音 I sometimes heard the sound of hitting the cut dish.

鋏で肉をじょきじょき切るような響きが、強く誇張されて鼓膜を威嚇した。

The sound of scissors cutting the meat was strongly exaggerated and threatened the eardrum.

津田はそのたびにガーゼで拭き取られなければならない赤い血潮の色を、想像の眼で腥さそうに眺めた。

Tsuda looked at the color of the red blood, which had to be wiped off with gauze each time, as if to a pigeon with imagined eyes.

じっと寝かされている彼の神経はじっとしているのが苦になるほど緊張して来た。

His nervous nervousness became so tense that it was hard to stay still.

むず痒い虫のようなものが、彼の身体を不安にするために、気味悪く血管の中を這い廻った。

Something like a pruritus crawled creepyly through the blood vessels to make his body anxious.

 彼は大きな眼を開いて天井を見た。

He opened his eyes and looked at the ceiling.

その天井の上には綺麗に着飾ったお延がいた。

On the ceiling was a beautifully dressed Nobori.

そのお延が今何を考えているか、何をしているか、彼にはまるで分らなかった。

He had no idea what he was thinking or doing.

彼は下から大きな声を出して、彼女を呼んで見たくなった。

He shouted from below and wanted to call her and see.

すると足の方で医者の声がした。

Then the doctor's voice came to my feet.

「やっと済みました」

"Finally done"

 むやみにガーゼを詰め込まれる、こそばゆい感じのした後で、医者はまた云った。

医 者 After feeling uncomfortable, stuffed with gauze, the doctor said again.

「瘢痕が案外堅いんで、出血の恐れがありますから、当分じっとしていて下さい」

"Since the scars are surprisingly hard and you may bleed, please stay still."

 最後の注意と共に、津田はようやく手術台から下ろされた。

と 共 に With his last attention, Tsuda was finally dropped from the operating table.

四十三

Fourty three

 診察室を出るとき、後から随いて来た看護婦が彼に訊いた。

を When leaving the examination room, a nurse who came with me asked him.

「いかがです。

"How about.

気分のお悪いような事はございませんか」

Do you feel sick? ''

「いいえ。

"No.

――蒼い顔でもしているかね」

-Do you have a blue face? "

 自分自身に多少|懸念のあった津田はこう云って訊き返さなければならなかった。

多少 Somewhat to myself Tsuda, who had concerns, had to ask her this way.

 創口にできるだけ多くのガーゼを詰め込まれた彼の感じは、他が想像する倍以上に重苦しいものであった。

感 じ His feeling that the wound was packed with as much gauze as possible was more severe than others could imagine.

彼は仕方なしにのそのそ歩いた。

He walked without help.

それでも階子段を上る時には、割かれた肉とガーゼとが擦れ合ってざらざらするような心持がした。

Still, when I went up the floor, I felt like the cracked meat and gauze rubbed against each other.

 お延は階段の上に立っていた。

延 Nobun stood on the stairs.

津田の顔を見ると、すぐ上から声を掛けた。

When I saw Tsuda's face, she called out from above.

「済んだの?

"Is it done?

 どうして?」

why? "

 津田ははっきりした返事も与えずに室の中に這入った。

Tsuda crawled into the room without giving a clear answer.

そこには彼の予期通り、白いシーツに裹まれた蒲団が、彼の安臥を待つべく長々と延べてあった。

There, as expected, was a long brim of white sheets lined up waiting for him to rest.

羽織を脱ぎ捨てるが早いか、彼はすぐその上へ横になった。

It was early to drop off the haori, or he immediately laid on it.

鼠地のネルを重ねた銘仙の褞袍を後から着せるつもりで、両手で襟の所を持ち上げたお延は、拍子抜けのした苦笑と共に、またそれを袖畳みにして床の裾の方に置いた。

Nobu lifted the collar with both hands, with the intention of putting on a mesen-sen's kimono with rattan flannel, and put it on the floor hem, with a bitter smile and folds of sleeves. .

「お薬はいただかなくっていいの」

"I don't need any medicine"

 彼女は傍にいる看護婦の方を向いて訊いた。

She turned to the nurse next to her and asked.

「別に内用のお薬は召し上らないでも差支えないのでございます。

"I don't mind if you don't have any internal medicine.

お食事の方はただいま拵えてこちらから持って参ります」

Meals are prepared now and brought from here. "

 看護婦は立ちかけた。

The nurse stood up.

黙って寝ていた津田は急に口を開いた。

Tsuda, who was sleeping silently, suddenly opened his mouth.

「お延、お前何か食うなら看護婦さんに頼んだらいいだろう」

"Nobu, you should ask a nurse if you want to eat something."

「そうね」

"Yes"

 お延は躊躇した。

延 Ono hesitated.

「あたしどうしようかしら」

"What should I do?"

「だって、もう昼過だろう」

"Because it's already afternoon."

「ええ。

"Yes.

十二時二十分よ。

Twelve and twenty minutes.

あなたの手術はちょうど二十八分かかったのね」

Your surgery took just 28 minutes. "

 時計の葢を開けたお延は、それを眺めながら精密な時間を云った。

延 Opening the watch's tongue, he said precise time while watching it.

津田が手術台の上で俎へ乗せられた魚のように、おとなしく我慢している間、お延はまた彼の見つめなければならなかった天井の上で、時計と睨めっ競でもするように、手術の時間を計っていたのである。

While Tsuda was quietly patient, like a fish caught on the operating table, Ono also competed with his watch on the ceiling, where he had to stare, He had timed for the surgery.