文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(1859-1921)/11494

昼は耳につかない一種の音を立てて電車が遠くの方を走っていた。

At noon, the train was running far away with a kind of unheard of sound.

別々の気分に働らきかけられている二人の黒い影が、まだ離れずに河の縁をつたって動いて行った。

Two black shadows, working in different moods, moved along the edge of the river without leaving.

「朝鮮へはいつ頃行くんだね」

"When will you go to Korea?"

「ことによると君の病院へ入いっているうちかも知れない」

"Maybe you're in your hospital."

「そんなに急に立つのか」

"Do you stand so fast?"

「いやそうとも限らない。

"No, not necessarily.

もう一遍先生が向うの主筆に会ってくれてからでないと、判然した事は分らないんだ」

I can't tell if I haven't seen Dr. Ippen's head again. ''

「立つ日がかい、あるいは行く事がかい」

"I have to stand or go."

「うん、まあ――」

"Yeah, well-"

 彼の返事は少し曖昧であった。

返 His reply was a bit vague.

津田がそれを追究もしないで、さっさと行き出した時、彼はまた云い直した。

When Tsuda went out without pursuing it, he said again.

「実を云うと、僕は行きたくもないんだがなあ」

"Actually, I don't want to go."

「藤井の叔父が是非行けとでも云うのかい」

"Is it true that Fujii's uncle will go?"

「なにそうでもないんだ」

"What's not it?"

「じゃ止したらいいじゃないか」

"I should stop now."

 津田の言葉は誰にでも解り切った理窟なだけに、同情に飢えていそうな相手の気分を残酷に射貫いたと一般であった。

Tsuda's words were generally said to have cruelly pierced the mood of a partner who was likely to be hungry for compassion, as it was a cave that everyone could understand.

数歩の後、小林は突然津田の方を向いた。

After a few steps, Kobayashi suddenly turned to Tsuda.

「津田君、僕は淋しいよ」

"Tsuda-kun, I'm lonely."

 津田は返事をしなかった。

Tsuda did not reply.

二人はまた黙って歩いた。

They walked again silently.

浅い河床の真中を、少しばかり流れている水が、ぼんやり見える橋杭の下で黒く消えて行く時、幽かに音を立てて、電車の通る相間相間に、ちょろちょろと鳴った。

In the middle of the shallow riverbed, a little bit of water was flowing black and disappearing under the dimly visible bridge pile, making a whine and sloshing between the trains.

「僕はやっぱり行くよ。

"I'm going after all.

どうしても行った方がいいんだからね」

You really have to go. ''

「じゃ行くさ」

"Just go."

「うん、行くとも。

"Yeah, go.

こんな所にいて、みんなに馬鹿にされるより、朝鮮か台湾に行った方がよっぽど増しだ」

It's more like going to Korea or Taiwan than being stupid in such a place. ''

 彼の語気は癇走っていた。

His spirit was running fast.

津田は急に穏やかな調子を使う必要を感じた。

Tsuda suddenly felt the need to use a gentle tone.

「あんまりそう悲観しちゃいけないよ。

"I can't be too pessimistic.

年歯さえ若くって身体さえ丈夫なら、どこへ行ったって立派に成効できるじゃないか。

If your teeth are young and your body is strong, you'll be able to take effect wherever you go.

――君が立つ前一つ送別会を開こう、君を愉快にするために」

――Let's hold a farewell party before you stand, to make you happy. ''

 今度は小林の方がいい返事をしなかった。

小 This time Kobayashi did not reply better.

津田は重ねて跋を合せる態度に出た。

Tsuda came up with an attitude to match up again.

「君が行ったらお金さんの結婚する時困るだろう」

"If you go, you will be in trouble when your money is married."

 小林は今まで頭のなかになかった妹の事を、はっと思い出した人のように津田を見た。

Kobayashi looked at Tsuda like a person who remembered his sister who had never been in his head.

「うん、あいつも可哀相だけれども仕方がない。

"Yeah, it's always poor, but it can't be helped.

つまりこんなやくざな兄貴をもったのが不仕合せだと思って、諦らめて貰うんだ」

In other words, I think it's an unfit to have such a bad brother and give up on it. ''

「君がいなくったって、叔父や叔母がどうかしてくれるんだろう」

"I wonder if my uncle or aunt will help me if you are missing."

「まあそんな事になるよりほかに仕方がないからな。

"Well, there's no other way than that.

でなければこの結婚を断って、いつまでも下女代りに、先生の宅で使って貰うんだが、――そいつはまあどっちにしたって同じようなもんだろう。

Otherwise, I would refuse this marriage and have the lower girl use it at the teacher's house forever, but that would be the same thing.

それより僕はまだ先生に気の毒な事があるんだ。

I'm still sorry for my teacher.

もし行くとなると、先生から旅費を借りなければならないからね」

If you go, you have to borrow your travel expenses from your teacher. ''

「向うじゃくれないのか」

"Can't you go?"

「くれそうもないな」

"I'm not likely to give you."

「どうにかして出させたら好いだろう」

"It would be nice if somehow let me put it out."

「さあ」

"here we go"

 一分ばかりの沈黙を破った時、彼はまた独り言のように云った。

When he broke through a minute of silence, he again said himself.

「旅費は先生から借りる、外套は君から貰う、たった一人の妹は置いてき堀にする、世話はないや」

"I borrow the travel expenses from the teacher, I get the cloak from you, I leave only one younger sister to leave moat, I do not care."

 これがその晩小林の口から出た最後の台詞であった。

This was the last line that came out of Kobayashi's mouth that evening.

二人はついに分れた。

They are finally separated.

津田は後をも見ずにさっさと宅の方へ急いだ。

Tsuda hurried to his home without looking back.

三十八

Thirty-eight

 彼の門は例の通り締まっていた。

門 His gate was tight as usual.

彼は潜り戸へ手をかけた。

He reached his door.

ところが今夜はその潜り戸もまた開かなかった。

But tonight, the door did not open either.

立てつけの悪いせいかと思って、二三度やり直したあげく、力任せに戸を引いた時、ごとりという重苦しい※の抵抗力を裏側に聞いた彼はようやく断念した。

He tried again a couple of times, thinking that it was a bad standing, and when he pulled the door to his brute, he finally gave up when he heard the harsh * resistance in the back.

 彼はこの予想外の出来事に首を傾けて、しばらく戸の前に佇立んだ。

He leaned at this unexpected event and stood in front of the door for a while.

新らしい世帯を持ってから今日に至るまで、一度も外泊した覚のない彼は、たまに夜遅く帰る事があっても、まだこうした経験には出会わなかったのである。

He had never stayed asleep since he had a new household until today, and even though he sometimes returned late at night, he had not yet encountered such an experience.

 今日の彼は灯点し頃から早く宅へ帰りたがっていた。

彼 Today he wanted to go home early from the light.

叔父の家で名ばかりの晩飯を食ったのも仕方なしに食ったのであった。

He had no choice but to eat a nominal dinner at his uncle's house.

進みもしない酒を少し飲んだのも小林に対する義理に過ぎなかった。

Drinking a little bit of liquor that he didn't progress was just a law-in-law to Kobayashi.

夕方以後の彼は、むしろお延の面影を心におきながら外で暮していた。

Later in the evening, he lived outside, keeping in mind the features of Nobu.

その薄ら寒い外から帰って来た彼は、ちょうど暖かい家庭の灯火を慕って、それを目標に足を運んだのと一般であった。

He came back from the chilly outside, and generally admired the light of a warm home and went for it.