文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(2098-2157)/11494

津田も訊かなかった。

Tsuda did not ask.

 看護婦がまた階子段の上へ顔を出した。

The nurse again appeared on the upper stage.

「支度ができましたからどうぞ」

"Please prepare now."

 津田はすぐ立ち上った。

Tsuda got up immediately.

お延も同時に立ち上ろうとした。

Nobun tried to stand up at the same time.

「お前はそこに待っといでと云うのに」

"You're going to wait there."

「診察室へ行くんじゃないのよ。

"I'm not going to the consultation room.

ちょっとここの電話を借りるのよ」

I'll just borrow the phone here. ''

「どこかへ用があるのかね」

"Is there any need for it?"

「用じゃないけど、――ちょっとお秀さんの所へあなたの事を知らせておこうと思って」

"It's not for me, but I'm going to let you know a little about you."

 同じ区内にある津田の妹の家はそこからあまり遠くはなかった。

津 The house of Tsuda's sister in the same ward was not too far away.

今度の病気について妹の事をあまり頭の中に入れていなかった津田は、立とうとするお延を留めた。

Tsuda, who hadn't kept her sister in mind about her upcoming illness, stopped her trying to stand up.

「いいよ、知らせないでも。

"Yes, even if you don't let me know.

お秀なんかに知らせるのはあんまり仰山過ぎるよ。

It's too much to tell excellence.

それにあいつが来るとやかましくっていけないからね」

And when he comes, I can't be loud. ''

 年は下でも、性質の違うこの妹は、津田から見たある意味の苦手であった。

Even at the age of 下, this younger sister, whose nature is different, was a weak point in Tsuda's sense.

 お延は中腰のまま答えた。

延 Nobori answered while standing still.

「でも後でまた何か云われると、あたしが困るわ」

"But if I say something again later, I'm in trouble."

 強いてとめる理由も見出し得なかった津田は仕方なしに云った。

津 Tsuda, who couldn't find any reason to stop, said without help.

「かけても構わないが、何も今に限った事はないだろう。

"I don't mind, but I've probably never done anything.

あいつは近所だから、きっとすぐ来るよ。

Because he's a neighborhood, he'll be coming soon.

手術をしたばかりで、神経が過敏になってるところへもって来て、兄さんが何とかで、お父さんがかんとかだと云われるのは実際楽じゃないからね」

It's not really easy to come to a place where I've just had surgery and my nerves are irritable, and my brother somehow manages to say that my dad is sick. ''

 お延は微かな声で階下を憚かるような笑い方をした。

延 Nobu laughed with a faint voice down the downstairs.

しかし彼女の露わした白い歯は、気の毒だという同情よりも、滑稽だという単純な感じを明らかに夫に物語っていた。

However, her white teeth revealed her husband's simple feeling of humor rather than compassion.

「じゃお秀さんへかけるのは止すから」

"I'll stop calling to Mr. Hideo"

 こう云ったお延は、とうとう津田といっしょに立ち上った。

お These Nobo finally got up with Tsuda.

「まだほかにかける所があるのかい」

"Is there still another place to call?"

「ええ岡本へかけるのよ。

"Yes, I'm going to Okamoto.

午までにかけるって約束があるんだから、いいでしょう、かけても」

It's okay because I have a promise to go by noon. ''

 前後して階子段を下りた二人は、そこで別々になった。

二 The two people who went down the floor before and after became separated there.

一人が電話口の前に立った時、一人は診察室の椅子へ腰をおろした。

When one of them stood in front of the telephone door, one sat down on the chair in the consultation room.

四十二

Fourty-two

「リチネはお飲みでしたろうね」

"Ritine would have been drinking."

 医者は糊の強い洗い立ての白い手術着をごわごわさせながら津田に訊いた。

The doctor asked Tsuda while he was terrified of the white surgical gown with strong glue.

「飲みましたが思ったほど効目がないようでした」

"I swallowed it but it didn't seem as effective"

 昨日の津田にはリチネの効目を気にするだけの暇さえなかった。

津 Yesterday Tsuda didn't even have time to worry about the effects of ritine.

それからそれへと忙がしく心を使わせられた彼がこの下剤から受けた影響は、ほとんど精神的に零であったのみならず、生理的にも案外微弱であった。

Then he was busy and busy, and the effect of this laxative was not only almost mentally negligible but also physiologically weak.

「じゃもう一度|浣腸しましょう」

"Now again | Let's enema"

 浣腸の結果も充分でなかった。

結果 The result of the enema was not enough.

 津田はそれなり手術台に上って仰向に寝た。

Tsuda went up to the operating table and slept on her back.

冷たい防水布がじかに皮膚に触れた時、彼は思わず冷りとした。

When the cold tarp touched the skin directly, he involuntarily got cold.

堅い括り枕に着けた彼の頭とは反対の方角からばかり光線が差し込むので、彼の眼は明りに向って寝る人のように、少しも落ちつけなかった。

His rays fell only in the direction opposite to his head on a tight pillow, so his eyes did not rest in any way, like a man sleeping on the lights.

彼は何度も瞬きをして、何度も天井を見直した。

He blinked over and over and overhauled the ceiling many times.

すると看護婦が手術の器械を入れたニッケル製の四角な浅い盆みたようなものを持って彼の横を通ったので、白い金属性の光がちらちらと動いた。

The nurse walked by his side, holding a square, shallow tray made of nickel containing surgical instruments, and the white metallic light flickered.

仰向けに寝ている彼には、それが自分の眼を掠めて通り過ぎるとしか思われなかった。

He, lying on his back, only thought it would pass his eyes.

見てならない気味の悪いものを、ことさらに偸み見たのだという心持がなおのこと募った。

The feeling that he had seen the creepy things that he should not see was even more solicited.

その時表の方で鳴る電話のベルが突然彼の耳に響いた。

A phone bell ringing on the front then suddenly sounded in his ear.

彼は今まで忘れていたお延の事を急に思い出した。

He suddenly recalled the things that he had forgotten.

彼女の岡本へかけた用事がやっと済んだ時に、彼の療治はようやく始まったのである。

His remedy had finally begun when her business to Okamoto was finally completed.

「コカインだけでやります。

"I'll do just cocaine.

なに大して痛い事はないでしょう。

It won't hurt anything.

もし注射が駄目だったら、奥の方へ薬を吹き込みながら進んで行くつもりです。

If the injection is not good, I will continue to inject medicine toward the back.

それで多分できそうですから」

I guess it will be possible. ''

 局部を消毒しながらこんな事を云う医者の言葉を、津田は恐ろしいようなまた何でもないような一種の心持で聴いた。

消 Tsuda heard a doctor's words saying this while disinfecting the local area with a kind of feeling that was terrifying and nothing.

 局部魔睡は都合よく行った。

魔 Local magical sleep went well.

まじまじと天井を眺めている彼は、ほとんど自分の腰から下に、どんな大事件が起っているか知らなかった。

Seriously looking at the ceiling, he barely knew what was happening below his waist.

ただ時々自分の肉体の一部に、遠い所で誰かが圧迫を加えているような気がするだけであった。

Sometimes I just felt like someone was putting pressure on a part of my body in a distant place.

鈍い抵抗がそこに感ぜられた。

Dull resistance was felt there.

「どんなです。

"What is it?

痛かないでしょう」

It won't hurt. "