文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-12-27から1日間の記事一覧

門:夏目 漱石(3179-3236)/3927

火鉢には小さな鍋が掛けてあって、その葢の隙間から湯気が立っていた。 A small pot was hung on the brazier, and steam was rising from the gap in the underarm. 火鉢の傍には彼の常に坐る所に、いつもの座蒲団を敷いて、その前にちゃんと膳立がしてあっ…