文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

三四郎:夏目 漱石(4924-4972)/7009

三四郎が、小さな声で、

Sanshiro with a small voice

「ちと、ダーターファブラをやらないか」と言うと、「きょうはいけない」と答えたが、すぐ横を向いて、隣の男と話を始めた。

When I said, “Well, I shouldn't do a dart fab,” she answered, “Do n’t go today,” but immediately turned sideways and started talking to the man next door.

あなたの、あの論文を拝見して、大いに利益を得ましたとかなんとか礼を述べている。

I looked at your paper and expressed my gratitude for some great benefits.

ところがその論文は、彼が自分の前で、さかんに罵倒したものだから、三四郎にはすこぶる不思議の思いがある。

However, Sanshiro has a mysterious feeling because the paper was so devastated by him in front of him.

与次郎はまたこっちを向いた。

Yojiro turned over again.

「その羽織はなかなかりっぱだ。

“The haori is pretty good.

よく似合う」と白い紋をことさら注意してながめている。

"It looks good" and looks at the white crest with great care.

その時向こうの端から、原口さんが、野々宮に話しかけた。

At that time, Mr. Haraguchi talked to Nonomiya from the other end.

元来が大きな声の人だから、遠くで応対するにはつごうがいい。

Because it is a person with a loud voice originally, it is better to respond in the distance.

今まで向かい合わせに言葉をかわしていた広田先生と庄司という教授は、二人の応答を途中でさえぎることを恐れて、談話をやめた。

Professor Hirota and Professor Shoji, who had exchanged words face-to-face until now, stopped talking because they were afraid to interrupt their responses.

その他の人もみんな黙った。

Everyone else was also silent.

会の中心点がはじめてできあがった。

The central point of the meeting was completed for the first time.

「野々宮さん光線の圧力の試験はもう済みましたか」

“Did you finish testing the pressure of Mr. Nonomiya's beam?”

「いや、まだなかなかだ」

“No, it ’s still quite difficult”

「ずいぶん手数がかかるもんだね。

“It takes a lot of work.

我々の職業も根気仕事だが、君のほうはもっと激しいようだ」

Our profession is persevering, but you seem to be more intense. ''

「絵はインスピレーションですぐかけるからいいが、物理の実験はそううまくはいかない」

“It's fine to draw pictures with inspiration, but physics experiments do n’t go well.”

「インスピレーションには辟易する。

“It ’s easy to inspire.

この夏ある所を通ったらばあさんが二人で問答をしていた。

If you passed a certain place this summer, they were asking questions.

聞いてみると梅雨はもう明けたんだろうか、どうだろうかという研究なんだが、一人のばあさんが、昔は雷さえ鳴れば梅雨は明けるにきまっていたが、近ごろじゃそうはいかないとこぼしている。

When asked, it is a study of whether the rainy season is over or not, but one grandmother once said that if it thunders, the rainy season is over, but it is spilled that it will not be around recently.

すると一人がどうしてどうして、雷ぐらいで明けることじゃありゃしないと憤慨していた。

Then one person hesitated why he wouldn't be able to dawn with lightning.

――絵もそのとおり、今の絵はインスピレーションぐらいでかけることじゃありゃしない。

-Just as you can see, the current painting is not just about inspiration.

ねえ田村さん、小説だって、そうだろう」

Hey Tamura-san, even a novel

 隣に田村という小説家がすわっていた。

Next to it was a novelist called Tamura.

この男は自分のインスピレーションは原稿の催促以外になんにもないと答えたので、大笑いになった。

The man replied that he had no inspiration other than the prompting of the manuscript, which made him laugh.

田村は、それから改まって、野々宮さんに、光線に圧力があるものか、あれば、どうして試験するかと聞きだした。

Tamura once again asked Mr. Nonomiya whether he was under pressure and why he would test it.

野々宮さんの答はおもしろかった。

Nonomiya's answer was interesting.

――

-

 雲母か何かで、十六武蔵ぐらいの大きさの薄い円盤を作って、水晶の糸で釣るして、真空のうちに置いて、この円盤の面へ弧光燈の光を直角にあてると、この円盤が光に圧されて動く。

With mica or something, make a thin disk about the size of 16 Musashi, catch it with a crystal thread, place it in a vacuum, and apply the light of the arc light to the surface of this disk at right angles, This disk moves under pressure.

と言うのである。

It says.

 一座は耳を傾けて聞いていた。

The Izato listened and listened.

なかにも三四郎は腹のなかで、あの福神漬の缶のなかに、そんな装置がしてあるのだろうと、上京のさい、望遠鏡で驚かされた昔を思い出した。

Among them, Sanshiro remembered the old days when he was surprised by the telescope at the time of Kamikyo that there was such a device in the can of the Fukujinzuke in his stomach.

「君、水晶の糸があるのか」と小さい声で与次郎に聞いてみた。

I asked Yojiro with a small voice, "Do you have a crystal thread?"

与次郎は頭を振っている。

Yojiro is waving his head.

「野々宮さん、水晶の糸がありますか」

“Mr. Nonomiya, do you have a crystal thread?”

「ええ、水晶の粉をね。

"Yes, crystal powder.

酸水素|吹管の炎で溶かしておいて、両方の手で、左右へ引っ張ると細い糸ができるのです」

Oxyhydrogen | It melts with the flame of the blowpipe and pulls it left and right with both hands.

 三四郎は「そうですか」と言ったぎり、引っ込んだ。

Sanshiro said, “Is that so?” And withdrew.

今度は野々宮さんの隣にいる縞の羽織の批評家が口を出した。

This time, the critic of the striped haori next to Nonomiya-san spoke out.

「我々はそういう方面へかけると、全然無学なんですが、はじめはどうして気がついたものでしょうな」

“We are completely ignorant when we go to that direction, but why did we first notice?”

「理論上はマクスウェル以来予想されていたのですが、それをレベデフという人がはじめて実験で証明したのです。

“Theoretically, it was expected since Maxwell, but this was the first time a person named Lebedev proved it through experiments.

近ごろあの彗星の尾が、太陽の方へ引きつけられべきはずであるのに、出るたびにいつでも反対の方角になびくのは光の圧力で吹き飛ばされるんじゃなかろうかと思いついた人もあるくらいです」

Some people have come up with the idea that the comet's tail should be attracted towards the sun these days, but whenever it comes out, it will always be blown away by the pressure of light in the opposite direction. ''

 批評家はだいぶ感心したらしい。

The critics seemed impressed.

「思いつきもおもしろいが、第一大きくていいですね」と言った。

“The idea is interesting, but the first thing is great,” he said.

「大きいばかりじゃない、罪がなくって愉快だ」と広田先生が言った。

“It's not just big, it's fun with no sin,” said Hirota.

「それでその思いつきがはずれたら、なお罪がなくっていい」と原口さんが笑っている。

Haraguchi laughs, “If you lose your mind, you don't have to be guilty.”

「いや、どうもあたっているらしい。

“No.

光線の圧力は半径の二乗に比例するが、引力のほうは半径の三乗に比例するんだから、物が小さくなればなるほど引力のほうが負けて、光線の圧力が強くなる。

The pressure of the light beam is proportional to the square of the radius, but the attractive force is proportional to the cube of the radius. Therefore, the smaller the object, the more the attractive force is lost, and the light pressure becomes stronger.

もし彗星の尾が非常に細かい小片からできているとすれば、どうしても太陽とは反対の方へ吹き飛ばされるわけだ」

If the comet tail is made of very small pieces, it will be blown away from the sun. ''