文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2021-01-25から1日間の記事一覧

彼岸過迄:夏目 漱石(500-539)/4724

もとから自分の持家だったのを、一時親類の某に貸したなり久しく過ぎたところへ、父が死んだので、無人の活計には場所も広さも恰好だろうという母の意見から、駿河台の本宅を売払ってここへ引移ったのである。 Surugadai from my mother's opinion that my f…