文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

風立ちぬ:堀 辰雄(929-968)/1268

が、彼女はそんな私をと云うよりも、寧ろ、そんな私の悲しみを見まいとするかのように、ぼんやりした目つきで空を見入っていた。

But rather than saying such a thing, she looked at the sky with blurred eyes as if to look at such sadness like that.

 夜

Night

 何も知らずにいたのは私だけだったのだ。

It was only me who knew nothing.

午前の診察の済んだ後で、私は看護婦長に廊下へ呼び出された。

After completing the examination in the morning, I was called to the hallway by the nurse.

そして私ははじめて節子がけさ私の知らない間に少量の喀血をしたことを聞かされた。

And for the first time I heard that Setsuko made a small amount of hemoptysis while I was not aware of it.

彼女は私にはそれを黙っていたのだ。

She kept it silent for me.

喀血は危険と云う程度ではないが、用心のためにしばらく附添看護婦をつけて置くようにと、院長が言い付けて行ったというのだ。

Although hemoptysis is not to say dangerous, it is said that the director instructed him to put an attached nurse for a while for precaution.

――私はそれに同意するほかはなかった。

- I had no choice but to agree with it.

 私は丁度空いている隣りの病室に、その間だけ引き移っていることにした。

I decided to move only to the next hospital room I was vacant.

私はいま、二人で住んでいた部屋に何処から何処まで似た、それでいて全然見知らないような感じのする部屋の中に、一人ぼっちで、この日記をつけている。

I am now wearing this diary all by myself in a room similar to where and where it resembles a room I had lived with, yet still feeling unknown at all.

こうして私が数時間前から坐っているのに、どうもまだこの部屋は空虚のようだ。

Thus I have been sitting for several hours, but it seems that this room is still empty.

此処にはまるで誰もいないかのように、明りさえも冷たく光っている。

Here as if nobody was there, even the lights are shining coldly.

十一月二十八日

November 28

 私は殆ど出来上っている仕事のノオトを、机の上に、少しも手をつけようとはせずに、ほうり出したままにして置いてある。

I leave the noot of almost completed work on the desk without leaving any hands in my hands.

それを仕上げるためにも、しばらく別々に暮らした方がいいのだと云うことを病人には云い含めて置いたのだ。

To finish it, it was said to the sick person to say that it would be better to live separately for a while.

 が、どうしてそれに描いたような私達のあんなに幸福そうだった状態に、今のようなこんな不安な気持のまま、私一人ではいって行くことが出来ようか?

But how can we be able to go alone with such uneasy feelings like this just as it seems to be so happy to us like that drawn on it?

 私は毎日、二三時間|隔きぐらいに、隣りの病室に行き、病人の枕もとにしばらく坐っている。

I go to the next hospital room about 23 hours every day for about 23 hours a day, and I sit for a while on the patient 's pillow.

しかし病人に喋舌らせることは一番好くないので、殆んどものを言わずにいることが多い。

However, since I do not like talking to sick people the most, I often do not say most of them.

看護婦のいない時にも、二人で黙って手を取り合って、お互になるたけ目も合わせないようにしている。

Even when there is no nurse, we keep silent and holding hands together so that we can not see each other as well.

 が、どうかして私達がふいと目を見合わせるようなことがあると、彼女はまるで私達の最初の日々に見せたような、一寸気まりの悪そうな微笑み方を私にして見せる。

But, sometime when we have something to look forward to, the girlfriend shows me a smile that looks like a little bit of a smile like she showed up on our first days.

が、すぐ目を反らせて、空を見ながら、そんな状態に置かれていることに少しも不平を見せずに、落着いて寝ている。

While looking down at once, looking at the sky, I am relaxed and sleeping without complaining anything being put in such a state.

彼女は一度私に仕事は捗っているのかと訊いた。

She asked me once the work has been reached.

私は首を振った。

I shook my head.

そのとき彼女は私を気の毒がるような見方をして見た。

At that moment she saw me feeling sorry.

が、それきりもう私にそんなことは訊かなくなった。

After all, I have not asked such a thing anymore.

そして一日は、他の日に似て、まるで何事もないかのように物静かに過ぎる。

And one day it looks like the other day, as if nothing is done quietly.

 そして彼女は私が代って彼女の父に手紙を出すことさえ拒んでいる。

And she refuses to let me write to her father instead.

 夜、私は遅くまで何もしないで机に向ったまま、バルコンの上に落ちている明りの影が窓を離れるにつれてだんだん幽かになりながら、暗に四方から包まれているのを、あたかも自分の心の裡さながらのような気がしながら、ぼんやりと見入っている。

At night, I kept going to the desk without doing anything late, as the shadow of the light falling on the balcon got gradually darker as he leaves the window, as if wrapped in all directions from the four sides While I feel as if I were in my mind, I am dazzling.

ひょっとしたら病人もまだ寝つかれずに、私のことを考えているかも知れないと思いながら……

Perhaps sick people are not sleeping yet, thinking that they may be thinking about me ......

十二月一日

December 1

 この頃になって、どうしたのか、私の明りを慕ってくる蛾がまた殖え出したようだ。

It seems that moths who cherish my light came out again at this time, what happened.

 夜、そんな蛾がどこからともなく飛んで来て、閉め切った窓硝子にはげしくぶつかり、その打撃で自ら傷つきながら、なおも生を求めてやまないように、死に身になって硝子に孔をあけようと試みている。

At night, such a moth flew away from nowhere, bumped into the closed window glass, hurt himself with the blows, and leave a hole in the glass to become dying so as not to stop seeking raw yet I am trying.

私がそれをうるさがって、明りを消してベッドにはいってしまっても、まだしばらく物狂わしい羽搏きをしているが、次第にそれが衰え、ついに何処かにしがみついたきりになる。

Even if I get ridiculed and enter the bed with the lights out, I still have crazy feathers for a while but gradually it gets stuck and I finally got hold of it somewhere.

そんな翌朝、私はかならずその窓の下に、一枚の朽ち葉みたいになった蛾の死骸を見つける。

The next morning I will always find the carcass of the moth that is like a decayed leaf under that window.

 今夜もそんな蛾が一匹、とうとう部屋の中へ飛び込んで来て、私の向っている明りのまわりをさっきから物狂わしくくるくると廻っている。

Tonight, one such moth flew into the room at last and crawled around me around the lighting that goes madly around me.

やがてばさりと音を立てて私の紙の上に落ちる。

Eventually I will make a loud noise and fall on my paper.

そしていつまでもそのまま動かずにいる。

And it will not move as it is forever.

それからまた自分の生きていることを漸っと思い出したように、急に飛び立つ。

Then, as I recalled what I was living again, I quickly fly away.

自分でももう何をしているのだか分らずにいるのだとしか見えない。

I can only see it as if I do not know what I am doing.

やがてまた、私の紙の上にばさりと音を立てて落ちる。

Eventually I will also make a noise on my paper and fall.