文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-09-22から1日間の記事一覧

明暗:夏目 漱石(10122-10167)/11494

先刻まで疎らに眺められた雨の糸が急に数を揃えて、見渡す限の空間を一度に充たして来る様子が、比較的展望に便利な汽車の窓から見ると、一層|凄まじく感ぜられた。 From the window of the train, which is relatively easy to see, it is even more treme…