文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

彼岸過迄:夏目 漱石(388-423)/4724

森本のような浮浪の徒といっしょに見られちゃ、少し体面にかかわる。 Being seen with a wanderer like Morimoto is a little involved in the body. いわんや後暗い関係でもあるように邪推して、いくら知らないと云っても執濃く疑っているのは怪しからんじ…

彼岸過迄:夏目 漱石(352-387)/4724

神さんは多少心元ない色を梟のような丸い眼の中に漂よわせて出て行った。 God drifted out with a slightly unpleasant color in his round eyes like an owl. それから一週間ほど経っても森本はまだ帰らなかった。 About a week after that, Morimoto hadn'…

彼岸過迄:夏目 漱石(311-351)/4724

「おかしいが本当です。 "It's funny but true. どうせ常識以下に飛び離れた経験をするくらいの僕だから、不中用にゃあ違ないが本当です。 Anyway, I'm a person who has an experience that is far from common sense, so it's true that it's not a mistak…

彼岸過迄:夏目 漱石(284-310)/4724

しかし彼の待ち設けた冒険談はこれで一頓挫を来したも同然なので、一人自分の室に引取ろうとすると、森本は「どうもすみません、御苦労様でした」と云いながら、また後から敬太郎について来た。 However, the adventure story he had been waiting for was a…

彼岸過迄:夏目 漱石(241-283)/4724

「田川さん、あなた本当に飲けないんですか、不思議ですね。 "Mr. Tagawa, isn't it strange that you really can't drink? 酒を飲まない癖に冒険を愛するなんて。 I love adventure because of the habit of not drinking alcohol. あらゆる冒険は酒に始ま…

彼岸過迄:夏目 漱石(199-240)/4724

「あなたの室から見た景色は相変らず好うがすね、ことに今日は好い。 "I still like the view from your room, especially today. あの洗い落したような空の裾に、色づいた樹が、所々|暖たかく塊まっている間から赤い煉瓦が見える様子は、たしかに画になり…

彼岸過迄:夏目 漱石(174-198)/4724

五 Five けれども彼の異常に対する嗜欲はなかなかこれくらいの事で冷却しそうには見えなかった。 However, his desire for anomalies didn't seem to cool down because of this. 彼は都の真中にいて、遠くの人や国を想像の夢に上して楽しんでいるばかりでな…

彼岸過迄:夏目 漱石(151-173)/4724

その女は臙脂を塗って白粉をつけて、婚礼に行く時の髪を結って、裾模様の振袖に厚い帯を締めて、草履穿のままたった一人すたすた羅漢寺の方へ上って行った。 The woman applied sardine and white powder, tied her hair when she went to the wedding, fast…

彼岸過迄:夏目 漱石(123-150)/4724

そうして、 Then 「あなたの室から見た景色はいつ見ても好いね」と自分で窓の障子を開けながら、手摺付の縁板の上へ濡手拭を置いた。 "I always like the view from your room," he said, opening the window shoji and placing a wet towel on the rim with…

彼岸過迄:夏目 漱石(73-122)/4724

「僕の事はどうでも好いが、あなたはどうしたんです。 "I don't care about me, but what happened to you? 役所は」と聞いた。 The government office is. " すると森本は倦怠そうに浴槽の側に両肱を置いてその上に額を載せながら俯伏になったまま、 Then M…

彼岸過迄:夏目 漱石(33-72)/4724

が、ついそれを試みる機会もなくて今日まで過ぎたのであるから、もし自分の手際が許すならばこの「彼岸過迄」をかねての思わく通りに作り上げたいと考えている。 However, I haven't had a chance to try it until today, so if my dexterity allows, I woul…

彼岸過迄:夏目 漱石(1-32)/4724

彼岸過迄 To the Spring Equinox 夏目漱石 Natsume Soseki 彼岸過迄に就て To the Spring Equinox 事実を読者の前に告白すると、去年の八月頃すでに自分の小説を紙上に連載すべきはずだったのである。 When I confessed the facts to the readers, I should …

門:夏目 漱石(3874-3927)/3927

まれには隠れた未来を故意に呼び出す不吉な言葉とも解釈した。 In rare cases, it was also interpreted as an ominous word that intentionally calls the hidden future. それを口にする宗助の胸の中にも、御米と同じような雲が去来した。 In the chest of…

門:夏目 漱石(3830-3873)/3927

宗助は後暗い人の、変名を用いて世を渡る便利を切に感じた。 Sosuke strongly felt the convenience of a dark person by using a pseudonym. 彼は主人に向って、「あなたはもしや私の名を安井の前で口にしやしませんか」と聞いて見たくて堪らなかった。 He …

門:夏目 漱石(3775-3829)/3927

宗助は手拭と石鹸を持って外へ出た。 Sosuke went out with a towel and soap. 明る日役所へ出ると、みんなから病気はどうだと聞かれた。 When I went to the office, I was asked about how I was ill. 中には少し瘠せたようですねと云うものもあった。 Som…