文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

三四郎:夏目 漱石(6452-6518)/7009

前へ押されたと同じことである。 The same as having been pushed forward. 入口に四、五人用のない人が立っている。 There are four or five people at the entrance. そのうちの袴を着けた男が入場券を受け取った。 A man wearing a bag received an admis…

三四郎:夏目 漱石(6452-6518)/7009

前へ押されたと同じことである。 The same as having been pushed forward. 入口に四、五人用のない人が立っている。 There are four or five people at the entrance. そのうちの袴を着けた男が入場券を受け取った。 A man wearing a bag received an admis…

三四郎:夏目 漱石(6385-6451)/7009

越年の計は貧者の頭に落ちた。 The total year-end fell to the poor. 演芸会はこのあいだにあって、すべてののどかなるものと、余裕あるものと、春と暮の差別を知らぬものとを迎えた。 During this time, the show was greeted with all the tranquility, a…

三四郎:夏目 漱石(6305-6384)/7009

その時ぼくが女に、あなたは絵だと言うと、女がぼくに、あなたは詩だと言った」 Then I told the woman that you were a picture, and the woman told me that you were a poem. '' 「それからどうしました」と三四郎が聞いた。 “What happened then,” Sansh…

三四郎:夏目 漱石(6241-6304)/7009

存在を無視されているほうが、どのくらい体面を保つにつごうがいいかしれやしない」 `` I don't think it's better to stay in the face of being ignored. '' 三四郎はしかたなしに黙っていた。 Sanshiro was silent without help. 「そうして、偉大なる暗…

三四郎:夏目 漱石(6171-6240)/7009

それから少しさきへ行くと、まるでわからなくなった。 Then, when I went a little further, it was totally unknown. ページから目を離して先生を見た。 I looked away from the page and looked at the teacher. まだ寝ている。 Still sleeping. なんでこ…

三四郎:夏目 漱石(6112-6170)/7009

三四郎はその当時を思いだして、今度もまた伺いを立てられることかと思った。 Sanshiro remembered that time and thought that he could ask again. しかし手紙にはお稲荷様のことは書いてない。 But the letter doesn't write about Inari. ただ三輪田のお…

三四郎:夏目 漱石(6045-6111)/7009

やめてしまおうかしらん。 I'll stop it. おしろいをつけて、芝居なんかやったって、何がおもしろいものか」 What was interesting when you put on funny things and did something like a play? " 「先生に話したら、君、しかられるだろう」 "If you talk …

三四郎:夏目 漱石(5983-6044)/7009

いよいよ発表になってみなければわからないのだから」 It ’s hard to understand until you finally announce it. ” 「いや、それだけならむろんかまわない。 "No, that's fine. 先生の関係したことじゃないから、しかし」と言って、また残りの新聞を畳み直…

三四郎:夏目 漱石(5929-5982)/7009

そこで一応与次郎に注意した時に、与次郎の返事はおもしろかった。 So when I paid attention to Yojiro, Yojiro's response was interesting. 「相手は東京帝国大学学生だよ」 “The other party is a Tokyo Imperial University student.” 「いくら学生だっ…

三四郎:夏目 漱石(5871-5928)/7009

「ええ」と言ったが、じつははじめて気がついた。 I said "Yes" but I realized for the first time. 考えると、原口が広田先生の所へ来て、美禰子の肖像をかく意志をもらしてから、まだ一か月ぐらいにしかならない。 Considering that, Haraguchi came to P…

三四郎:夏目 漱石(5871-5928)/7009

「ええ」と言ったが、じつははじめて気がついた。 I said "Yes" but I realized for the first time. 考えると、原口が広田先生の所へ来て、美禰子の肖像をかく意志をもらしてから、まだ一か月ぐらいにしかならない。 Considering that, Haraguchi came to P…

三四郎:夏目 漱石(5789-5870)/7009

――自分はそれほどの影響をこの女のうえに有しておる。 -I have so much influence on this woman. ――三四郎はこの自覚のもとにいっさいの己を意識した。 -Sanshiro was conscious of all himself with this awareness. けれどもその影響が自分にとって、利益…

三四郎:夏目 漱石(5731-5788)/7009

「いいえ」 "No" この答は美禰子の口から出たとは思えなかった。 I didn't think this answer came out of Miko's mouth. 美禰子はそれほど静かに姿勢をくずさずにいる。 Misako is so quiet and without losing her posture. 「それに表情といったって」と…

三四郎:夏目 漱石(5660-5730)/7009

思いきって、今返そうとするのもこれがためである。 This is why I decided to return it now. 返すと用がなくなって、遠ざかるか、用がなくなっても、いっそう近づいて来るか、――普通の人から見ると、三四郎は少し迷信家の調子を帯びている。 If you return…