文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-05-06から1日間の記事一覧

明暗:夏目 漱石(2041-2097)/11494

それが彼の眼の前でとまった時、車上のお延は帯の間から一尺ばかりの鉄製の鎖を出して長くぶら下げて見せた。 When it ceased in front of his eyes, Nobun on the car pulled out a short piece of steel chain from between the belts and showed it hangi…