文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2021-01-15から1日間の記事一覧

彼岸過迄:夏目 漱石(151-173)/4724

その女は臙脂を塗って白粉をつけて、婚礼に行く時の髪を結って、裾模様の振袖に厚い帯を締めて、草履穿のままたった一人すたすた羅漢寺の方へ上って行った。 The woman applied sardine and white powder, tied her hair when she went to the wedding, fast…