文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(1675-1734)/11494

「僕は病気だよ」

"I'm sick"

「構わん、病気の方は僕が受け合ってやるから、心配するな」

"I don't worry, I'll take care of you if you're sick."

「冗談云うな。

"Don't joke.

厭だよ」

I'm sorry. "

「細君には僕が弁解してやるからいいだろう」

"I'll be fine because I'll excuse you."

 面倒になった津田は、小林をそこへ置き去りにしたまま、さっさと行こうとした。

津 Tsuda, who was troubled, left Kobayashi there and tried to go quickly.

すると彼とすれすれに歩を移して来た小林が、少し改まった口調で追究した。

Then, Kobayashi, who had just walked away with him, pursued a slightly modified tone.

「そんなに厭か、僕といっしょに酒を飲むのは」

"I don't mind drinking so much with me."

 実際そんなに厭であった津田は、この言葉を聞くとすぐとまった。

In fact, Tsuda, who was so reluctant, stopped as soon as he heard these words.

そうして自分の傾向とはまるで反対な決断を外部へ現わした。

He made a decision outside of his own tendency.

「じゃ飲もう」

"Let's drink"

 二人はすぐ明るい硝子戸を引いて中へ入った。

す ぐ They immediately pulled the bright glass door and entered inside.

客は彼らのほかに五六人いたぎりであったが、店があまり広くないので、比較的込み合っているように見えた。

There were only 56 guests in addition to them, but because the store was not very large, it looked relatively crowded.

割合楽に席の取れそうな片隅を択んで、差し向いに腰をおろした二人は、通した注文の来る間、多少物珍らしそうな眼を周囲へ向けた。

The two men, sitting in opposing corners in a relatively easy-to-reach corner, sat down, facing their eyes, which seemed a bit unusual, during the order.

 服装から見た彼らの相客中に、社会的地位のありそうなものは一人もなかった。

None of them looked like they had social status in their outfits.

湯帰りと見えて、縞の半纏の肩へ濡れ手拭を掛けたのだの、木綿物に角帯を締めて、わざとらしく平打の羽織の紐の真中へ擬物の翡翠を通したのだのはむしろ上等の部であった。

It seemed to be returning from the bath, so I wiped my hands on the shoulders of the striped half-cloth, tightened the square band on the cotton cloth, and rather passed the fake jade into the middle of the flat strike haori string intentionally It was a good part.

ずっとひどいのは、まるで紙屑買としか見えなかった。

The worst thing seemed to be buying paper scraps.

腹掛股引も一人|交っていた。

One stomach was also |

「どうだ平民的でいいじゃないか」

"Isn't it okay to be ordinary?"

 小林は津田の猪口へ酒を注ぎながらこう云った。

Kobayashi pours sake into Tsuguchi's Inoguchi and says,

その言葉を打ち消すような新調したての派出な彼の背広が、すぐことさららしく津田の眼に映ったが、彼自身はまるでそこに気がついていないらしかった。

His new suit, a freshly outfit that negates the word, immediately appeared in Tsuda's eyes, but he seemed to have never noticed it.

「僕は君と違ってどうしても下等社界の方に同情があるんだからな」

"Because I'm definitely different from you in the lower world"

 小林はあたかもそこに自分の兄弟分でも揃っているような顔をして、一同を見廻した。

Kobayashi looked around, as if his brothers were all there.

「見たまえ。

"Look.

彼らはみんな上流社会より好い人相をしているから」

They are all better people than the upper society. ''

 挨拶をする勇気のなかった津田は、一同を見廻す代りに、かえって小林を熟視した。

Tsuda, who had no courage to say hello, looked closely at Kobayashi instead of looking around.

小林はすぐ譲歩した。

Kobayashi gave up immediately.

「少くとも陶然としているだろう」

"At least it's grim."

「上流社会だって陶然とするからな」

"Because even the upper society is terrible."

「だが陶然としかたが違うよ」

"But it's different in style."

 津田は昂然として両者の差違を訊かなかった。

Tsuda was reluctant to ask the difference between the two.

それでも小林は少しも悄気ずに、ぐいぐい杯を重ねた。

Nevertheless, Kobayashi did not hesitate at all and repeated the cup.

「君はこういう人間を軽蔑しているね。

"You despise such a person.

同情に価しないものとして、始めから見くびっているんだ」

`` I'm shy from the beginning, not worth the sympathy. ''

 こういうや否や、彼は津田の返事も待たずに、向うにいる牛乳配達見たような若ものに声をかけた。

Suddenly, he did not wait for Tsuda's reply, but approached the young man who saw the milk delivery over there.

「ねえ君。

"Hey you.

そうだろう」

It would be so"

 出し抜けに呼びかけられた若者は倔強な頸筋を曲げてちょっとこっちを見た。

若 者 The young man who was called out was bending over his tight neck and looked a little over here.

すると小林はすぐ杯をそっちの方へ出した。

Then Kobayashi immediately served the cup.

「まあ君一杯飲みたまえ」

"Well, drink a cup of you."

 若者はにやにやと笑った。

The young man grinned.

不幸にして彼と小林との間には一間ほどの距離があった。

Unfortunately, there was a distance between him and Kobayashi.

立って杯を受けるほどの必要を感じなかった彼は、微笑するだけで動かなかった。

He didn't need to stand and get a cup, and smiled and didn't move.

しかしそれでも小林には満足らしかった。

But Kobayashi was still happy.

出した杯を引込めながら、自分の口へ持って行った時、彼はまた津田に云った。

He told Tsuda again when he brought his cup back into his mouth, pulling it out.

「そらあの通りだ。

"That's right.

上流社会のように高慢ちきな人間は一人もいやしない」

Nobody is as proud as an upper society. ''

三十五

Thirty-five

 インヴァネスを着た小作りな男が、半纏の角刈と入れ違に這入って来て、二人から少し隔った所に席を取った。

小 A small man in Inverness came in and crawls in a half-cut manner, taking a seat a little away from them.

廂を深くおろした鳥打を被ったまま、彼は一応ぐるりと四方を見廻した後で、懐へ手を入れた。

With his birds knocked deep down in the refrigerator, he looked around in all directions, and put his hand in his pocket.

そうしてそこから取り出した薄い小型の帳面を開けて、読むのだか考えるのだか、じっと見つめていた。

Then she opened the thin, small book taken out of it and stared at it, thinking about reading or thinking.

彼はいつまで経っても、古ぼけたトンビを脱ごうとしなかった。

He never tried to get rid of an old-fashioned tonbi.

帽子も頭へ載せたままであった。

The hat was still on my head.

しかし帳面はそんなに長くひろげていなかった。

But the book had not spread that long.

大事そうにそれを懐へしまうと、今度は飲みながら、じろりじろりと他の客を、見ないようにして見始めた。

When he missed it, he swallowed it and began to look at other customers without looking at it.

その相間相間には、ちんちくりんな外套の羽根の下から手を出して、薄い鼻の下の髭を撫でた。

In the interphase, he reached out from under the wings of a tiny mantle and stroked his beard under his thin nose.

 先刻から気をつけるともなしにこの様子に気をつけていた二人は、自分達の視線が彼の視線に行き合った時、ぴたりと真向になって互に顔を見合せた。

They, who had watched this way since the very beginning, looked straight at each other and looked at each other when their gaze met his gaze.

小林は心持前へ乗り出した。

Kobayashi embarks on his mind.

「何だか知ってるか」

"Do you know what it is?"

 津田は元の通りの姿勢を崩さなかった。

Tsuda did not lose his original posture.