文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

行人:夏目 漱石(6593-6642)/7256

このマラルメと云う人にも多くの若い崇拝者がありました。 There were many young worshipers in this person called Malalme. その人達はよく彼の家に集まって、彼の談話に耳を傾ける宵を更したのですが、いかに多くの人が押しかけても、彼の坐るべき場所は…

行人:夏目 漱石(6546-6592)/7256

兄さんは室の真ん中に蒼い顔をして寝ていました。 My brother was sleeping with an ugly face in the middle of the room. 私の姿を見ても口を利きません、動きもしません。 I can not speak or look at my appearance. 私は自然を尊む人を、自然のままにし…

行人:夏目 漱石(6495-6545)/7256

私はその時私の覚えていた灯影無睡を照し心清妙香を聞くという古人の句を兄さんのために挙げました。 At that time, I gave the old man's phrase for the elder brother to light the noon of light that I remembered and listen to the mind clean mind. …

行人:夏目 漱石(6445-6494)/7256

兄さんは磯へ打ち上げられた昆布だか若布だか、名も知れない海藻の間を構わず駈け廻りました。 My elder brother either threw a kelp or a wakafu which was launched into the coffin, or blew up between the seaweeds of unknown names. それからまた私…

行人:夏目 漱石(6397-6444)/7256

「君でも一日のうちに、損も得も要らない、善も悪も考えない、ただ天然のままの心を天然のまま顔に出している事が、一度や二度はあるだろう。 "Every day, you don't need to lose or gain, you don't think of good or bad, you'll just have a natural min…

行人:夏目 漱石(6345-6396)/7256

どこまで伴れて行かれるか分らない。 I do not know how far I will accompany you. 実に恐ろしい」 It's so horrible. " 「そりゃ恐ろしい」と私も云いました。 "That's horrible," I said. 兄さんは笑いました。 My brother laughed. 「君の恐ろしいという…

行人:夏目 漱石(6295-6344)/7256

ところを兄さんは、その手早く運んで行く碁面を、しまいまで辛抱して眺めているのは苦痛だと云って、とうとう中途でやめてしまいました。 My brother finally stopped halfway, saying that it was painful for him to be patiently looking at it until the…

行人:夏目 漱石(6251-6294)/7256

全く偶然の御蔭なのであります。 It is a totally accidental gift. 三十 Thirty 我々は二人とも大した旅行癖のない男です。 We are both men without travel problems. したがって我々の編み上げた旅程もまた経験相応に平凡でした。 Therefore, our organiz…

行人:夏目 漱石(6209-6250)/7256

御互が勝手な書物を手にしている時もあります、黙って寝転んでいる事もあります。 Sometimes we have hands-on books, sometimes we sit silently. しかし現にその人のいる前で、その人の事を知らん顔で書いて、そうしてそれをそっと他に知らせるのはちょっ…

行人:夏目 漱石(6166-6208)/7256

のみならずしまいには聞くのさえ面倒で厭になって来た。 Not only did it become troublesome and even annoying to listen in the end. 自分はとうとう逃げ出すようにして番町を出た。 I finally got out of Bancho as I ran away. 自分がその夜母からいろ…

行人:夏目 漱石(6107-6165)/7256

「そんなに急き立てなくったってよかないの。 "I can't say so quickly. たまに来たお客さまの癖に」 To the bonds of the customers who came occasionally お重はつんとしてわざと鼻の先の八つ手の方を向いていた。 The weight turned to the eight hands …

行人:夏目 漱石(6022-6106)/7256

自分は彼らの立つ時刻も日限も知らずにいた。 I did not know when they stood or for how long. 三沢からもHさんからも何の通知を受取らなかった自分は、家からの電話で始めてそれを聞いた。 After receiving no notice from Misawa or Mr. H, I first hea…

行人:夏目 漱石(5963-6021)/7256

しかしまあいいや、そうしてもいい」 But you can do that, too " 「それからことによると、僕の事だの母の事だの、家庭の事などが兄の口に上るかも知れませんが、それを御遠慮なく一々聞かしていただきたいと思いますが」 "From that, according to my moth…

行人:夏目 漱石(5909-5962)/7256

彼らの書斎に立籠るのは、必ずしも家庭や社会に対する謀反とも限らなかった。 Standing in their study was not always against the family or society. 自分はHさんに都合の好い日を聞いて、また出直す事にした。 I asked Mr. H a good day and decided to…

行人:夏目 漱石(5856-5908)/7256

その伴侶は彼女と仲の好い友達であった。 The mate was a good friend of her relationship. 三沢は彼女と打ち合せをして、とくに自分のためにその人を誘い出したのであった。 Misawa met with her, in particular inviting him for her. 自分はその人の家族…