文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

門:夏目 漱石(217-261)/3927

宗助は小六の顔を見た時、何となく悪い事でもしたようにきまりが好くなかった。 When Sousuke saw Koroku's face, he didn't like the rules, as he had done something bad. 「御米、御米」と細君を台所から呼んで、 Call Hoso-kun from the kitchen, "rice…

門:夏目 漱石(181-216)/3927

宗助は苦笑しながら窓硝子を離れてまた歩き出したが、それから半町ほどの間は何だかつまらないような気分がして、往来にも店先にも格段の注意を払わなかった。 Sosuke smiled and left the window glass and started walking again, but after that, he felt…

門:夏目 漱石(148-180)/3927

ところが日曜の好天気にもかかわらず、平常よりは乗客が少ないので例になく乗心地が好かった。 However, despite the good weather on Sundays, there were fewer passengers than usual, so the ride was more comfortable than usual. その上乗客がみんな…

門:夏目 漱石(105-147)/3927

小六は御米の後姿の、羽織が帯で高くなった辺を眺めていた。 Koroku was looking at the rear of the rice and the side where the haori was raised with a belt. 何を探すのだかなかなか手間が取れそうなので、 It seems that it will take some time to f…

門:夏目 漱石(56-104)/3927

もっとも元は一面の竹藪だったとかで、それを切り開く時に根だけは掘り返さずに土堤の中に埋めて置いたから、地は存外|緊っていますからねと、町内に二十年も住んでいる八百屋の爺が勝手口でわざわざ説明してくれた事がある。 However, it was said that th…

門:夏目 漱石(1-55)/3927

門 gate 夏目漱石 Natsume Soseki 一 one 宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。 From the beginning, Sosuke brought out a zakkadan…

明暗:夏目 漱石(11422-11494)/11494

その時分の清子は津田と名のつく一人の男を信じていた。 Kiyoko at that time believed in one man named Tsuda. だからすべての知識を彼から仰いだ。 So all knowledge came from him. あらゆる疑問の解決を彼に求めた。 He asked him to answer any questi…

明暗:夏目 漱石(11365-11421)/11494

もう少しあのままで我慢していたら倒れたかも知れないと思ったくらいですもの」 I just thought I might have fallen if I put up with it a little more. '' 「つまり驚ろいたんでしょう」 "I mean, I was surprised." 「ええずいぶん吃驚したわ」 "I was r…

明暗:夏目 漱石(11289-11364)/11494

「なるほど、そりゃそうね」 "I see, that's right." 清子の口にしたなるほどという言葉が、いかにもなるほどと合点したらしい調子を帯びているので、津田は思わず吹き出した。 言葉 The word "I'm sorry for Kiyoko's mouth" seemed to be in line with the…

明暗:夏目 漱石(11226-11288)/11494

彼女は微笑して答えた。 She answered with a smile. 「ええありがとう。 "Thank you. まあ相変らずです。 Well, as usual. 時々二人してあなたのお噂を致しております」 Sometimes we have your rumors. " 「ああそうですか。 "Oh, I see. 僕も始終忙がしい…

明暗:夏目 漱石(11174-11225)/11494

奥さまのお部屋をちゃんと臭で嗅ぎ分ける方なんですから」 He's the one who smells his wife's room properly. '' 「部屋どころじゃないよ。 "It's not the room. お前の年齢から原籍から、生れ故郷から、何から何まであてるんだよ。 It's from your age, f…

明暗:夏目 漱石(11116-11173)/11494

その上清子はただ間を外しただけではなかった。 上清 The supernatant was not just removed. 彼女は先刻津田が吉川夫人の名前で贈りものにした大きな果物籃を両手でぶら提げたまま、縁側の隅から出て来たのである。 She came out from the corner on the ve…

明暗:夏目 漱石(11071-11115)/11494

津田の足を踏み込んだのは、床のない控えの間の方であった。 It was during the stay without a floor that Tsuda stepped in. 黒柿の縁と台の付いた長方形の鏡の前に横竪縞の厚い座蒲団を据えて、その傍に桐で拵らえた小型の長火鉢が、普通の家庭に見る茶の…

明暗:夏目 漱石(10999-11070)/11494

「まさか断るんじゃあるまいな」 "I guess there is no way to refuse it." 彼が吉川夫人の名を利用したのは、すでに万一を顧慮したからであった。 He used Mrs. Yoshikawa's name because he had already taken care of it. 夫人とそうして彼女の見舞品、こ…

明暗:夏目 漱石(10942-10998)/11494

その小林は不日朝鮮へ行くべき人であった。 Kobayashi was the one who should go to Korea. 無検束をもって自ら任ずる彼は、海を渡る覚悟ですでにもう汽車に揺られているかも知れなかった。 He himself, with no scrutiny, may have already been shaken by…