文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2021-01-26から1日間の記事一覧

彼岸過迄:夏目 漱石(540-562)/4724

敬太郎はわざと這入っていいかと念を入れて聞き返した。 Keitaro listened back, thinking that he should crawl on purpose. 須永はほとんどその意味を覚らない人のごとく、軽く首肯いたぎり障子の内に引き込んでしまった。 Sunaga, like a person who hard…