文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2021-01-27から1日間の記事一覧

彼岸過迄:夏目 漱石(563-596)/4724

それでも須永の方ではなるべく敬太郎の好奇心に媚びるような話題を持ち出した気でいた。 Even so, Sunaga seemed to bring up a topic that would appeal to Keitaro's curiosity as much as possible. 彼は自分の住んでいる電車の裏通りが、いかに小さな家…