文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-11-07から1日間の記事一覧

門:夏目 漱石(884-924)/3927

彼はその日役所の帰りがけに駿河台下まで来て、電車を下りて、酸いものを頬張ったような口を穿めて一二町歩いた後、ある歯医者の門を潜ったのである。 He came down to Surugadai on the way back from the office that day, got off the train, walked for …