文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2021-01-14から1日間の記事一覧

彼岸過迄:夏目 漱石(123-150)/4724

そうして、 Then 「あなたの室から見た景色はいつ見ても好いね」と自分で窓の障子を開けながら、手摺付の縁板の上へ濡手拭を置いた。 "I always like the view from your room," he said, opening the window shoji and placing a wet towel on the rim with…