文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(1035-1102)/11494

 自分が十ぐらいであった時の心理状態をまるで忘れてしまった津田には、この返事が少し意外に思えた。

津 This reply seemed a little surprising to Tsuda who had forgotten his psychological state when he was enough.

苦笑した彼は、そこへ気がつくと共に黙った。

He smiled bitterly and silently noticed there.

子供はまた一生懸命に手品遣いの方ばかり注意しだした。

The child also began to pay much attention to the magician.

服装から云うと一夜作りとも見られるその男はこの時精一杯大きな声を張りあげた。

The man, who could be seen as making a night out of his clothes, shouted as hard as he could.

「諸君もう一つ出すから見ていたまえ」

"Because I'll give you another one, please watch"

 彼は例の袋を片手でぐっと締扱いて、再び何か投げ込む真似を小器用にした後、麗々と第二の玉子を袋の底から取り出した。

扱 い He squeezed the bag with one hand, made a fake imitation of something to throw again, and took out the second egg from the bottom of the bag.

それでも飽き足らないと見えて、今度は袋を裏返しにして、薄汚ない棉フラネルの縞柄を遠慮なく群衆の前に示した。

Still seemingly unsatisfied, he turned the bag over, and hesitated to show the stubborn cotton flannel stripes to the crowd.

しかし第三の玉子は同じ手真似と共に安々と取り出された。

However, the third egg was taken out with the same gesture.

最後に彼はあたかも貴重品でも取扱うような様子で、それを丁寧に地面の上へ並べた。

Finally, he carefully arranged the valuables on the ground as if they were handling valuables.

「どうだ諸君こうやって出そうとすれば、何個でも出せる。

"How can you put out any number of things if you try to do this.

しかしそう玉子ばかり出してもつまらないから、今度は一つ生きた鶏を出そう」

But it's so boring to just put out eggs, so let's put out a live chicken this time. ''

 津田は叔父の子供をふり返った。

Tsuda looked back at his uncle's child.

「おい真事もう行こう。

"Hey, let's go.

小父さんはこれからお前の宅へ行くんだよ」

My dad is going to your house from now on. ''

 真事には津田よりも生きた鶏の方が大事であった。

The truth is that live chickens are more important than Tsuda.

「小父さん先へ行ってさ。

"Go to my little father.

僕もっと見ているから」

I'm watching more. ''

「ありゃ嘘だよ。

"It's a lie.

いつまで経ったって生きた鶏なんか出て来やしないよ」

No live chicken will ever come out. ''

「どうして?

"why?

 だって玉子はあんなに出たじゃないの」

But the egg didn't come out that much. ''

「玉子は出たが、鶏は出ないんだよ。

"Eggs came out, but chickens did not.

ああ云って嘘を吐いていつまでも人を散らさないようにするんだよ」

Oh, I lie and try not to scatter people forever. ''

「そうしてどうするの」

"How do you do that?"

 そうしてどうするのかその後の事は津田にもちっとも解らなかった。

そ の 後 I didn't know what to do with Tsuda at all.

面倒になった彼は、真事を置き去りにして先へ行こうとした。

Annoying, he left the truth behind and tried to go further.

すると真事が彼の袂を捉えた。

Then the truth caught his part.

「小父さん何か買ってさ」

"I bought something for my little father."

 宅で強請られるたんびに、この次この次といって逃げておきながら、その次行く時には、つい買ってやるのを忘れるのが常のようになっていた彼は、例の調子で「うん買ってやるさ」と云った。

He was always forced to leave at home, and while running away, saying that this was the next time, he would always forget to buy it when he went next. I'm sorry. "

「じゃ自動車、ね」

"Then, car."

「自動車は少し大き過ぎるな」

"The car is a bit too big"

「なに小さいのさ。

"What a small thing.

七円五十銭のさ」

Seven and fifty thousand yen. "

 七円五十銭でも津田にはたしかに大き過ぎた。

Even though it was seven and fifty yen, it was too big for Tsuda.

彼は何にも云わずに歩き出した。

He walked without saying anything.

「だってこの前もその前も買ってやるっていったじゃないの。

"Because I was buying before and before.

小父さんの方があの玉子を出す人よりよっぽど嘘吐きじゃないか」

I guess my little father is a liar more than a person who throws that egg. ''

「あいつは玉子は出すが鶏なんか出せやしないんだよ」

"He gives eggs, but he doesn't get chickens."

「どうして」

"why"

「どうしてって、出せないよ」

"Why can't I get it?"

「だから小父さんも自動車なんか買えないの」

"So my dad can't buy a car."

「うん。

"Yup.

――まあそうだ。

-That's right.

だから何かほかのものを買ってやろう」

So I'll buy something else. ''

「じゃキッドの靴さ」

"The Kid's Shoes"

 毒気を抜かれた津田は、返事をする前にまた黙って一二間歩いた。

津 Tsuda, who had been poisoned, walked silently for a couple of days before replying.

彼は眼を落して真事の足を見た。

He looked down and looked at the true leg.

さほど見苦しくもないその靴は、茶とも黒ともつかない一種変な色をしていた。

The shoes, which are not so unsightly, had a kind of strange color that was neither black nor black.

「赤かったのを宅でお父さんが染めたんだよ」

"Dad dyed it red at home."

 津田は笑いだした。

Tsuda started laughing.

藤井が子供の赤靴を黒く染めたという事柄が、何だか彼にはおかしかった。

It was strange for him that Fujii dyed his children's red shoes black.

学校の規則を知らないで拵らえた赤靴を規則通りに黒くしたのだという説明を聞いた時、彼はまた叔父の窮策を滑稽的に批判したくなった。

He also wanted to humiliately criticize his uncle's troubles when he heard that he had made the red shoes he had prepared without knowing the school rules, according to the rules.

そうしてその窮策から出た現在のお手際を擽ぐったいような顔をしてじろじろ眺めた。

Then, she looked at her current skill that came out of the trouble, with a grim face.

二十三

twenty three

「真事、そりゃ好い靴だよ、お前」

"The truth, that's good shoes, you"

「だってこんな色の靴誰も穿いていないんだもの」

"Because no one wears shoes of this color"

「色はどうでもね、お父さんが自分で染めてくれた靴なんか滅多に穿けやしないよ。

"No matter what the color, I rarely wear shoes that my father dyed myself.

ありがたいと思って大事にして穿かなくっちゃいけない」

I'm grateful and I have to take care of it. ''

「だってみんなが尨犬の皮だ尨犬の皮だって揶揄うんだもの」

"Because everyone is ridiculing the skin of a giant dog, the skin of a giant dog."

 藤井の叔父と尨犬の皮、この二つの言葉をつなげると、結果はまた新らしいおかしみになった。

Connecting these two words, Fujii's uncle and the skin of a giant dog, the result was a new laugh.

しかしそのおかしみは微かな哀傷を誘って、津田の胸を通り過ぎた。

However, the ridiculousness caused a slight sorrow and passed by Tsuda's chest.

「尨犬じゃないよ、小父さんが受け合ってやる。

"I'm not a gigantic dog.

大丈夫尨犬じゃない立派な……」

A fine dog that isn't an okay dog ... "

 津田は立派な何といっていいかちょっと行きつまった。

Tsuda ran out of time to say something good.

そこを好い加減にしておく真事ではなかった。

It wasn't the truth to keep it cool.

「立派な何さ」

"What a fine thing"

「立派な――靴さ」

"Good-shoes"

 津田はもし懐中が許すならば、真事のために、望み通りキッドの編上を買ってやりたい気がした。

Tsuda wanted to buy Kid's knitting as he wished for, if his pocket allowed.