文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

彼岸過迄:夏目 漱石(3423-3460)/4724

叔父は一番高い坂の角まで来てとまった。 My uncle came to the corner of the highest slope and stopped. 二十一 Twenty one 彼は突然彼の体格に相応した大きな声を出して姉妹を呼んだ。 He suddenly called his sister with a loud voice commensurate wi…

彼岸過迄:夏目 漱石(3378-3422)/4724

吾一もすやすや寝入った。 Goichi fell asleep easily. ただ僕だけは開いている眼をわざと閉じて、更けるまでいろいろな事を考えた。 However, I intentionally closed my open eyes and thought about various things until I got rid of them. 二十 twenty…

彼岸過迄:夏目 漱石(3337-3377)/4724

十九 Nineteen その晩は叔父と従弟を待ち合わした上に、僕ら母子が新たに食卓に加わったので、食事の時間がいつもより、だいぶ後れたばかりでなく、私かに恐れた通りはなはだしい混雑の中に箸と茶椀の動く光景を見せられた。 We met my uncle and cousin tha…

彼岸過迄:夏目 漱石(3295-3336)/4724

けれども僕は坐っている席を動かなかった。 But I didn't move the seat I was sitting in. 十八 XVIII 高木の去った後、母と叔母はしばらく彼の噂をした。 After Takagi left, my mother and aunt made rumors about him for a while. 初対面の人だけに母の…

彼岸過迄:夏目 漱石(3256-3294)/4724

十七 Seventeen 僕は男として嫉※の強い方か弱い方か自分にもよく解らない。 As a man, I do n’t know if I ’m a strong person or a weak person. 競争者のない一人息子としてむしろ大事に育てられた僕は、少なくとも家庭のうちで嫉※を起す機会を有たなかっ…

彼岸過迄:夏目 漱石(3222-3255)/4724

ただ一遍百代子から彼が適当な配偶を求めつつある由を聞いただけである。 I just heard from Ippen Hyakuyoko why he was seeking a suitable spouse. その時百代子が、御姉さんにはどうかしらと、ちょうど相談でもするように僕の顔色を見たのを覚えている。…

彼岸過迄:夏目 漱石(3171-3221)/4724

「あれ高木さんよ。 "That's Mr. Takagi. ほら秋子さんの兄さんよ。 You see, Akiko's older brother. 知ってるでしょう」 You know " 僕は知っているともいないとも答えなかった。 I didn't answer whether I knew it or not. しかし腹の中では、この高木と…

彼岸過迄:夏目 漱石(3127-3170)/4724

十四 fourteen 母は内気な性分なので平生から余り旅行を好まなかった。 My mother was shy, so I didn't like traveling very much from Hirao. 昔風に重きをおかなければ承知しない厳格な父の生きている頃は外へもそうたびたびは出られない様子であった。 W…

彼岸過迄:夏目 漱石(3083-3126)/4724

しかしそれは傍から彼を見た眼の評する言葉で、敬太郎自身はけっしてどっちとも思っていなかった。 However, it was a comment from the eyes that saw him from the side, and Keitaro himself never thought of either. したがって詩とか哲学とかいう文字…

彼岸過迄:夏目 漱石(3047-3082)/4724

けれども強いて沈黙のなかに記憶を埋める必要もないから、それを自分だけの感想に止めないでここに自白するが、一口に云うと、千代子は恐ろしい事を知らない女なのである。 However, I don't have to bury my memory in silence forcibly, so I confess it h…

彼岸過迄:夏目 漱石(3012-3046)/4724

これはなぜと聞かれても満足の行くように答弁ができないかも知れない。 No matter why this is asked, it may not be possible to give a satisfactory answer. 僕は人に説明するためにそう信じているのでないから。 I don't believe that to explain to oth…

彼岸過迄:夏目 漱石(2966-3011)/4724

「それでもよくこんな物を丹念にしまっておくね」 "Still, I often keep this kind of thing carefully." 「あたし御嫁に行く時も持ってくつもりよ」 "I'll bring it with me when I go to my bride." 僕はこの言葉を聞いて変に悲しくなった。 I was strange…

彼岸過迄:夏目 漱石(2922-2965)/4724

僕と彼らとは故のごとく笑ったり、ふざけたり、揚足の取りっくらをしたりした。 I and they laughed, played around, and flirted with each other. 要するに僕の田口で費やした時間は、騒がしいくらい陽気であった。 In short, the time I spent in Taguchi…

彼岸過迄:夏目 漱石(2877-2921)/4724

もっとも年寄の眉を曇らすのがただ情ないばかりでやめたとも云われない。 However, it is not said that he stopped because it was just merciless to cloud the eyebrows of the elderly. これほど親しい間柄でさえ今まで思い切ったところを千代子に打ち明…

彼岸過迄:夏目 漱石(2838-2876)/4724

少なくともやってもいいぐらいには考えていたのだろう。 I think I was thinking at least enough to do it. が、その後彼らの社会に占め得た地位と、彼らとは背中合せに進んで行く僕の性格が、二重に実行の便宜を奪って、ただ惚けかかった空しい義理の抜殻…