文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(988-1034)/11494

もしくは手があっても、それを使おうとしなかった。

Or, if I had a hand, I didn't try to use it.

彼は始終|懐手をしていたがった。

He wanted to be all-handed.

一種の勉強家であると共に一種の不精者に生れついた彼は、ついに活字で飯を食わなければならない運命の所有者に過ぎなかった。

Born to be a kind of studyer and a kind of lazy person, he was just the owner of fate, who had to eat in print.

二十一

Twenty one

 こういう人にありがちな場末生活を、藤井は市の西北にあたる高台の片隅で、この六七年続けて来たのである。

井 Fujii has been living for sixty-seven years in the corner of the hill northwest of the city.

ついこの間まで郊外に等しかったその高台のここかしこに年々建て増される大小の家が、年々彼の眼から蒼い色を奪って行くように感ぜられる時、彼は洋筆を走らす手を止めて、よく自分の兄の身の上を考えた。

He stopped running his pen when the large and small houses, which had been built every year on this hill, which had been equal to the suburbs until recently, seemed to take away the blue color from his eyes year after year. I often thought about my brother's body.

折々は兄から金でも借りて、自分も一つ住宅を拵えて見ようかしらという気を起した。

Occasionally, I borrowed money from my older brother and started to build my own house.

その金を兄はとても貸してくれそうもなかった。

My brother was unlikely to lend me that money.

自分もいざとなると貸して貰う性分ではなかった。

I wasn't the one to lend me when it came to me.

「緩慢なる人生の旅行者」と兄を評した彼は、実を云うと、物質的に不安なる人生の旅行者であった。

He described his brother as a "traveler with a slow life" and was, in fact, a traveler with a life of material anxiety.

そうして多数の人の場合において常に見出されるごとく、物質上の不安は、彼にとってある程度の精神的不安に過ぎなかった。

Thus, as always found in the case of many people, material anxiety was only a degree of mental anxiety for him.

 津田の宅からこの叔父の所へ行くには、半分道ほど川沿の電車を利用する便利があった。

To get to this uncle from Tsuda's house, it was convenient to use a train along the river about half way.

けれどもみんな歩いたところで、一時間とかからない近距離なので、たまさかの散歩がてらには、かえってやかましい交通機関の援に依らない方が、彼の勝手であった。

However, it was a short distance, which took less than an hour when everyone walked, so it was he's self-sufficient to rely on noisy transportation in case of a stroll.

 一時少し前に宅を出た津田は、ぶらぶら河縁を伝って終点の方に近づいた。

Tsuda left home shortly before and approached the end point along the riverside.

空は高かった。

The sky was high.

日の光が至る所に充ちていた。

The light of the sun was everywhere.

向うの高みを蔽っている深い木立の色が、浮き出したように、くっきり見えた。

The color of the deep grove, which covers the height of the other side, was clearly visible as if it had emerged.

 彼は道々|今朝買い忘れたリチネの事を思い出した。

He reminded me of the ritine I forgot to buy this morning.

それを今日の午後四時頃に呑めと医者から命令された彼には、ちょっと薬種屋へ寄ってこの下剤を手に入れておく必要があった。

He was ordered by a doctor to drink it around 4:00 pm today, so he had to stop by a pharmacy to get this laxative.

彼はいつもの通り終点を右へ折れて橋を渡らずに、それとは反対な賑やかな町の方へ歩いて行こうとした。

He tried to walk to the opposite, bustling town, as usual, instead of turning right at the end and crossing the bridge.

すると新らしく線路を延長する計劃でもあると見えて、彼の通路に当る往来の一部分が、最も無遠慮な形式で筋違に切断されていた。

It seemed to be a new extension of the track, and a part of the traffic hitting his passage was severely cut in the most careless manner.

彼は残酷に在来の家屋を掻き※って、無理にそれを取り払ったような凸凹だらけの新道路の角に立って、その片隅に塊まっている一群の人々を見た。

He cruelly scratched a native house *, standing on the corner of a bumpy new road that had forcibly removed it, and saw a group of people clumping in one corner.

群集はまばらではあるが三列もしくは五列くらいの厚さで、真中にいる彼とほぼ同年輩ぐらいな男の周囲に半円形をかたちづくっていた。

The crowd was sparse but three or five rows thick, forming a semicircle around a man of the same age as him in the middle.

 小肥りにふとったその男は双子木綿の羽織着物に角帯を締めて俎下駄を穿いていたが、頭には笠も帽子も被っていなかった。

男 The man, who was wearing a small manure, was wearing a twin cotton haori kimono with a square band and wearing a wooden clog, but he did not wear a hat or a hat on his head.

彼の後に取り残された一本の柳を盾に、彼は綿フラネルの裏の付いた大きな袋を両手で持ちながら、見物人を見廻した。

With a willow left behind him as a shield, he looked around the spectator, holding in both hands a large bag with cotton flannel.

「諸君僕がこの袋の中から玉子を出す。

"I'll take the eggs out of this bag.

この空っぽうの袋の中からきっと出して見せる。

I'll show it out of this empty bag.

驚ろいちゃいけない、種は懐中にあるんだから」

Don't be surprised, the seed is in your pocket. ''

 彼はこの種の人間としてはむしろ不相応なくらい横風な言葉でこんな事を云った。

He said this in words that seemed disproportionate to this kind of human being.

それから片手を胸の所で握って見せて、その握った拳をまたぱっと袋の方へぶつけるように開いた。

Then I showed one hand on my chest and opened it so that the fist I slammed into the bag again.

「そら玉子を袋の中へ投げ込んだぞ」と騙さないばかりに。

Don't be fooled by saying, "I've thrown the sky egg into the bag."

しかし彼は騙したのではなかった。

But he did not deceive.

彼が手を袋の中へ入れた時は、もう玉子がちゃんとその中に入っていた。

When he put his hand in the bag, the egg was already in it.

彼はそれを親指と人さし指の間に挟んで、一応半円形をかたちづくっている見物にとっくり眺めさした後で地面の上に置いた。

He sandwiched it between his thumb and forefinger, placed it on the ground after a glance at the semicircular shape of the spectacle.

 津田は軽蔑に嘆賞を交えたような顔をして、ちょっと首を傾けた。

Tsuda looked down and looked down, and leaned slightly.

すると突然|後から彼の腰のあたりを突っつくもののあるのに気がついた。

Then suddenly I noticed that there was something poking around his waist later.

軽い衝撃を受けた彼はほとんど反射作用のように後をふり向いた。

He was slightly shocked and turned around almost like a reflection.

そうしてそこにさも悪戯小僧らしく笑いながら立っている叔父の子を見出した。

Then he found his uncle's son standing there, laughing like a mischievous boy.

徽章の着いた制帽と、半洋袴と、背中にしょった背嚢とが、その子の来た方角を彼に語るには充分であった。

The hat with the emblem, the half-sea hakama, and the back sac on his back were enough to tell him where he came from.

「今学校の帰りか」

"Is it home now?"

「うん」

"Yup"

 子供は「はい」とも「ええ」とも云わなかった。

The child did not say “yes” or “yeah”.

二十二

twenty-two

「お父さんはどうした」

"What's your dad?"

「知らない」

"Do not know"

「相変らずかね」

"Isn't it?"

「どうだか知らない」

"I don't know how it is"