文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2020-05-03から1日間の記事一覧

明暗:夏目 漱石(1859-1921)/11494

昼は耳につかない一種の音を立てて電車が遠くの方を走っていた。 At noon, the train was running far away with a kind of unheard of sound. 別々の気分に働らきかけられている二人の黒い影が、まだ離れずに河の縁をつたって動いて行った。 Two black shad…