文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(1735-1795)/11494

ほとんど返事に価しないという口調で答えた。

She answered in a tone that she hardly deserved a reply.

「何だか知るもんか」

"Do you know what it is?"

 小林はなお声を低くした。

Kobayashi still lowered his voice.

「あいつは探偵だぜ」

"He's a detective."

 津田は答えなかった。

Tsuda did not answer.

相手より酒量の強い彼は、かえって相手ほど平生を失わなかった。

He, who drinks more than his opponent, did not lose as much life as his opponent.

黙って自分の前にある猪口を干した。

Silently dried the in front of himself.

小林はすぐそれへなみなみと注いだ。

Kobayashi immediately poured it into it.

「あの眼つきを見ろ」

"Look at that eye"

 薄笑いをした津田はようやく口を開いた。

津 Tsuda, with a laugh, finally opened his mouth.

「君見たいにむやみに上流社会の悪口をいうと、さっそく社会主義者と間違えられるぞ。

"You can't be mistaken for a socialist right away if you talk unnecessarily to the high society.

少し用心しろ」

Beware a little bit "

「社会主義者?」

"Socialist?"

 小林はわざと大きな声を出して、ことさらにインヴァネスの男の方を見た。

林 Kobayashi intentionally made a loud voice and looked at the Inverness man.

「笑わかせやがるな。

"Don't make me laugh.

こっちゃ、こう見えたって、善良なる細民の同情者だ。

He looks like this, but he is a good sympathizer of the good people.

僕に比べると、乙に上品ぶって取り繕ろってる君達の方がよっぽどの悪者だ。

You're the evil guy who's better than you, and you're up for it.

どっちが警察へ引っ張られて然るべきだかよく考えて見ろ」

Think carefully which one should be pulled by the police. "

 鳥打の男が黙って下を向いているので、小林は津田に喰ってかかるよりほかに仕方がなかった。

Kobayashi had no choice but to eat at Tsuda because the bird-hitting man was looking down silently.

「君はこうした土方や人足をてんから人間扱いにしないつもりかも知れないが」

"You may not want to treat Hijikata or your feet as humans from the ground up."

 小林はまたこう云いかけて、そこいらを見廻したが、あいにくどこにも土方や人足はいなかった。

Kobayashi again looked around and looked around, but unfortunately there was no Hijikata or foot.

それでも彼はいっこう構わずにしゃべりつづけた。

Nevertheless, he continued to talk without regard.

「彼らは君や探偵よりいくら人間らしい崇高な生地をうぶのままもってるか解らないぜ。

"They don't know how much more human or sublime fabric they have than you or a detective.

ただその人間らしい美しさが、貧苦という塵埃で汚れているだけなんだ。

It's just that human beauty is dirty with the dust of poverty.

つまり湯に入れないから穢ないんだ。

In other words, it doesn't get dirty because it doesn't get into the water.

馬鹿にするな」

Don't be stupid. "

 小林の語気は、貧民の弁護というよりもむしろ自家の弁護らしく聞こえた。

林 Kobayashi's speech sounded more like defense of the poor than of the poor.

しかしむやみに取り合ってこっちの体面を傷けられては困るという用心が頭に働くので、津田はわざと議論を避けていた。

However, Tsuda was on purpose to avoid controversy, as he was wary of not being able to hurt his body face unnecessarily.

すると小林がなお追かけて来た。

Then Kobayashi was still chasing.

「君は黙ってるが僕のいう事を信じないね。

"You are silent but you don't believe me.

たしかに信じない顔つきをしている。

Certainly I don't believe her.

そんなら僕が説明してやろう。

I'll explain that.

君は露西亜の小説を読んだろう」

You've read the Russian-Asia novels. ''

 露西亜の小説を一冊も読んだ事のない津田はやはり何とも云わなかった。

津 Tsuda, who had never read a Russian-Asia novel, never said anything.

「露西亜の小説、ことにドストエヴスキの小説を読んだものは必ず知ってるはずだ。

"You must know what you read about Russian-Asia novels, especially Dostoevski's novels.

いかに人間が下賤であろうとも、またいかに無教育であろうとも、時としてその人の口から、涙がこぼれるほどありがたい、そうして少しも取り繕わない、至純至精の感情が、泉のように流れ出して来る事を誰でも知ってるはずだ。

No matter how low or uneducated human beings may be, thankfully, tears spill out of their mouths, and they do not take care of them at all. Everyone should know that it is flowing out like.

君はあれを虚偽と思うか」

Do you think that is false? "

「僕はドストエヴスキを読んだ事がないから知らないよ」

"I don't know because I've never read Dostoevski"

「先生に訊くと、先生はありゃ嘘だと云うんだ。

"When I asked my teacher, he said he was a lie.

あんな高尚な情操をわざと下劣な器に盛って、感傷的に読者を刺戟する策略に過ぎない、つまりドストエヴスキがあたったために、多くの模倣者が続出して、むやみに安っぽくしてしまった一種の芸術的技巧に過ぎないというんだ。

It's just a ploy to deliberately entice the reader with such lofty emotions in vile vessels, a kind of sentimental stimulus, that is, a lot of imitators following one another because of Dostoevski It's just artistic.

しかし僕はそうは思わない。

But I don't think so.

先生からそんな事を聞くと腹が立つ。

I get angry when I hear that from my teacher.

先生にドストエヴスキは解らない。

The teacher does not know Dostoevski.

いくら年齢を取ったって、先生は書物の上で年齢を取っただけだ。

No matter how old he is, he just gets older on the books.

いくら若かろうが僕は……」

No matter how young I am ... "

 小林の言葉はだんだん逼って来た。

Kobayashi's words were getting tighter.

しまいに彼は感慨に堪えんという顔をして、涙をぽたぽた卓布の上に落した。

Eventually, he felt sorry and dropped on a tablecloth with tears.

三十六

Thirty-six

 不幸にして津田の心臓には、相手に釣り込まれるほどの酔が廻っていなかった。

に し て Unfortunately, Tsuda's heart was not drunk enough to be caught by his opponent.

同化の埒外からこの興奮状態を眺める彼の眼はついに批判的であった。

His eyes looking at this excitement from the outrage of assimilation were finally critical.

彼は小林を泣かせるものが酒であるか、叔父であるかを疑った。

He doubted what caused Kobayashi to cry or his uncle.

ドストエヴスキであるか、日本の下層社会であるかを疑った。

I doubted that it was Dostoevski or Japan's lower society.

そのどっちにしたところで、自分とあまり交渉のない事もよく心得ていた。

Either way, I knew that I didn't have much negotiations with myself.

彼はつまらなかった。

He was boring.

また不安であった。

I was worried again.

感激家によって彼の前にふり落された涙の痕を、ただ迷惑そうに眺めた。

I just looked at the scars of tears that had been shaken by him in front of him.

 探偵として物色された男は、懐からまた薄い手帳を出して、その中へ鉛筆で何かしきりに書きつけ始めた。

男 The man who was spotted as a detective put out a thin notebook again from his bosom, and began writing something with a pencil into it.

猫のように物静かでありながら、猫のようにすべてを注意しているらしい彼の挙動が、津田を変な気持にした。

His behavior, which seems to be as quiet as a cat but as careful as a cat, made Tsuda feel weird.

けれども小林の酔は、もうそんなところを通り越していた。

But Kobayashi's drunk had already passed that place.

探偵などはまるで眼中になかった。

There were no detectives in my eyes.

彼は新調の背広の腕をいきなり津田の鼻の先へ持って来た。

He suddenly brought his new suit to the end of Tsuda's nose.