文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2021-01-24から1日間の記事一覧

彼岸過迄:夏目 漱石(461-499)/4724

もっとも父はよほど以前に死んだとかで、今では母とたった二人ぎり、淋しいような、また床しいような生活を送っている。 However, my father died a long time ago, and now he and his mother are living alone, lonely and lonely. 父は主計官としてだいぶ…