文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(1377-1435)/11494

「由雄さん久しぶりだから御飯を食べておいで」

"Yuo hasn't eaten because it's been a long time."

 津田は明日の治療を控えているので断って帰ろうとした。

Tsuda is refusing treatment for tomorrow, so he declined and tried to return.

「今日は小林といっしょに飯を食うはずになっているところへお前が来たのだから、ことによると御馳走が足りないかも知れないが、まあつき合って行くさ」

"You've come to a place where you're supposed to eat with Kobayashi today, so maybe you're missing out on a treat, but we'll go on with it."

 叔父にこんな事を云われつけない津田は、妙な心持がして、また尻を据えた。

な い Tsuda, who couldn't tell her uncle such a thing, had a strange feeling and set her butt down again.

「今日は何事かあるんですか」

"Do you have anything today?"

「何ね、小林が今度――」

"What, Kobayashi next time-"

 叔父はそれだけ云って、ちょっと小林の方を見た。

My uncle just looked at Kobayashi.

小林は少し得意そうににやにやしていた。

Kobayashi was grinning a little better.

「小林君どうかしたのか」

"What happened to Kobayashi-kun?"

「何、君、なんでもないんだ。

"What, you, nothing.

いずれきまったら君の宅へ行って詳しい話をするがね」

I'll go to your house and talk more about it when you're done. ''

「しかし僕は明日から入院するんだぜ」

"But I'll be hospitalized tomorrow."

「なに構わない、病院へ行くよ。

"I don't care, go to the hospital.

見舞かたがた」

I'm going to visit you. ''

 小林は追いかけて、その病院のある所だの、医者の名だのを、さも自分に必要な知識らしく訊いた。

林 Kobayashi chased and asked where the hospital was, the name of the doctor, with the knowledge he needed.

医者の名が自分と同じ小林なので「はあそれじゃあの堀さんの」と云ったが急に黙ってしまった。

Since the doctor's name was Kobayashi, he said, "Oh, that's Mr. Hori."

堀というのは津田の妹婿の姓であった。

Hori was the surname of Tsuda's son-in-law.

彼がある特殊な病気のために、つい近所にいるその医者のもとへ通ったのを小林はよく知っていたのである。

Kobayashi knew well that he had gone to the nearby doctor for a particular illness.

 彼の詳しい話というのを津田はちょっと聞いて見たい気がした。

津 Tsuda wanted to hear a little about his detailed story.

それは先刻叔母の云ったお金さんの結婚問題らしくもあった。

It seemed to be a problem of the marriage of Mr. Aunt earlier.

またそうでないらしくも見えた。

It didn't seem like that again.

この思わせぶりな小林の態度から、多少の好奇心を唆られた津田は、それでも彼に病院へ遊びに来いとは明言しなかった。

Inspired by Kobayashi's remarkable attitude, Tsuda was inspired by a little curiosity, but never told him that he would come to the hospital.

 津田が手術の準備だと云って、せっかく叔母の拵えてくれた肉にも肴にも、日頃大好な茸飯にも手をつけないので、さすがの叔母も気の毒がって、お金さんに頼んで、彼の口にする事のできる麺麭と牛乳を買って来させようとした。

Tsuda says that he is preparing for surgery, so he does not touch the meat and appetizers prepared by his aunt and the mushroom rice that is always popular, so his aunt is sorry and asked the money So he tried to buy noodles and milk that he could eat.

ねとねとしてむやみに歯の間に挟まるここいらの麺麭に内心|辟易しながら、また贅沢だと云われるのが少し怖いので、津田はただおとなしく茶の間を立つお金さんの後姿を見送った。

I was so nervous that I was a bit scared of being luxurious, so Tsuda just looked away from the money standing quietly in the tea room.

 お金さんの出て行った後で、叔母はみんなの前で叔父に云った。

After the money went out, my aunt told her uncle in front of everyone.

「どうかまああの子も今度の縁が纏まるようになると仕合せですがね」

"Well, that girl will be ready when the next edge comes together."

「纏まるだろうよ」

"I'll get it together"

 叔父は苦のなさそうな返事をした。

My uncle answered a painless reply.

「至極よさそうに思います」

"I think it looks really good."

 小林の挨拶も気軽かった。

Kobayashi's greeting was also easy.

黙っているのは津田と真事だけであった。

It was only Tsuda and Makoto who were silent.

 相手の名を聞いた時、津田はその男に一二度叔父の家で会ったような心持もしたが、ほとんど何らの記憶も残っていなかった。

聞 い When he heard the other person's name, Tsuda felt as though he had met him at his uncle's house once more, but had almost no memory.

「お金さんはその人を知ってるんですか」

"Does the money know that person?"

「顔は知ってるよ。

"I know the face.

口は利いた事がないけれども」

I've never talked about it. ''

「じゃ向うも口を利いた事なんかないんでしょう」

"I guess there's nothing clever about it."

「当り前さ」

"Naturalness"

「それでよく結婚が成立するもんだな」

"That's why we get married well."

 津田はこういって然るべき理窟が充分自分の方にあると考えた。

Tsuda thought that there was enough proper caves in his area.

それをみんなに見せるために、彼は馬鹿馬鹿しいというよりもむしろ不思議であるという顔つきをした。

To show it to everyone, he made the appearance that it was strange rather than stupid.

「じゃどうすれば好いんだ。

"What do you want?

誰でもみんなお前が結婚した時のようにしなくっちゃいけないというのかね」

Does everyone have to do the same as when you got married? ''

 叔父は少し機嫌を損じたらしい語気で津田の方を向いた。

My uncle turned to Tsuda with a feeling that he was a little offended.

津田はむしろ叔母に対するつもりでいたので、少し気の毒になった。

Tsuda was rather sorry because she intended to be with her aunt.

「そういう訳じゃないんです。

"That's not the case.

そういう事情のもとにお金さんの結婚が成立しちゃ不都合だなんていう気は全くなかったのです。

Under such circumstances, there was no feeling that it was inconvenient to make money marriage.

たといどんな事情だろうと結婚が成立さえすれば、無論結構なんですから」

Whatever the circumstances, as long as the marriage is concluded, it is of course fine. ''

三十

Thirty

 それでも座は白けてしまった。

The seat is still white.

今まで心持よく流れていた談話が、急に堰き止められたように、誰も津田の言葉を受け継いで、順々に後へ送ってくれるものがなくなった。

As if the discourse that had been flowing well until now was suddenly blocked, no one inherited Tsuda's words and sent anything back in order.

 小林は自分の前にある麦酒の洋盃を指して、ないしょのような小さい声で、隣りにいる真事に訊いた。

林 Kobayashi pointed at the beer cup in front of him and asked the truth next to him in a whisper-like voice.

「真事さん、お酒を上げましょうか。

"Makoto, let's drink.

少し飲んで御覧なさい」

Please drink a little and watch. "

「苦いから僕|厭だよ」

"I'm bitter because I'm bitter"

 真事はすぐ跳ねつけた。

The truth bounced right away.

始めから飲ませる気のなかった小林は、それを機にははと笑った。

Kobayashi, who didn't want to drink from the beginning, laughed at it.

好い相手ができたと思ったのか真事は突然小林に云った。

The truth suddenly told Kobayashi whether he thought he had a good partner.

「僕一円五十銭の空気銃をもってるよ。

"I have an air gun worth ¥ 150.

持って来て見せようか」

Will you bring me and show me? "